子どもの入園入学で時間ができたから何か始めたいは注意!ママの危険な自己啓発とは?

投稿日:2021-03-28 更新日:


子どもにとって入園・入学が転機であるように、子育てママの転機でもあります。

しかし、その転機がマイナスとなってしまう方も少なくはありません。

では、プラスとなったママとマイナスとなったママの違いは何なのでしょうか?

資格取得したママのその先は?


子どもが入園・入学に合わせて、仕事を始めるママも多いと思います。そして、最近増えてきたのが、資格など取得し、個人事業主としてお仕事されるケースです。

最近は、いろいろな資格が増え、ママの活躍の幅も広がってきています。

といっても、資格を取得するには、試験に合格しなきゃいけない→勉強しなきゃいけなない→勉強のためにお金が必要だ、いうのが一般的な流れです。

資格取得には、数万~数十万と、かなりの高額を必要とする場合も多いです。

「先行投資!働き始めたら回収できるよ」という方も多くいますが、この先行投資を回収できたママは何人いるんだろう?

とふと疑問に思うのです。

というのも、資格を取得し、勢いよく事業をスタートされた方を何人も見てきたのですが、多くの方が数か月後には普通のパートで働いているのです。

資格を取得やパート勤務を否定しているつもりはありません。

私は取得した資格を生かす事が出来るか?を見極める事が大切だと思っています。

資格を持っていなくても成功する事が出来る!?


長く資格を活用出来る人と出来ない人の違い……その違いは「<b>精神」だと思っています。

何故、その資格を取得したいのか?

「簡単そうだったから」「費用が安かったから」などという理由でスタートした方は、長くは続いていないように感じます。

何故なら、そこに「精神が不在」しているからです。

活用出来ている人は、それを始めるにあたっての理由があるのです。

手前味噌で申し訳ないのですが、私は13年間、子育て支援の活動を続けてきました。

それは、初めての出産で右も左もわからない、不安と孤独で心がしんどい時期に、同じ子育てをするママと交流する事で心が救われた、という思いがあったから。

ひとりでも多くのママが、笑顔で子育て出来る居場所を作りたい」その思いを精神に活動をしてきました。

活動を続ける中で、「産後、凄く救われた」「辛いのは私だけではなかった」「笑顔でいられるようになった」などの評判を頂き、おかげ様で私の主催イベントは、毎回募集スタートから数時間で満員御礼に。延べ6万5千人の子育て家族が参加をしてくれています。

資格はなくても、その精神があれば人は集まります。

やりたい事は、有資格者を講師として呼べはいいのです。(資格を否定しているわけではありません。有資格者が信頼されやすいという事はあるかもしれません。)

子どもの入園・入学で時間ができて、何かやりたいなと思う事は素晴らしい事です。

ママがイキイキと生活する事は、子ども達の成長や家族の安定や幸せにも繋がってきます。資格取得を考える方は、その資格をどう活用していきたいか。

ポチっとする前に考えてみて下さい。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

独学取得可能性あり女性おすすめ資格

独学での取得も可能で実際に役立つ【女性におすすめの資格】とは?

男性と同じように女性も社会に出て働く時代。 何か資格を持っていることで、必要とされる度合いが変わることがあります。 学校に通わず、独学で取得を目指すことができる資格もたくさんあります。 今回は、独学で …

ママにとって男の子は未知との遭遇?「男の子は宇宙人!?」

男の子の子育ては女の子の3倍大変だ!という話を聞いた事があります。 一般的に女の子はおとなしく、男の子は元気!というイメージがありますよね。 さあ、実際のところどうなのでしょうか? 我が家の娘と息子の …

いちご白書 安室奈美恵 月曜ドラマイン

あの人も出演していた!「いちご白書」から「イグアナの娘」まで!懐かしの月曜ドラマ・イン

「月曜ドラマ・イン」とは、90年代にテレビ朝日系列で、毎週月曜20時に放送されていた日本のテレビドラマ枠です。 中高生向けに作られていて、まだ無名だったり、ブレイク前夜の俳優・女優がたくさん出ていまし …

掃除やる気ズボラ

掃除のやる気が出ない…ズボラさんにオススメの掃除法

部屋が散らかっているけど、なかなか掃除をする気がおきない… しかしそのままにしておけばどんどん埃や汚れが溜まっていき、さらに部屋は汚くなっていく一方です。 そんな時はまずは掃除をするテンション・モチベ …

「日本は妻の家事負担率が世界一!」夫に家事をやってもらう魔法の言葉

「イクメン」という言葉が流行り、男性も積極的に家事や育児に協力的になってきた日本。 しかし、世界で見てみると、日本の男性の家事分担率18.3%ワースト1位なのです。 (ちなみに2位のチリは24.5%で …