【保育園・幼稚園違いは?】息子を保育園、娘を幼稚園に入れてみて、思うこと

投稿日:

保育園幼稚園,違い,選び方

保育園は「働くママのための福祉施設」、幼稚園は「教育施設」。

そう聞くと、保育園は子どもの面倒を見るだけで、幼稚園は勉強を教えてくれそうな感じがしますが、逆に英語やスポーツを取り入れている保育園、のびのび過ごす幼稚園などもあります。
各園さまざまな特色があり、筆者の体験と異なることもあるかと思いますが、筆者が感じた「成長の違い」をお伝えします。
(カサンド家の場合の保育園・幼稚園比較一覧は、文末の別表をご覧ください)

遊ぶ・食べる・寝る! 第2の家庭「保育園」

保育園幼稚園,違い,選び方

保育園では「生活の基本」を身に着け、「外遊び」もめいっぱい。

毎日園庭で思いっきり体を動かして大はしゃぎしたり、生き物を探したり、ケンカもしながらルールを覚えます。
できたてのおいしい「給食」なら苦手食材にも挑戦できたり、年中・年長は自分たちで配膳するのも特徴。
>年少からは「発表会」の役を自分たちで決め、セリフを覚え、主体的に取り組みます。学年毎に出来栄えに大きな変化が見られ、成長を感じるイベントです。

<園で過ごす時間が長く、その間は先生が親代わり。「親以外にも信頼できる大人が近くにいる」ということが幼いうちから伝わり、生きていく上で安心に繋がるのではと感じます。

大集団でグイグイ学ぶ、小学校入学準備のための学校「幼稚園」

保育園幼稚園,違い,選び方

一方幼稚園では、先生は親代わりでなく、先生です。
外遊びもしますが「学ぶ」のがメインで、制作や体操、年長になると読み書きや足し算、道徳や習字もあります。給食は週2で給食弁当があり、配膳はしません。
「発表会」は、先生が配役を決めます。

ママの手作り衣装に子どももご満悦。プロの音声を使うのでセリフが言えなくても動きの完成度が高く、出来栄えに差がないため学年毎の成長はあまり感じませんが、観劇の見応えは十分。子どもは達成感を味わいます。

保育園育ちか幼稚園育ちかよりも、個性の差!

保育園幼稚園,違い,選び方

上記の通り、「学力」の面では成長の違いがあります。
読み書きや足し算を習っておくと、小学校入学当初の戸惑いは少なく済むかもしれません。しかし、例え入学時に字が書けなくても、すぐに追いつき、やがて「学力」の差はなくなります。

「学力」よりも、将来的に重要な社会性、意欲、忍耐力、立ち直る力などの「生きる力」や「心の成長」の面では、集団生活が長い保育園の方が何かと揉まれ、さまざまな感情の折り合いをつけ、打たれ強く、逞しくなるといえそうです。かといって、幼稚園で揉まれないわけではありませんし、性格の違いやメンタルが強いか弱いかでも差が出るでしょう。

【保育園・幼稚園違いは?】息子を保育園、娘を幼稚園に入れてみて、思うこと

小2の息子は6年間楽しい保育園生活を送っていましたが、未だに人の輪に入ることや人前で何かすることが苦手で、手を挙げて発言することもできません。保育園で毎日走り回って遊んでいたのに、小学校の休み時間は折り紙を折っています。

周りの子たちを見ても、外遊びの多い保育園育ちだから活発でヤンチャ、というわけでもありませんし、座ってお勉強する幼稚園育ちだから大人しくてしっかりしている、ということでもないのです。多少そういった傾向がある子がいる程度。

つまり、保育園・幼稚園の差よりも、本来もっている子ども一人一人の性格や個性の違いの方が、はるかに大きいということ。
保育園でも幼稚園でも、子ども自身が「楽しい!」と思って通うことが一番だなと思っています。

保育園幼稚園,違い,選び方

※すべての保育園、幼稚園が今回の記事の内容に当てはまるわけではございません。個人の体験での比較になります。

【参考】
マイナビウーマン、いこーよ、「保育園義務教育化」古市憲寿/小学館


カサンド蘭子
7歳男児、3歳女児、44歳夫と4人家族で、育児・家事に翻弄される毎日。13年勤めた会社を退職後、現在は月刊誌の取材・執筆・撮影に携わる。一方で子供に関わる社会問題にも関心を寄せる。好きな食べ物はマカロン。

-ライフスタイル
-,

関連記事

【人に好かれる人、嫌われる人】あなたの印象は0.6秒で決まってしまう!?嫌われないテクニックとは?

”自己中で空気が読めない”嫌われ人間とは 「対人関係がうまくいかない…」「友人たちから浮いてしまう…」といった悩みを抱える人は少なくありません。 こうした人たちは、無意識のうちに嫌われる言動を繰り返し …

離婚カウントダウン崩壊寸前の夫婦の兆候

離婚までのカウントダウン【崩壊寸前の夫婦】離婚の兆候とは?

離婚をしたカップルに対して「やっぱり」と感じることってありませんか? 自分ではない、ほかの夫婦の離婚はそうやって予測ができるのに、なぜか自分のこととなると、その兆候を見落としがち……なんてことは珍しく …

【第8話】人と人が関わるということ

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 テレビをつけると新型コロナなど、気分が晴れない内容ばかり。 感染者は日に日に増え続け、飲食店やショップなどではお客さんが来な …

旦那が家にいるのがストレス! 意外と多い「夫源病」と向き合うには?

2020年はコロナウィルス感染拡大防止のため、企業ではテレワーク(在宅勤務)の導入が一気に進みました。 そのため、自宅で作業をする夫も増えているでしょう。 それと比例するかのように、インターネットを中 …

コロナ禍セルフネグレクト放置危険

コロナ禍で主婦に急増?命の危機にも陥る「セルフネグレクト」とは

近年メディアを中心に「セルフネグレクト」が話題になることが増えています。とくに世界でもワクチンの開発・接種が進んでいるとはいえ、2021年も終わりが見えてこないコロナ禍において、ごく普通の主婦でもセル …