物を大切にする子どもの育て方とは?

投稿日:2019-05-09 更新日:


我が家には、おもちゃが溢れています。
私が買うわけでもないのに、おもちゃが増えていきます。

理由は、両親と義両親。双方の親からのプレゼントなのです。

いつでも買って貰えるこの環境。

  • 物を大切にしない。
  • 失くしても平気。
  • そんな子どもに成長していくのではないかと、私はビクビクしています。

    四柱推命

    豊かさが物を大切にする心を奪っている?

    物を大切にする子どもの育て方とは?
    物を大切にする親であっても、大切に出来ない子どもがいます。

    冒頭にも書きましたが、今の子どもは、

    • おじいちゃん
    • おばあちゃん
    • 両親

    など、財布をたくさん持っています。

    つまり、「誰かにお願いすれば買ってくれる」ことが普通になっているのです。

    また、物が溢れていると、物がどこにあるのか分からなくなります。

    お片付けが上手くできないとなると行方不明になることも。

    こんな状態を繰り返していると物を大切にする心は育ちません

    「おかえりなさい」お片付けが効く!

    「おかえりなさい」お片付けが効く!
    子どもだけではありません。
    お片付けが苦手なママ、いませんか?
    実は、私も片付けが苦手です。

    しかし、「おかえりなさい」お片付けを実践するようになってから劇的に変わりました。

    「おかえりなさい」つまり物の定位置を決めたのです。

    物を大切にする子どもの育て方とは?

    子ども達にも「物にも帰るおうちがあるんだよ」と話します。

    そして親子一緒に物の帰るおうちを決めます。

    「ここはおもちゃさんのお家」
    「ここは帽子さんのお家」

    話をしながら、そこにシールなどで表札をつけていきます。

    これだけで子ども達の中で物語ができ上がり、自然とお片付けをするようになります。

    「おもちゃを片付けないなら捨てるよ!」と言って片付けを促す方法もあるようですが、物を大切にするという考え方とはズレているので、私はオススメしません。

    失くした体験から物の大切さを学べるのは小学生に入るまでと言われています。

    失くしても買ってもらえる、どうにかしてもらえると思うような子どもにはなって欲しくないですよね。

    親子で一緒に考えて根気強く子どもの意識を変えていくことが大事なのかもしれません。

    四柱推命

    まゆみ
    二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
    長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
    その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
    子育て応援「ZEROSAI」


    愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

    -ライフスタイル
    -, ,

    関連記事

    恋愛テクニック下男性をメロメロにさせてプロポーズを引き出す方法

    【恋愛テクニック】年下男性をメロメロにさせてプロポーズを引き出す方法

    若い頃は、「年上の彼にリードされる恋がしたい」という理想を持っていたとしても、の年齢を重ねるごとに魅力的に見えてくる年下男性。 そんな年下男性の心をつかみ、「結婚したい」と思わせるには、テクニックを駆 …

    大人女子にこそ読んでほしい!「KISS」の名作マンガ4選!

    大人女子にこそ読んでほしい!「KISS」の名作マンガ4選!

    学園モノやファンタジー系の少女漫画から卒業したら、次にハマったマンガ雑誌は「KISS」でした。 あわせて読みたい記事 かつて少女だったすべてのアラサー・アラフォーに捧げる懐かしの90年代「りぼん」の漫 …

    Q,20代の時から変わらないメイクで”痛いギャルおばさん”化している自分をどうにかしたい。

    アラサー、アラフォー、アラフィフのみなさん!目元のメイクについてお悩みはありませんか? アラフォーになっても”20代と変わらないままのメイク”をどうにかしたいけれど、どうすれば良いかわからないという方 …

    【クリーニングいらず】ワイシャツをおウチで洗濯・アイロンがけしてプロの仕上がりに!

    ワイシャツの洗濯って面倒ですよね。 もちろんクリーニング店に出すのは便利ですが、1枚200~300円するので毎日のことを考えると不経済です。 周囲の印象を左右するものだけに、よれよれのものではなく、毎 …

    イライラ爆発寸前!育児ストレス5つの原因とは

    待望の我が子が産まれ、夢のような毎日を想像していたけど……。 現実はそう上手くいかず、可愛いはずの我が子にストレスを感じてしまう。 そんなママが、ほとんどだと思います。 自分を責めなくても大丈夫です。 …