物を大切にする子どもの育て方とは?

投稿日:2019-05-09 更新日:


我が家には、おもちゃが溢れています。
私が買うわけでもないのに、おもちゃが増えていきます。

理由は、両親と義両親。双方の親からのプレゼントなのです。

いつでも買って貰えるこの環境。

  • 物を大切にしない。
  • 失くしても平気。
  • そんな子どもに成長していくのではないかと、私はビクビクしています。

    四柱推命

    豊かさが物を大切にする心を奪っている?

    物を大切にする子どもの育て方とは?
    物を大切にする親であっても、大切に出来ない子どもがいます。

    冒頭にも書きましたが、今の子どもは、

    • おじいちゃん
    • おばあちゃん
    • 両親

    など、財布をたくさん持っています。

    つまり、「誰かにお願いすれば買ってくれる」ことが普通になっているのです。

    また、物が溢れていると、物がどこにあるのか分からなくなります。

    お片付けが上手くできないとなると行方不明になることも。

    こんな状態を繰り返していると物を大切にする心は育ちません

    「おかえりなさい」お片付けが効く!

    「おかえりなさい」お片付けが効く!
    子どもだけではありません。
    お片付けが苦手なママ、いませんか?
    実は、私も片付けが苦手です。

    しかし、「おかえりなさい」お片付けを実践するようになってから劇的に変わりました。

    「おかえりなさい」つまり物の定位置を決めたのです。

    物を大切にする子どもの育て方とは?

    子ども達にも「物にも帰るおうちがあるんだよ」と話します。

    そして親子一緒に物の帰るおうちを決めます。

    「ここはおもちゃさんのお家」
    「ここは帽子さんのお家」

    話をしながら、そこにシールなどで表札をつけていきます。

    これだけで子ども達の中で物語ができ上がり、自然とお片付けをするようになります。

    「おもちゃを片付けないなら捨てるよ!」と言って片付けを促す方法もあるようですが、物を大切にするという考え方とはズレているので、私はオススメしません。

    失くした体験から物の大切さを学べるのは小学生に入るまでと言われています。

    失くしても買ってもらえる、どうにかしてもらえると思うような子どもにはなって欲しくないですよね。

    親子で一緒に考えて根気強く子どもの意識を変えていくことが大事なのかもしれません。

    四柱推命

    まゆみ
    二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
    長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
    その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
    子育て応援「ZEROSAI」


    愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

    関連記事

    イライラ爆発寸前!育児ストレス5つの原因とは

    待望の我が子が産まれ、夢のような毎日を想像していたけど……。 現実はそう上手くいかず、可愛いはずの我が子にストレスを感じてしまう。 そんなママが、ほとんどだと思います。 自分を責めなくても大丈夫です。 …

    ヘルプマーク発達障害自閉症

    自閉症、発達障害、知的障害…見た目では分からない障害に周囲の理解や配慮を願うマークとは?

    見た目は健康に見えても、外見では分かりづらい疾患や障害を抱えている人は多くいます。 私の子どもたちも慢性疾患があり、状態が悪い時は周囲の理解や助けが必要ですが、見た目からでは全くわかりません。 大声で …

    選択的シングルマザーの意味

    子どもの脳を育てよう!3歳までに親が出来ること

    私が子育てを経験して感じたこと。 それは、3歳までの子どもたち「ほぼ本能で生きている」ということです。 3歳までの子どもは、自分のやりたいことをやりたいときにします。親の都合を考えず排便します。 その …

    子どもを追い詰めない叱り方のコツは「逃げ場」をつくること

    みなさんは子どもを叱らない日ってありますか? 私は子ども達のためにも「叱らない日」を作ろうと思うのですが、なかなか実行できません。 なぜ「叱らない日」を作ろうとしたかというと、伝え方によっては子どもを …

    「落ち着きのない子供」原因はあの成分が足りないから?

    今日は子連れでママ友と外食。 そんな時、落ち着きなく店内を歩きまわってしまったのは、なんとうちの子だけ! 「うちの子供だけ、どうして落ち着いて座っていられないのかしら……」 こんな悩みを抱えているママ …