子どもの自立を妨げる親の5つの行動

投稿日:

最近、親から自立できない子どもが増えてきたと言われています。

その理由のひとつとしてあげられているものが「親の過保護」だそうです。

子どもの自立を妨げる親になっていませんか?

以下の5つに当てはまらないかチェックしてみて下さい。

1:ついつい人と比べてしまう

自分が子どもだった頃を思い出してみて下さい。

お友達を比べられて嫌な思いをしたことってありませんか?

その子はその子です。

「みんなと同じでなくても大丈夫」という温かい気持ちで見守ってあげて下さい。

2:やることを指示してしまう

「○○をやりなさい!」というだけでは子どもは行動に移してくれません。

指示するよりも、親自身が模範となり正しい行いを見せてあげることのほうが大切です。

3:干渉しすぎる

子どもといっても一人の人間です。

干渉をするよりも、子どものプライバシーを尊重することのほうが大切です。

親が自分のプライバシーを尊重してくれていると理解できれば、子どもは“他人のプライバシーを尊重する”ということも自然に学びます。

4:不規則な生活が続いている

子どもは親の生活リズムに合わせがちです。

親の生活リズムが崩れると、子どもの生活リズムも崩れ、心身へ悪影響を及ぼしかねません。

親子ともに健康的な食生活をし、体を思いっきり動かず時間を作りましょう。

正しい生活リズムは、親子ともにポジティブな生活へと繋がります。

5:子どもを失敗から守る

親は子どもが行動した結果、成功するか失敗するか、ある程度の予測ができるので、どうしても子どもを守ろうと、失敗から子どもを遠ざけがちです。

しかし、私たちは今まで、失敗からたくさんのことを学んできました。

子どもも失敗から学べることが多いはずです。

自分で取った行動に責任を持てるようになるためにも、子どもには失敗を経験させてあげ、それを温かく受け止める環境を用意しましょう。

子どもは自立と甘えを繰り返しながら成長をしていきます。

そして、甘えが満たされると「自分は愛される価値のある存在なんだ」と感じるのです。

子どもへのしつけや学力は「自分は愛されている」という土台があるからこそ、身につきます。

焦らず気長に、その子に寄り添って、子どもと共に親も成長していきたいものです。

-ライフスタイル, 未分類
-,

関連記事

生きる力が低下している!?ちょうちょ結びが出来ない子供たち

私の知り合いに、社会人になるまで「ちょうちょ結び」ができなかったという人がいます。 会社で資料をひもでとじるように言われて初めて、練習したそうです。 それを聞いた時は思わず目が点になってしまいましたが …

ママにとって男の子は未知との遭遇?「男の子は宇宙人!?」

男の子の子育ては女の子の3倍大変だ!という話を聞いた事があります。 一般的に女の子はおとなしく、男の子は元気!というイメージがありますよね。 さあ、実際のところどうなのでしょうか? 我が家の娘と息子の …

あなたは旦那との相性に”しっくり”きていますか?

みなさんは、結婚相手との相性は良いと感じていますか? 中には新婚当初から、ずっと仲良しの夫婦もいれば、夫婦仲が悪化して、結婚を後悔する夫婦もいることでしょう。 でも離婚をしたり、険悪な雰囲気で結婚生活 …

洗濯機はドラム型or縦型?水道代・電気代のおトクさを徹底比較!

洗濯機を次に買い替えるなら、あなたはドラム型と縦型どちらを選びますか? 最近は大型のドラム式洗濯機も、価格が安くなっているので、次の買い替えで縦型からドラム式に替えようかと考えている人も多いのではない …

8歳女の子ギャングエイジ反抗期

女の子の8歳からのプチ反抗期は育て方を変えてみよう!

8歳といえば、プチ反抗期。今まで、ママの話をよく聞いてくれていたけど、ある日突然の意志発動に、驚き戸惑うママの多いはず。 でも大丈夫。少し関わり方を変えれば、そのプチ反抗期も、これからの未来に良い成長 …