次こそは高額当せん! 宝くじが当たる人の法則

投稿日:

宝くじ高額当選当たる人の法則
「もしも宝くじで1億円当たったら?」と、誰もが一度は想像(もしくは妄想)をしたことがあるのではないでしょうか。
買いさえすれば、どんな人にも平等に夢を見させてくれる宝くじ。
ですが、高額当せんという現実を手に入れた人はごく少数です。
現実に大金を手にした人たちはいったいどのような人なのでしょうか?

宝くじに当たっているのはこんな人

令和元年度に1000万円以上の宝くじに当せんした人(511人)を対象にしたアンケートから、「宝くじに当たる人の法則」がみえてきました。

宝くじ当選者の性別は男性がやや多い

性別の内訳は、男性が299人(59%)、女性が212人(42%)でした。
家計を握る女性が多いと思いきや、男性が6割というのは少々意外ですね。
男性の方が宝くじに夢を見る人が多いのかもしれません。

宝くじ当選者の年代は?

それから当せん者の年代を見てみましょう。
こちらは、男性も女性も当せん者の半数ほどが60代以上という結果に。
次いで50代、40代というように、当せん者の約88%が40代以上でした。
年を重ねるほど当たるチャンスがありそうです。

宝くじ当選者に多い星座と血液型は?

星座と血液型はどうでしょうか。
令和元年度の当せん者で一番多かった星座は「魚座」次いで「牡羊座」「蟹座」でした。

血液型は男女ともにA型がトップ。
次いでO型、B型、AB型の順でした。

宝くじ当選者に多いイニシャルとは?

そして当せん者に多いイニシャルのランキングです。(イニシャルは名前、姓の順番)

男性1位 K.M
2位 S.K T.T
3位 K.Y T.K

女性1位 M.K
2位 M.S
3位 Y.M

あなたのイニシャルはありましたか?

あなたの家族に、60代以上、A型魚座のK.Mさん(男性)M.Kさん(女性)がいたら、ぜひ宝くじの購入を勧めてみては!?

宝くじ当選者の買い方をマネしてみよう♪

宝くじ高額当選者当たる人買い方マネ
高額当せん者の特徴にまったくあてはまらなかった人もご安心ください。
特徴が当てはまらなくても、高額当せん者の「買い方」はマネすることができるからです。

では、高額当せん者はどのような買い方をしているのでしょうか。

宝くじの高額当せん者が買う場所は?

アンケート調査によると、高額当せん者の半数ほどが「いつも同じ売り場」で買うようにしていたのだそうです。
次いで「出かけたついで」が2位、「有名な売り場」は3位でした。
あまり売り場には、こだわってはいないようです。

宝くじの高額当せん者がくじを買う枚数は?

みなさんはどれくらい買うようにしていますか?
以前、テレビで「宝くじ100万円分買いました!」というおじさんがほぼハズレだったシーンを見たことがあります。
(そもそもくじに100万円投入できること自体がうらやましいと思うのですが。)

では高額当せん者はどれだけ買っているのかというと、平均で男性が30枚、女性が10枚なのだそうです。
意外と少な目だと思いませんか?
たくさん買えば、当せんするというものでもないようです。

宝くじの高額当せん者の購入歴はどれくらい?

実に高額当せん者の72%が、10年以上宝くじを買い続けているといいます。
初めて買って当せんという人は全体の2.5%。
ビギナーズラックよりは、コツコツ継続派に軍配があがりました。

馴染みの売り場を決めて、30枚以下を、なるべく10年以上買い続けることが、当せんのコツといえるかもしれません。

そして、今年から買ってみようと思っているよ、という宝くじビギナーのみなさんは、高額当せん者のゲン担ぎをマネしてみるのはいかがでしょうか。
たとえば、高額当せん者は、どのようなゲン担ぎをしていたかというと……。
「良いことがあったときに購入」
「(神社やお墓に)お参りにいってから購入」
「トイレや部屋の掃除を心掛ける」

などなどがありました。
少しでも良いことがあったら、チャンス到来と思って宝くじを買ってみてもいいかもしれませんね。

もしかしたら、次はあなたが当せん者アンケートに答える番かもしれませんよ?

●参考:宝くじ公式サイト

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
シャーミー
30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

関連記事

夫に「早く帰って来て」と思う妻はまさかの4割!?

近年、日本では長時間労働が問題になっています。 残業や徹夜は当たり前、長時間労働という感覚すら麻痺し、いつの間にか体調不良になっている…そんなこともありますよね。 働くママが増えたことで、 …

30代おすすめへアオイル35styleサンゴスタイル

しっとり潤いある髪に…30代からのヘアケアにおすすめ!ヘアオイル5選

みなさんは、毎日のヘアケアに何を使っていますか? 冬の季節は肌も髪も乾燥しがちですよね。 髪がパサついていると、静電気や切れ毛、枝毛の原因にもなりかねません。 しっとり潤った髪にかかせないのがヘアオイ …

男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛で元気。 悪く言えば、落ち着きがない。 娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。 もしかしたら、男の子の子育ては …

新たな選択肢!?「卒婚」のメリットって?

新たな選択肢!?「卒婚」のメリットって?

新たな人生の選択肢として注目を集めている卒婚。 卒婚とは、婚姻関係を維持しながら、夫婦それぞれが新しい道を選ぶ状態をさしています。 旦那さんは旦那さんで別の場所に住み、奥さんは奥さんで新しいことを始め …

小学生女の子反抗期

発達障害の小5の娘の反抗期が凄すぎる!対処法はたったコレだけ!?

「この子に反抗期が来る日はあるのかな?」 長女が小さい頃、ふと考えたことがありました。当時から言葉の発達は遅めでしたが、天真爛漫な自由人だったので、「反抗期」がこないまま大人になるのではないかと本気で …