夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

投稿日:

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?
家が近づくと気が重くなり、不要な残業や寄り道をして家族が寝た後に帰ったり、カプセルホテルに泊まったり…。近年、「家に帰りたくない、帰るのが怖い」と思う働き盛りの男性が増えているといいます。

悪化すると動悸や鬱症状が出て、心療内科を受診する必要も出てくるようです。

本来安らぎの場所であるはずの家庭が、夫にとってくつろげない、苦痛な場所になっているからだそうですが、一体どうすればよいのでしょうか。

夫婦の気持ちのすれ違いから生まれる、家庭内不和が原因

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?
帰宅拒否症になってしまう夫には、ある一定の傾向がみられるようです。「生真面目、我慢強い、温厚、争いごとが苦手、責任感が強い、仕事が忙しい、家族とうまくコミュニケーションがとれない」等々があげられます。
一方、夫を家に帰りたくない気分にさせてしまう妻の言動とは、「不平、不満、愚痴、無視、暴言、夫を徹底管理、掃除や片づけをしない」などです。

子供がいる場合「子供に会いたいから帰る」と思えれば良いのですが、妻と子供の結びつきが強いと、夫は「居場所がない」と感じ、帰宅拒否症になり得るといいます。

妻のSOSに無関心を続けると、夫は帰宅拒否症に?!

夫が帰宅拒否症になる以前に、妻の「不平、不満、愚痴、無視、暴言、八つ当たり」などは、妻からSOSが出ているサインと考えられ、一番身近にいる夫が、その気持ちを受け止めたり、共感したりすることの方が先ではないのかな、と筆者は思います。

不平不満を妻から言われると、夫は「怒られた、指導された」と感じ、「面倒だから怒りが収まるまで我慢」という姿勢になりがち。

でも本当は「どうしたの、大丈夫?」と、妻は言われたいのです。

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

ある男性は、帰宅恐怖症が1年半続き、もはや夫婦関係が修復できなくなり別居。

ところが離婚調停の過程で「なんでそんな状態になったのか、何がいけなかったのか、本音で話し合った」結果、和解して、帰宅恐怖症も克服しました。

その例からも、まず「対話をして2人で解決策を探り、本気で理解し合おうと互いに努力すべき」なのではないでしょうか。

そのために妻ができる対処は、「夫にポジティブな言葉やねぎらいの言葉をかけたり、夫の話を聞いたり、共通の趣味でコミュニケーションをとったり、おいしい手料理や快適空間を保つ」などとされます。

「なぜ、妻ばかり努力しなければいけないのか」と疑問をもつ方もいると思いますが、不平不満を言う前に少しずつでも温かい家庭にしていかないと、夫も心を開けません。

修復不可能と感じたら「夫婦カウンセリング」も視野に入れて、解決への糸口を探ってみましょう。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

ママ友生活レベルの違い

生活レベルの違い?ママ友が出来ず悩んでいます。

ママ友……。子育て中の女性にとって「悩みの種」の1つになりやすいテーマですよね。いくら知り合ったママ友でも相性が悪かったら長続きしないもの。 今回はママニティの人気コーナー「おしえて!ママニティ」から …

夫婦マンネリの時期はいつから

愚痴を言うなら、〇〇をつけると愚痴を言う方も聞く方もスッキリできる!

コロナ禍により生活様式がずいぶん変わった昨今。 先の見えない不安、在宅ワークの夫への不満などがどんどん膨らんで、誰かに愚痴をこぼさずにはいられない人、多いと思います。 それなのに、ママ友や友人と、ちょ …

「離婚すべき?」夫のことが愛せなくなった気がするときの思考転換術

両想いになって交際を始めて、晴れて結婚! とっても幸せで、「旦那さんのことが大好きだ―!」って叫んでもいいくらいだったのに、最近は、「好きじゃないかも……」って思ってしまう。 夫のことを愛せなくなった …

これで開運、家庭円満。家族の運勢をグングン上昇させる簡単風水

これで家庭円満♪家族の運気をグングン上昇させる風水

家は一日がスタートし、そして終わる場所です。 そのような大切な場所ですから、家族全員にとって気持ち良く、さらに風水的にも良い環境に整えましょう 。 良い環境に整えることで家族全員の運気がアップし、家庭 …

欧米流「子どもの自己肯定感」の育み方とは?

(photo by acworks/photoAC) 親は誰しも「子どもにはのびのびと育ってほしい」と願うものです。そうした望みを叶えるヒントとなる1冊が『世界に通用する「個性」の育て方』。キリスト教 …