夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

投稿日:2018-06-07 更新日:

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?
家が近づくと気が重くなり、不要な残業や寄り道をして家族が寝た後に帰ったり、カプセルホテルに泊まったり…。近年、「家に帰りたくない、帰るのが怖い」と思う働き盛りの男性が増えているといいます。
悪化すると動悸や鬱症状が出て、心療内科を受診する必要も出てくるようです。
本来安らぎの場所であるはずの家庭が、夫にとってくつろげない、苦痛な場所になっているからだそうですが、一体どうすればよいのでしょうか。

夫婦の気持ちのすれ違いから生まれる、家庭内不和が原因

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

帰宅拒否症になってしまう夫には、ある一定の傾向がみられるようです。「生真面目、我慢強い、温厚、争いごとが苦手、責任感が強い、仕事が忙しい、家族とうまくコミュニケーションがとれない」等々があげられます。
一方、夫を家に帰りたくない気分にさせてしまう妻の言動とは、「不平、不満、愚痴、無視、暴言、夫を徹底管理、掃除や片づけをしない」などです。

子供がいる場合「子供に会いたいから帰る」と思えれば良いのですが、妻と子供の結びつきが強いと、夫は「居場所がない」と感じ、帰宅拒否症になり得るといいます。

妻のSOSに無関心を続けると、夫は帰宅拒否症に?!

夫が帰宅拒否症になる以前に、妻の「不平、不満、愚痴、無視、暴言、八つ当たり」などは、妻からSOSが出ているサインと考えられ、一番身近にいる夫が、その気持ちを受け止めたり、共感したりすることの方が先ではないのかな、と筆者は思います。

不平不満を妻から言われると、夫は「怒られた、指導された」と感じ、「面倒だから怒りが収まるまで我慢」という姿勢になりがち。

でも本当は「どうしたの、大丈夫?」と、妻は言われたいのです。

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

ある男性は、帰宅恐怖症が1年半続き、もはや夫婦関係が修復できなくなり別居。

ところが離婚調停の過程で「なんでそんな状態になったのか、何がいけなかったのか、本音で話し合った」結果、和解して、帰宅恐怖症も克服しました。

その例からも、まず「対話をして2人で解決策を探り、本気で理解し合おうと互いに努力すべき」なのではないでしょうか。

そのために妻ができる対処は、「夫にポジティブな言葉やねぎらいの言葉をかけたり、夫の話を聞いたり、共通の趣味でコミュニケーションをとったり、おいしい手料理や快適空間を保つ」などとされます。

「なぜ、妻ばかり努力しなければいけないのか」と疑問をもつ方もいると思いますが、不平不満を言う前に少しずつでも温かい家庭にしていかないと、夫も心を開けません。

修復不可能と感じたら「夫婦カウンセリング」も視野に入れて、解決への糸口を探ってみましょう。

<参考>
ママテナ、コトリー、HUFFPOST、AllAbout、キャリコネ


カサンド蘭子
7歳男児、3歳女児、44歳夫と4人家族で、育児・家事に翻弄される毎日。13年勤めた会社を退職後、現在は月刊誌の取材・執筆・撮影に携わる。一方で子供に関わる社会問題にも関心を寄せる。好きな食べ物はマカロン。


青木泉蓉あおきせんよう無料占い結婚運命


関連記事

夫婦生活マンネリ化で仮面夫婦に……仲良し夫婦の秘訣とは?

「好き」「いつも一緒にいたい」 そんな気持ちがあったらか結婚したはずなのに、今の夫婦生活は……。 今回はママニティの人気コーナー「おしえて!ママニティ」から、マンネリ化した夫婦生活に関するお悩み&先輩 …

男浮気本音体験談

【男の本音】浮気の話~浮気はしないけど風俗に行く~

“浮気”…これは男女の付き合いの中で切っても切れないテーマではないでしょうか。 夫婦ともなると恋愛とは異なり、浮気の与える影響はより大きくなるようです。 今回はある普通の男性に …

子どもは4人目からは楽?子育てするなら何人がいい?

「子育てにおいて、兄弟は2人より3人が楽。そして3人より4人はもっと楽。」と言う筆者の知人がいます。 わたしは娘1人を育てるのも精一杯なのに、2人目を産んで育てるなど、とても無理だと思っているので、4 …

夫に対する妻のイライラ。原因は男女の脳の違い?

皆さんはほんと小さなことがきっかけで夫婦喧嘩になることはありませんか? 「靴下をここで脱がないで!何度言ったらわかるの!」 「ゴミはちゃんと分別してよ!」 こんな些細なことでもケンカの火種になることが …

今野そめの

今野そめの星占いコラム~12星座別夫のトリセツ~

旦那様って実はどんな人?どんな家事が得意? 何を言ったら重い腰をあげて手伝ってくれるの? そんなお困りの奥様必見! 旦那様の操縦法を、12星座別にひもといていきましょう! 牡羊座 エネルギーに満ち溢れ …