0歳からでも出来る!お風呂遊びで数字に強くなる!

投稿日:


小さい子どもが、「1・2・3・・・10」数字を読んでいたら、「わぁ!数字が読めるんだね」と感心します。

本当に凄い事だと思います。

しかし、当たり前ですが、その数字の意味を理解していない子どもがほとんどです。

赤ちゃんの頃から、自然と数字に触れ合う事で、数字の意味が分かる方法があるとしたらどうですか?

我が家が小さい頃から楽しんできた、お風呂での遊びながら数字に強くなる方法を教えます!

スーパーボールを使って数字を理解しよう♪


夏になると、我が家ではお祭りで子どもがとってきたスーパーボールが増えてきます。

とった時は嬉しく喜んでいるのですが、家では遊ぶわけではなく、そのあたりに転がっています。

(お祭りって、その景品を手にするまでが楽しいんですよね。)

そのスーパーボールを使ってお風呂で遊びます。

我が家はもう少しスーパーボールを足したくて、おもちゃ屋さんでまとめて数十個購入しました。

準備するもの

・スーパーボール
・洗面器

たったこれだけで数字に強くなる遊びが出来るのです。

声掛けを大切に

遊び方は簡単です。

湯船にスーパーボールを浮かべます。

全部でいくつあるか数えてみるのもいいと思います。

また、色とりどりのスーパーボールがあると思います。

我が家では兄弟間で”10秒間にどちらががたくさんスーパーボールを集められるか”で盛り上がりました。

最後は玉入れのように、1個ずつ数えて「○○の勝ち!」で毎晩のお風呂が楽しくなりました。

ポイントは、「まだ意味がわからないだろう」と思える年齢でも、丁寧に声を掛けて遊ぶ事

「青のスーパーボールを数えてみよう!」
「青と赤では、どっちが何個多い?」
「青を3つ。赤を2つ集めて。」
「赤の方が2つ多かったね。」

など、声を掛けて一緒に遊ぶ事で、気付いた頃には数字を身近に感じている♪

なんて事もあるかもしれません。

ママのひとり言になってもいいです。

続ける事が大切だと思います。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
子育て応援「ZEROSAI」

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

サンタクロースプレゼント

子どもにサンタクロースは何歳まで信じさせる?

朝起きると枕元にプレゼントが置いてある。 現実に起こる絵本のようなファンタジーの世界。 子どもの頃、誰もがサンタクロースを夢みたと思います。 子どもの喜ぶ顔を見たくて、クリスマスの日にはいろいろな演出 …

もう聞くことができない、消えていく子どもの言葉シリーズ

子どもの頃の可愛い言葉づかいは、大人になると消えてしまいます。 しかし、ちょっとした言い間違えや勘違いから出てくる思い込みの言葉には、本当に癒されるものです。 大人になったら消えていく、癒される子ども …

親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<0歳~1歳編>

自分の気持ちを言葉にして伝えるのは大人でもなかなか難しい。 今のこの気持ちをどう言葉にしたら良いのかわからずモヤモヤする事があります。 自分の気持ちを言葉にして、相手にきちんと伝えられるようになるには …

女性は結婚した方が幸せ?しない方が人生お得なの?

みなさんは、「女性の幸せって何?」と聞かれたら何と答えますか? 真っ先に「結婚」と答える人は年々減ってきているのではないでしょうか。 今は女性のライフスタイルや価値観も様々。”結婚=幸せ”だったのは、 …

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは

年々、日本の離婚率は増加傾向にあります。 離婚する原因は人それぞれですが、離婚して良かったと思う時もあれば、後悔するような時もあるのではないでしょうか。 しかし最近では、婚姻状態ではあるが夫婦仲が日常 …