小さい子どもを飽きさせない!外食時の待ち時間は「おしぼりアート」♪

投稿日:2020-12-25 更新日:

小さい子どもを飽きさせない!外食時の待ち時間は「おしぼりアート」♪

子どもと外食した時、間が持たないという経験をほとんどの家族が感じていることだと思います。

特に小さい子は『何故そうするか』が、まだまだ理解出来ないので、

歩きたい。
椅子に立ちたい。
外に出たい。

などなど、自分の欲望で動きます。
でもこれは、子どものあたり前の行動で成長の証。

最近では、スマホで動画を見せたりと工夫されている方もいますが、スマホなどは、あくまで最終手段にして欲しいなと思うのです。

親子でコミュニケーションを取りながら、楽しく待つ。

小さい子どもを飽きさせない!外食時の待ち時間は「おしぼりアート」♪

我が家では、おしぼりを活用しています?

ハンドタオルも良いですが、いい具合の塗れ加減のおしぼりが最適です。

では、おしぼりをどう活用するか・・

おしぼりを変身させるのです!!
いろんなものに変身します。これはキャンディー。

これはかるがも。

これはにんじん。

あひるに・・・

ペンギン!

あひる と かるがもが似てますが、気にしないで下さい(笑)これはうさぎの耳っぽいのも?

子どもも、小さいながら『教えて~』と必死に真似をします。

模倣する事の大切さを体験し、人の話を聞く大切さを体験します。
最初は出来なくても、そのうち、ひとつずつ出来るようになります。

自然と会話も増え、待ち時間もあっという間。
親もはまります!笑

大切なのは、楽しい気持ちを共有する事。

自分が子供の時の頃を思い出してみると、楽しかった思い出には笑顔がある。
しかも、たいした事ない思い出がたくさん。家族でボール遊びしたとか、
美味しいカレー食べたとか、
お父さんが転んだとか、

他愛もない日常の中の、ひとつひとつのシーンばかり。

その笑顔は、自分ひとりの笑顔だけでなく、親であったり、他の笑顔も存在してます。

「楽しい!」って気持ちを一緒に経験する事で、その楽しさが思い出に変わり、その小さな思い出が、子ども達の中に層を作り、心の土台になっていくんだと思います。

その他愛もない楽しい日常を、おしぼりで作ってみるにはいかがですか?

『おしぼりアート』で検索すると、たくさん出てきます。
おすすめですよ!

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

ママ友愚痴話す?どこまで

ママ友に愚痴を話す?夫・旦那の話をするときに注意すべきこと

子育てをしているなかで、心の支えになるのがママ友という存在。 仲が深まるにつれ、子どもの話だけでなく、時にはプライベートな話、夫の愚痴、夫婦の悩みまでもさらけ出してしまうこともあるのではないでしょうか …

離婚へ進む前の砦夫婦カウンセリング対象話し合いが途中で終わってしまう夫婦

夫と話しても疲れるだけ! 夫婦の話がかみ合わない原因は○○にあった!

愛し合って一緒になったはずなのに、毎日の生活を繰り返しているうちに、夫と話すだけでイライラするという女性は多いことでしょう。 たとえば、夫婦で会話をしていて、妻がちょっとした愚痴をこぼしたとします。 …

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

長期の休み(夏休み、冬休み)明けは登校を渋るお子さんも多くいそうですよね。 「今日は学校へ行きたいくない」 子どもにそう言われたとき、無理やり行かせるべきか、休ませてあげるべきか、 親としてどう判断す …

【子育て】子供を叩かない3つの極意とは?

しつけのため? 言うことを聞かないから? 頭をポンと軽く叩くものから、お尻をピシャっと叩くものまで、子供を叩くことが子育ての一部になっているというママが少なくありません。 一方で、育児支援の世界的なモ …

【感動】バス車内で泣きやまない赤ちゃん。運転手の心温まるアナウンスが話題に

バスや電車の中で突然赤ちゃんが泣きだす光景は誰でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 あの手この手で何とか赤ちゃんをなだめようとしてもまったく泣きやまずに、気まずくなって結局途中下車してし …