【体験談】子どもがグズった時ほど親の遊び心が効果的だった話

投稿日:2018-08-25 更新日:

発達障害がある子どもとの接し方

皆さんは子どもがグズった時、どのように対応していますか?

叱っていますか?
なだめていますか?

もしかしたらその方法、心の折れやすい子どもを育てるきっかけになっているかもしれません。

成長過程を知る!子どもに訪れる3つのステージ

子どもには3つのステージがあります。

  1. 1.0~6才の心の土台づくり期
  2. 2.6~10才のしつけ期
  3. 3.11~22才の自分づくり期

[1]は、とにかく親がひたすら愛情を注ぐことが大切な時期。

[2]は社会的なルールやマナーを学ばせる時期。

[3]は一歩下がって見守る時期だそうです。

実は[1]の「0~6才の心の土台づくり期に過剰なしつけや叱咤をすると心の折れやすい人間になるようです。

子どもがグズっている。

優しい言葉を掛けてもダメ。
手を繋ごうとしてもダメ。
着替えさせてあげようとしてもダメ。

きっと子どもですらグズり過ぎて何を泣いてるんだか訳が分からなくなっている状態。

言われれば、言われるほど、頑なに拒否をされてしまう。

そんな時に、子ども達の気分を一気に変える方法があるんです。

子どもがグズった時ほど遊びを忘れない

保育園幼稚園,違い,選び方

お~~っと!A君!
なかなか服を着ようとしない!
さて、どっちの足からズボンを履く?
右か?左か?…
まだ、どっちも入れない!
さてどうするA君!これ、スポーツ実況のイメージです。

いきなりこんなことを言い始めると、子どもは「は?」「ママは一体どうしたんだ?」という表情になります。

ママの実況を無視してグズり続ける時もありますが、負けるか!と実況し続けます。

「A君。右に足を~~入れない!」
「左にするか~~?まだ入れない!」

こんなことを続けていると子どもにも面白さが伝わり、フェイントで反対の足を突っ込んでみたり、上着から着てみたりし始めます。

「おっと~!まさかの上着だ!」
「上着から着たーーーー!」

と、遊び心満載の実況が続きます。

「楽しい記憶の層」が大切

子どもの頃のことって大人になった今はあまり覚えていないかもしれませんね。

しかし、体と心は楽しかった頃の思い出・笑顔の中の居心地の良い場所・愛されている実感を忘れません。

楽しかった1つ1つが心の中に積み重なり、大きな層を作り、肯定的なイメージが心に育ちます。

一方、過剰なしつけや叱咤を繰り返すと肯定感が育たず、心が折れやすい人間になりやすいと言われています。

グズった時に限らず「あなたは愛されているんだよ」と、子どもの中にしっかりと心の土台を作る。

そんな素敵な子育てをしていきたいものですね。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」



水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

-ライフスタイル
-,

関連記事

ママ友って本当に必要?メリット、デメリットを比較!

子どもを授かってハッピーな気分と同時に湧き上がる孤独感。 妊娠経験のある方はそんな風に感じたことはないでしょうか。 わたしの場合、友人たちが妊婦のわたしに気遣い集まりに誘わなくなったり、久々に集まって …

大切なものを愛おしく使う。一生使える 「バーミキュラ」オーブンポットラウンドの魅力

水なしで料理を作れて、食材のうまみを最大級に引き出す鍋――といえば無水調理鍋。 今や種類・価格帯ともに様々な無水調理鍋がありますが「我が人生にひとつは欲しい!」と思える無水調理鍋ブランドのひとつといえ …

子どもの描く絵で家族の幸せ度がわかる!?

子どもの描く絵は、自由にのびのびと描いている絵もあれば、細かい所まで忠実に描き込んでいる絵もあり、1人1人の個性が発揮される瞬間ですよね。 先日、娘が描いてくれた絵ですが、「ままといっしょにねる」とい …

【実態調査】義実家のクセが強い!ぶっとびエピソード集

家族が違えば生活習慣の違いや、価値観の違いからのトラブルはつきもの。 今回は姉妹サイト「ママニティ」によるアンケートで「嫁姑トラブル」について調査しました。 【お盆休みアンケート】Q,1 義実家に帰省 …

小学生実態変化調査

スマホ・携帯電話、脱毛は当たり前?今の小学生の驚きの実態

時代とともに子どもたちへの取り巻く環境は変わっていきますよね。 近年ではスマートフォン・携帯電話の普及により、子どもたちの生活スタイルにも影響を及ぼしていますよね。 筆者も小学生の子どもを持つ母ですが …