みんなのお金事情 生活費

生活レベル調査:家庭の食費は毎月いくら?<アンケート結果発表>

投稿日:2018-03-06 更新日:

生活レベル実態調査

生活レベルの差が出やすいものの一つといえば食費です。

毎日のごはん、お弁当、おやつなどなど、食費は節約したいけど、国産や外国産かといった産地のことや、無農薬・無添加の食材のことなど、こだわればこだわる程、かさむ食費……。

実際、世の中のファミリー世帯は1ヵ月の食費はいくらでやりくりしているのでしょうか?

今回は、ママニティ読者のみなさんに調査をした結果を発表します。

生活レベル調査:家庭の食費は毎月いくら?

調査1:家庭の食費は毎月いくら?

家族の人数や子どもの年齢によっても食費は大きく変わってくると思いますが、多数の方が3万~5万でやりくりしていることがわかりました。

ここで総務省のデータをみてみると、月平均の食事(外食費及び酒類代を除く)は、
● 単身世帯:平均26,425円/月
● 総世帯:平均47,135円/月
(平均2.38人の世帯人数)

● 2人以上の世帯:平均56,717円/月
(平均3.02人の世帯人数)

となっています。

やはり家族の人数が増えると食費もかさむことがわかります。

総務省統計局 家計調査報告(家計収支編)―平成27年(2015年)平均速報結果の概況―『総世帯及び単身世帯の家計収支』表Ⅲ-1-2 消費支出の費目別対前年実質増減率 より

食費アンケートに回答した方々のコメント(ピックアップ)

食費アンケートに回答した方々のコメント(ピックアップ)

ここからは、今回の調査にあたって回答をしてくださった方々から寄せられた、食費に関するコメントをピックアップしていきます。

◆リアル食費話1:やっぱり男の子は……

リアル食費話1:やっぱり男の子は食べる量が凄い

「男の子4人新生児1人旦那とあたしの7人家族。男の子の食欲ハンパなく米の消費が激しい!」

「男の子二人…下の子はまだ離乳期だけど普通に食べようになった時のお米代が今からドキドキします…」

「旦那と子ども2人(男)と4人暮らしです。子どもが大きくなってきて食費がかさみます。。 とにかく肉・肉・肉!そして米! 中学生、高校生になったらどうしよう。。笑」

◆リアル食費話2:旦那の食事代なんとかしてくれー!

リアル食費話2:旦那の食事代なんとかしてくれ

「旦那が糖質ダイエットを初めて明らかに食費が増えた。早くやめて欲しい。」

「義父と同居しており、大人3人と子ども(4歳0歳)です。 旦那の仕事の関係上、朝昼を外で食べるので食費がかなりかかります…」

◆リアル食費話3:大家族の悩み

リアル食費話3:大家族の悩み

「家族7名なので、かなり食費がかかります(T_T)」

いかがでしたか?

食費の節約を意識することが大事

「食費がかさむ~!」と嘆いてばかりではなく、食費の節約を意識することが大事ですよね。

最近は調理済み食品や半調理済み食品がたくさん売られていて、忙しいお母さんには大助かりですが、これもなるべく控えて、自炊で作りおきをしておけるとよさそうです。

また、無駄なものは買わない、外食を極力減らすなど、心がけ一つで工夫できることはたくさんあります。

まずは、出来ることから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。


金運占い燕京無料

-みんなのお金事情, 生活費
-


  1. […] 生活レベル調査:家庭の食費は毎月いくら?<アンケート結果発表> 生活レベル調査:あなたの家の貯蓄額&お小遣いはいくらですか?<アンケート結果発表> […]

関連記事

【お金の常識を疑ってみる】まだある!見直すべきお金の使い方

前回まで、いままで当たり前だと思われていたお金の使い方、住宅購入や保険の加入について疑問を投げかけてみました。 他にも常識と考えられていることにも疑問に感じることがいくつもあります。 今回はそうした事 …

実態調査:学資保険の人気ランキング&口コミ発表

実態調査:学資保険の人気ランキング&口コミ発表<2018年版>

みなさん子どもの将来について何か備えていますか? 子どもが生まれると、どうしてもかかってくるのが教育資金。 幼稚園から大学卒業までの子ども一人あたりの一般的な教育費は約1,430万円必要と言われていま …

【夫のお小遣い】いくらが妥当?

月末になると、申し訳なさそうに「今月ちょっとピンチで…」と、お小遣いの不足を訴えてくる夫。非常によく聞く話ですが、みなさんはどうでしょうか? 家計を預かる妻としては、「会社の付き合いなどもあるのはわか …

「従業員持株会」への投資で資産形成するのは止めよう

あなたが働いている会社には「従業員持株制度」はありますか? 従業員持株制度と は、従業員が毎月一定の金額を拠出し、共同で自社株を買い付けていく仕組みのことです。 上場企業のほとんどで導入されていますし …

株式相場の下落局面こそ「コツコツ投資」が生きる時

最近、日経平均株価が下落しています。1週間で1000円超下落したり、その翌週も1日で400円安をつけたりするなど、株価下落のトレンドは変わっていません。 こういう局面では、「やっぱり投資はリスクが高い …