もしもの災害に備えて トイレの用意はしていますか?

投稿日:

もしもの災害に備えて トイレの用意はしていますか?
今秋、各地に甚大な被害をもたらした、大型台風。

床上浸水や停電、そして断水など、大きな混乱を招きました。

また、台風だけではなく地震も多い日本。
近い将来、都市直下型や南海トラフ地震が発生するのでは?と言われており、不安はぬぐえません。

しかし、ある程度、具体的に避難の準備をしておくことで、その不安を解消することは可能です。

みなさんは、災害に備えて日頃から備蓄をしていますか?

盲点!災害時のトイレ事情

もしもの災害に備えて トイレの用意はしていますか?災害に向けての備蓄といえば、食料や水が一番に思い浮かびます。

それなら、「たくさん備蓄してあるわ!」という人も多いのでは?

しかしトイレの準備となると、どうでしょうか。

日本トイレ協会の調査によると、家庭で簡易トイレ(携帯用トイレ)を備蓄していると答えた人は全体の16%、備蓄していないと答えた人が83%だったといいます。

これは、災害を想定したとき、多くの人が食料の確保ばかりに目が行ってしまい、その後の排泄まで気が回らないからかもしれません。

トイレが使えなくなることを想像してみましょう。
もしもの災害に備えて トイレの用意はしていますか?
災害によって給水施設や、配管が破壊されてしまうと、家庭に給水ができなくなり、水洗トイレは、たちまち使えなくなってしまいます。

使えないからと言って、生理的欲求を我慢するのにも限界があります。

いつも便利な水洗トイレを使っているので盲点になりがちですが、トイレの確保は、災害発生初日から切実な問題となるのです。

実際に、先の台風の時は、とあるタワーマンションで水洗トイレが使えなくなり、住民の間で大問題に発展しました。

また東日本大震災についての、ある調査によると、29自治体のうち、70%の避難所が、仮設トイレが設置されるまでに4日以上もかかってしまったのだそうです。

4日以上も排泄が困難になると思うと、ゾッとしてしまいますね。

避難施設の仮設トイレは掃除が行き届かず不衛生になりがち

もしもの災害に備えて トイレの用意はしていますか?
そんな不衛生やトイレへ行くことを避けるあまり、水分の摂取を控えたことで、エコノミー症候群になってしまうリスクもあるのだそうです。

それから仮設トイレは、障害者用があるわけではありません。

段差があるのでお年寄りや子供にはとても使いづらく、男女共用であるため生理期間の女性が使用に抵抗を感じる、行列ができる、といった問題が山積みなのです。

なるべく安心して排泄できるように、簡易トイレを必要なだけ用意しておく必要がありそうですね。

簡易トイレは1日4回を目安で1週間分は用意しよう

もしもの災害に備えて トイレの用意はしていますか?
簡易トイレは、1日4回を目安として、1週間分、それを家族の人数分、用意しておくといいそうです。

もしもの時は、ペットシートや猫砂などで代用したり、いざとなったらポリ袋に新聞紙を畳んだものを入れたりしても簡易トイレとして使用できるそうです。

小さいお子さんがいるご家庭では、オムツを多めに備蓄しておくといいかもしれません。
もしもの災害に備えて トイレの用意はしていますか?
我が家の災害用リュックを確認してみたら、簡易トイレは3日分しか入っていませんでした。
これを機会に1週間分を用意しようと思います。

みなさんも、今一度、防災リュックの中を見直してみませんか?

【参照】
ママニティ、朝日新聞DIGITAL、日本トイレ協会、ソニー生命保険株式会社


30代後半。都内在住新米ママ。夫と娘の3人家族暮らし。
ママとしての知識と経験を増やしていきたいです!
漫画も描いてます!

関連記事

人間関係ツラくない?「自分が我慢すればいい」の考えが引き起こすこと

みなさんは人間関係で悩み、自分を抑えていることはありますか? イヤだなあと思いながらも、事を荒立てさせたくないから、「自分が我慢すれば」という思考になっていませんか? そんな「自分さえ我慢すればいい」 …

【ベビーパウダー】賛否両論あるけど実際はどうなの?

私が子供の頃、あせも対策でベビーパウダーをよく使ってもらっていました。 あのサラサラとした感触が大好きだったなぁと、今でもよく覚えています。 しかし、2歳になる子供のいる友達とベビーパウダーに関する昔 …

【第6回】コロナ禍でみつけた幸せの種

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 やっと自粛は解除されたもののコロナ渦で少し暗い世の中に傾いていますが、ちょっと心温まる出来事がありましたので“幸せの種”と称 …

女性は結婚した方が幸せ?しない方が人生お得なの?

みなさんは、「女性の幸せって何?」と聞かれたら何と答えますか? 真っ先に「結婚」と答える人は年々減ってきているのではないでしょうか。 今は女性のライフスタイルや価値観も様々。”結婚=幸せ”だったのは、 …

ママ友って本当に必要?メリット、デメリットを比較!

子どもを授かってハッピーな気分と同時に湧き上がる孤独感。 妊娠経験のある方はそんな風に感じたことはないでしょうか。 わたしの場合、友人たちが妊婦のわたしに気遣い集まりに誘わなくなったり、久々に集まって …