先輩ママの〇〇をやっておけば良かったBEST3

投稿日:


子どもが小学生に上がり、ふと「小さい頃に〇〇しておけば良かったな」と思うことがありました。

きっと皆が思う事ではないしょうか。

今回、10歳のお子さんを持つママにアンケートを取り、その中からベスト3を紹介いたします。

第3位 怒らず叱れば良かった


叱ると怒るは違います。

叱るは「相手をより良くしようとする注意やアドバイスをする事」。

怒るは「自分の感情を相手にぶつけてしまう事」です。

「ついイライラして、子どもに大きな声で怒ってしまった。」
「可愛い我が子の寝顔を見て反省した。」
「しつこく何度も何度も言い続けてしまった。」など、同じような経験は誰でもあると思います。

また、我が子が怒った時の言い方が自分に似ていてハッとした。というママも多数いました。

第2位 家族写真を撮っておけば良かった


意外に少ないのが家族写真。

お出かけした時も、ママかパパがシャッターを押すので、家族全員の写真というのは本当に少ないです。

私も、まともな家族写真を探したところ、なんと3年前の七五三の写真まで遡らないと無い状態・・・。

周りに方に声を掛けるとか、セルフタイマーなどをうまく活用して、一枚でも多く家族写真を残したいですね。

第1位 もっと遊ばせておけば良かった


習い事が多く、遊ぶ時間が少なかったという人が多くいました。

中には「家では遊んでいるけど、友達と遊ぶ事が本当に少なかった。」という意見もありました。

今は、習い事をたくさんしている子どもが増えています。

昔は、保育園や幼稚園終わりでお友達と遊んでいた時間も、今では、習い事に追われています。

一人や兄弟で遊ぶ事はあっても、他者と関わって遊ぶ時間は少なくなってきているのかもしれません。

遊びは、ルールや限度や関係性の作り方など、いろいろな事を体験させてくれます。

小学生になって、「固執した友達としか遊ばない。」「友達の作り方が下手かもしれない。」と悩むママも多いようです。

子育てに遅いはない!

「10歳になって気づくこと」はたくさんあります。

もし、もっとこうしておけば良かったと思ったら、そこからでも遅くないと思います。気づいた日から実行してみましょう!

子育てに遅いはきっとありません。

私も、気づいた日から実行を心がけています。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

「離婚すべき?」夫のことが愛せなくなった気がするときの思考転換術

両想いになって交際を始めて、晴れて結婚! とっても幸せで、「旦那さんのことが大好きだ―!」って叫んでもいいくらいだったのに、最近は、「好きじゃないかも……」って思ってしまう。 夫のことを愛せなくなった …

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

家が近づくと気が重くなり、不要な残業や寄り道をして家族が寝た後に帰ったり、カプセルホテルに泊まったり…。近年、「家に帰りたくない、帰るのが怖い」と思う働き盛りの男性が増えているといいます。 悪化すると …

【第9話】兄弟ケンカは多くてもすぐに仲直り

こんにちは、看護師で二児のママ minamamaです。 我が家には、小学4年と5年の年子の兄弟がおります。 年が近いせいなのか毎日ケンカが耐えません、ケンカの仲裁をするだけでこちらの体力とエネルギーは …

日本と「子どもが世界一幸せな国」にはこんな違いが!?

日本は、育児がしやすい国ですか? 仕事がしやすい国ですか? それぞれの国の文化の違いはありますが、海外では「日本は育児がしにくい国」と言われる事が多いそう。 例えば、日本とアメリカの育児ではこんな違い …

白砂糖とは?

白砂糖は私たちの体にどんな影響を与える!?知られざる白砂糖の恐怖

ちょっと疲れたときに、チョコレートや飴を口にしたり、コーヒーの砂糖をいつもより多めにして、脳に糖分を補給! なんてことをしいませんか? でもそれ、実は錯覚なんだそう。体の疲れも気分の落ち込みも脳が支配 …