元不登校生が伝えたい…真剣に悩む姿は「病んでいる」なの?

投稿日:2021-01-24 更新日:

元不登校生が伝えたい…真剣に悩む姿は「病んでいる」なの?

いつからでしょうか。
真剣に悩んでいる人に対して爆笑しながら「病んでいるの?」と言えるような風潮になってしまったのは。

私自身の話になり恐縮ですが、かつて不登校を経験しており、それからは、ずっと人よりも悩み、レールから外れてきた人生を送ってきました。

大学時代には通常の生活に戻っていましたが、同世代の友人たちが悩んでいる人に対して「病んでいる」と平気な顔をして笑っている姿をみて、とても違和感を覚えてきました。

たしかに真剣に悩みすぎているのは、病気と関連しているからかもしれません。しかし、医学的判断は素人がすることではなく、ましてや深い事情を知らないまま、安易に他人に対して投げかけてはいけないフレーズだと考えています。

まずはちょっと立ち止まって、日頃の言動を振り返ってみましょう。

病んでいるではなく、悩んでいる

元不登校生が伝えたい…真剣に悩む姿は「病んでいる」なの?

たしかに悩んでいる状態は、言いかえると病んでいる状態なのかもしれません。

心がいつもの状態とは違うため、病んでいるといえば病んでいる状態ですが、それを他人が勝手に判断し、ましてや、軽いノリで発する言葉ではないような気がしています。

悩んでいる姿を病んでいると表現するのは自由ですが、見方を変えれば、心が病んでしまうほど真剣に向き合っているともいえます。現実逃避ばかりしている人が冗談で言うフレーズではない、と考えています。

何を基準に他人を病んでいると判断するのか、それはもちろん人によっても違いますが、一つ言えるのは、何も考えずに「病んでいる」という習慣を捨てる必要はあります。

病んでいると独創性は表裏一体とも思うときがありますし(あくまでも個人的な見解です。)、もしかしたら、本当に目の前の相手は医学的には病んでいる可能性もあります。

もし、あなたの周りに真剣に悩んでいる人がいたら「病んでいる」とは言わずに、彼・彼女の個性を認めてあげてください。異質と思わず、これも一つの個性であり、だからこそ○○ちゃんらしい、○○くんらしいとありのままの姿を受け止めることが大事なのではないでしょうか。

どうしても言葉が見つからなければ、本人が書いたSNSに反応してあげる(ただし、病んでいるのフレーズは使用しない)だけでも、友好な関係を続けられるでしょう。

どうか一人でも多くの人が、自分の中のネガティブな部分を受け止めながら、自分らしく過ごせますように!そして、みんながみんなに優しい社会であり続けますように。


山口 恵理香
中学時代不登校を経験し専修大学法学部に進学後、 webライターとして活動開始。現在は恋愛・ライフスタイルなど 様々なジャンルのコラムを執筆中。

-ライフスタイル
-,

関連記事

【ベビーパウダー】賛否両論あるけど実際はどうなの?

私が子供の頃、あせも対策でベビーパウダーをよく使ってもらっていました。 あのサラサラとした感触が大好きだったなぁと、今でもよく覚えています。 しかし、2歳になる子供のいる友達とベビーパウダーに関する昔 …

本当?ダメ親のほうが子どもを成長させる?

可愛い我が子が生まれ「良い母になろう!」と努力をしてきました。 子どもにとって良い母でありたい。 その思いから子ども達のために日々愛情を注いできました。 私が思う「良い母」像とは 片付け上手 料理上手 …

子どもに無理して理由を聞かない育児

子どもが泣いて、その場から動かなくなりフリーズ・・・。 こういった光景は子育て家族ではあるあるですよね。 子どもに理由を聞いても話してくれない。 そんな時、どうしていますか? 無理やり理由を聞きますか …

子どもの作品,捨てる

子どもの作ったものをすぐ捨ててませんか? 逆断捨離と捨てない勇気が「〇〇感」をサポート!

断捨離が流行っても、子育て世帯はすぐ物で溢れます。子どもが嫌がって捨てられず、こっそり捨てたり(笑)。 しかし、親目線ではつまらないオモチャや壊れかけた制作物でも、「大事にとっておく」という行為が、も …

身近にいない?他人の運気を下げる人に共通している5つのこと

その人と一緒にいると、なぜか楽しいことばかりが起きると感じる人はいませんか?逆にとくに何もしていないのに、その人と会ったあとはグッタリしてしまったり、ときには運気が下がっていることを実感したりと、ネガ …