【全員プレゼント】節約ママの本音レビュー!本当に貰って良かったベビーグッズ!

投稿日:



こんにちは!たんぽぽです。

突然ですが、子育てって思ったより出費がかさみませんか…?

最高の準備をしたい反面、
できるだけ賢くお買い物したい!というのがママの本音ですよね。

そんな時ぜひ活用したいのが「無料プレゼント」。

ママ向けに無料でもらえるプレゼントがたくさんあるのご存じですか?


妊婦さんやママさんが申し込めるキャンペーンって実はとてもたくさんあります。
ありすぎてどれに応募するか迷ってしまいますよね…

そんな人のために!

今回は、ほぼ全部貰った私の
イチオシのプレゼントをご紹介します/

便利グッズをタダでGETしたい方は、ぜひ参考にしてください!

カラダノートさんのバーバパパグッズが優秀すぎ♪


なんとあのバーバパパのグッズが無料!!!デザイン性抜群!!!

正直、無料で貰えるモノって会社ロゴが大きすぎたり、
すごく地味だったり、デザインがイマイチなものが多いんです。

でもこれははっきりした色味で、
うちの娘も興味津々…だいぶお気入りみたいです♫

会社のロゴは入ってるけど、
メインはバーバパパだし気にならない!

エプロンってネットで買うと1000円以上するものも多いですよね…

これが無料なのは本当にお得です!
>>さっそく応募する

▼バーバパパ以外も!全部で4種類から選べる!


私のオススメはバーバパパエプロンですが、
カラダノートさんの無料プレゼントは4種類から選べるんです!

■お食事エプロン


私はこれにしました!
撥水性抜群でこぼしてもサッと拭いてキレイに使える。

■バーバパパおむつポーチ


バーバパパコラボの限定デザイン!
ストラップ付だからひっかければ鞄の中ですぐ見つけやすい。

■オリジナル出生届


ダウンロード式なので、いつでも好きな時に使えるのが嬉しい。

■オリジナルお着替えポーチ


ママの声から生まれたお着替えポーチ!
大容量なのに小さく折りたためて便利。

さらにすごいのが豪華チャンス…

カラダノートのキャンペーンですごいのは、
さらに抽選で毎月100名様にお高いプレゼントもあるということ…

普通に買ったら何万円もするようなものが
無料で貰えるかもって相当すごくないですか!?

>>プレゼント内容をチェック

なんで無料なの?カラダノートって何の会社?

カラダノートさんは、ママ向けのサービスを運営している会社です!

有名なアプリなので、使っていたというママさんも多いのではないでしょうか?

会社としては東証マザーズにも上場しています!

社会的にも信頼のある会社なので、安心して応募できますね。

応募は超簡単!たった1分で完了!

めんどくさい手続きは一切なし!
スマホで簡単に応募できましたよ。

⇒まずはママびよりにアクセス

【STEP1】 プレゼントを選ぶ

【STEP2】 お届け先やお名前などの情報を入力

【STEP3】 アンケートに答えて完了♪

たったこれだけで応募完了です!!

Twitterで検索してみても口コミがたくさん!

抽選当たってる人もいて羨ましいです…!

毎月多くのママが応募する人気キャンペーン!

カラダノートさんのキャンペーンは、
すごく人気で応募が殺到してるみたいなので、

まだの方は急いだ方が良さそうです!

妊婦さんとママさん限定のキャンペーンなので、
チャンスを逃さないように、お気を付けくださいね!

\以下のボタンからとべます/

-ライフスタイル
-

関連記事

夫婦の倦怠期乗り越えときめき

【実録】夫婦の倦怠期を乗り越えた先にまた「ときめき」がある…!?

最近、夫にときめいていますか? 「ときめいているだなんて……。むしろ倦怠期なんだけど……。」と思う人も多いかもしれません。 しかし今、倦怠期を乗り越えて、夫のことをまた好きになる妻たちが増えているよう …

真弓定夫 映画 現在 小児科医

クスリも注射も使わない小児科医・真弓定夫先生から学ぶ !~自然治癒力をあげる子どもの育て方とは?~

菌を殺す抗生物質を、なんでもすぐに処方する医者が多い日本。 そんな中、「医者が病気を治すのではない。自然治癒力を高めるのが医者の役目」という真弓定夫先生のドキュ メンタリー映画「蘇れ生命(いのち)の力 …

1歳でも出来る!最初のお手伝いはこれで決まり!

我が家では、1歳後半からお手伝いをさせています。 小さい頃は、親のやっている事をなんでも真似したがるので、お手伝いでも喜んでやってくれます。 子どものお手伝いは、手間も時間もかかるので、まずは、ちょっ …

【体験談】男の子を成長させる母親の叱り方とは?

子どもは母親が理解できない行動をします。 特に男の子。 我が家には息子と娘が1人ずついますが、息子は「なんでこんなことをするんだろう?」と思わず笑ってしまう行動が多いです。 まず、息子は枝や棒が大好き …

何歳がもっとも危険!?子どもの交通事故死

子どもは小学生になると行動範囲もグッと広がりますよね。 大人が送り迎えをしていた幼稚園・保育園の時とは違い、子どもだけで公園に遊びに行ったり、交差点を渡る機会も増えていきます。 そこでいま一度、考えた …