子どもが「習い事に行きたくない!」と泣く理由はママにあった。

投稿日:

私は、3歳から小学生までの子ども達に、歌・ダンス・表現のレッスンクラスを運営しています。

レッスンには、いろんな子どもが通っています。

楽しそうに通ってくる子ども達がほとんどですが、中には泣きながら、親に引きずられてレッスンに来る子ども達もいます。

つい先日まで笑顔だったのに、今日は泣いてる。

なんて事も良くある光景です。

そんな子ども達には、共通して言える理由があったんです。

泣くには理由がある!

泣くという行為には理由があります。

大人も理由無しに泣いたりしません。それは子どもも同じです。

先日、ある4歳のAちゃんが泣きながらレッスンにやってきました。

いつもは笑顔のAちゃんですが、この日は泣いてばかり。

結局、レッスンの最後まで泣き続けて終わりました。

翌週も、その翌々週も・・・。

お母さんは「幼稚園で疲れたみたい。」と言っていましたが、ちょっとおかしいなと思いAちゃんに理由を聞いてみました。

理由は単純でした。

「お母さんはいつもお仕事でダンスの発表を観に来てくれない。」

ちょうど大きなショッピングモールでダンスを発表する日が近づいていたのです。

Aちゃんのお母さんは仕事が忙しく、いつもダンスの発表を観に来る事が無かったのです。

お母さんが観に来てくれないとわかっているからレッスンをせず、少しでもお母さんと一緒にいたかった。

というのがAちゃんの理由でした。

その後、お母さんにAちゃんの話をするとびっくりした様な顔をしていました。

そして、お母さんはAちゃんと「ダンスの発表は、お仕事をお休みして観に行くからね。」と約束をしました。

すると、翌週から、Aちゃんは泣く事もなく笑顔でレッスンに来たのです。

決めつけず、ちゃんと子どもと向かい合って

Aちゃんだけに関わらず、泣く子には必ず理由があります。

Kちゃんの場合

Kちゃんは、お母さがん三人目を妊娠し、臨月あたり~産後4か月ほどまで、お母さんを求めて泣くという行為が続きました。

Mちゃんの場合

Mちゃんは、お母さんが仕事に復帰し、幼稚園やレッスンの送り迎えがおばあちゃんに変わったあたりから3ヵ月ほど泣いていました。

Sちゃんの場合

Sちゃんは、お母さんの都合で、毎回レッスンに10分ほど遅れて参加します。

小さな子どもにとって、途中参加というのはとても勇気のいる事です。

お母さんに話を聞くと、まだ小さい赤ちゃんがいるので、なかなか定刻通りに家を出るのが難しいそうです。

わかります。

子どもと出かける準備をしていると、何かとハプニングがあったりして予定通りにはいかないものです。
でも、遅れるという理由でSちゃんが泣くのであれば、もう少し余裕を持って準備をする事を心がけてくれました。

それ以降は泣く事がなくなりました。

子どもに泣かれると、親はどうしてもストレスを感じます。

でも、そのストレスの原因はもしかしたら自分にあるかもしれないですね。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

たった「1分」に、言いたいことをまとめる技術

話は短いほうが伝わる! (photo by dronepc55/photoAC) 「話の途中で頭が真っ白になる」「どんな順番で話せばいいかわからない」 このような悩みをもつ、ビジネスパーソンは少なくな …

夫婦共感力カサンドラ症候群

共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?

「どうしてわかってくれないの?」と、夫に叫びたくなった経験はありませんか? 例えば「今日は大変だったの!」と夫に愚痴ろうとしただけなのに、「俺も疲れているよ」などといって、会話を止めてしまう夫。 いや …

ママが言われて傷つく…夫の何気ない一言!5選

私が主宰する子育てイベントで、ママ達と話をしていると「パパに○○と言われ、とても腹が立った!」という事が聞こえてきました。 周辺のママとも話をしてみると、それぞれパパに言われて忘れられない言葉があるよ …

円満夫婦が続くコツ相手の趣味に興味を持つ

【35style編集部一押し】おこもり生活で読みたい書籍5選!

こんにちは!35style編集部です。 緊急事態宣言が解除され、長かったおこもり生活からゆっくりと以前のような生活を取り戻しつつありますが、まだまだ油断はできません。 今後もこれまで同様、基本的に外出 …

【嫁姑問題】姑の自分勝手さ、理不尽さに我慢の限界!!

いつの時代も嫁を悩ます『嫁・姑問題』。 あなたは姑さんとの関係は良好ですか?何か不満があった時、旦那様はあなたの味方をしてフォローしてくれますか? 姉妹サイト「ママニティ」の人気コーナー”おしえて!マ …