5歳まで夜泣きが続いた娘… 原因は寝かしつけのおっぱい?

投稿日:2021-06-12 更新日:


夜泣きって辛い。

私の長女は5歳まで1時間おきの激しい夜泣きが続きました。

毎晩夜になるのが怖く「まとまって寝たい」「ひとりでゆっくり寝たい」と何度願ったか…。

夜泣きも成長のひとつだと自分に言い聞かせてきましたが、5年間の激しい夜泣きがいつ終わるか待ち続けました。

そんな5年間の夜泣き生活で学んだことがあります。

寝かしつけにも工夫が必要

寝かしつけは必ずおっぱい。
夜泣きをした際も、おっぱいでした。これが一番楽なうえに夜泣きしても直ぐに泣き止むので、おっぱいに頼りっぱなしでした。

しかし、長女が5歳になった頃、あまり泣くので「なんで泣くの?」と聞いたことがあります。

すると「目が覚めたらおっぱいが無くなっていて、ママがいなくなったかと思った」という答えが返ってきました。

その話を聞いてからは娘が夜泣き始めるとギュっと抱きしめてあげるようにしました。

すると、娘は胸の顔をうずめるようにして眠り始めました。

その後は、寝かしけも、おっぱいではなく、抱きしめて、今日あった出来事などのお話をして眠りにつくようにしました。

娘の夜泣きはなくなっていきました。
そして気づきました。

自分が楽だったからおっぱいで寝かしつけをしていましたが、もっと違う寝かしつけをしていれば良かったなと。

寝かしつけに絵本の読み聞かせ


今日の出来事のお話し。
寝かしつけの音楽を聴く。毎日の寝かしつけはコレだと決めていれば、子ども達の脳は「これが終わったら眠るんだ」と自然と眠りに入れるようになるようです。

それでも夜泣きをしてしまう場合は思い切って起こしてしまう、という手段も効果がありました。

睡眠から覚めると、子ども達は冷静になり泣き止む場合がありました。

赤ちゃんは泣くものです。
でも辛い思いは可能な限り避けたい。

夜泣きが良い思い出になるように、色々と策を講じてみたいものですね。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

イライラした時は要注意!子どもをダメにしてしまう親の言葉Best3

毎日の子育ては楽しいし、元気を貰えるし、癒されますよね。 でもその思いとは裏腹に、忙しい時や疲れている時にはついイライラして子どもに当たってしまうこともあります。 そんな時につい言ってしまう「ひとこと …

キッチンドリンカー専業主婦

ごく普通の主婦が危ない!依存症の一種・キッチンドリンカーとは?

節度を守って楽しめば、飲酒はストレス解消法の一つになります。しかし近年では、ごく普通の主婦がアルコール依存症ひとつである「キッチンドリンカー」になるケースが増えているようです。 主婦は気軽に外出先でお …

【今日からパパに実践!】褒め上手は家庭・夫婦円満を導く

日本人は積極的に人を褒めることが少ないですよね。それが身内ともなるともっと少ないと思います。 どちらかというと、謙虚に「いえ。うちの主人は全然です。」という人が多いですよね。 そのような謙虚なスタイル …

【1分で簡単チェック!】倦怠感や体の不調…それは仮面うつ病かも!?

厚生労働省が実施している患者調査によると、平成23年の鬱病患者数は約70万人、患者数は年々増加傾向にあります。 また、鬱病の一歩手前の状態のことを「仮面うつ病」と呼ぶことがあり、心が不安定になり、頭痛 …

厄年結婚プロポーズ幸せ大丈夫ポイント

夫婦の関係が良好に!?秘訣はかわいいアノの写真

パートナーとつまらないケンカが多かったり、倦怠期を迎えたり、もうちょっと関係をよくしたいな…と思っているのに、なかなかうまくいかない、という方も多いのではないでしょうか。 確かに、人と人の …