5歳まで夜泣きが続いた娘… 原因は寝かしつけのおっぱい?

投稿日:2021-06-12 更新日:


夜泣きって辛い。

私の長女は5歳まで1時間おきの激しい夜泣きが続きました。

毎晩夜になるのが怖く「まとまって寝たい」「ひとりでゆっくり寝たい」と何度願ったか…。

夜泣きも成長のひとつだと自分に言い聞かせてきましたが、5年間の激しい夜泣きがいつ終わるか待ち続けました。

そんな5年間の夜泣き生活で学んだことがあります。

寝かしつけにも工夫が必要

寝かしつけは必ずおっぱい。
夜泣きをした際も、おっぱいでした。これが一番楽なうえに夜泣きしても直ぐに泣き止むので、おっぱいに頼りっぱなしでした。

しかし、長女が5歳になった頃、あまり泣くので「なんで泣くの?」と聞いたことがあります。

すると「目が覚めたらおっぱいが無くなっていて、ママがいなくなったかと思った」という答えが返ってきました。

その話を聞いてからは娘が夜泣き始めるとギュっと抱きしめてあげるようにしました。

すると、娘は胸の顔をうずめるようにして眠り始めました。

その後は、寝かしけも、おっぱいではなく、抱きしめて、今日あった出来事などのお話をして眠りにつくようにしました。

娘の夜泣きはなくなっていきました。
そして気づきました。

自分が楽だったからおっぱいで寝かしつけをしていましたが、もっと違う寝かしつけをしていれば良かったなと。

寝かしつけに絵本の読み聞かせ


今日の出来事のお話し。
寝かしつけの音楽を聴く。毎日の寝かしつけはコレだと決めていれば、子ども達の脳は「これが終わったら眠るんだ」と自然と眠りに入れるようになるようです。

それでも夜泣きをしてしまう場合は思い切って起こしてしまう、という手段も効果がありました。

睡眠から覚めると、子ども達は冷静になり泣き止む場合がありました。

赤ちゃんは泣くものです。
でも辛い思いは可能な限り避けたい。

夜泣きが良い思い出になるように、色々と策を講じてみたいものですね。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

苦手なママも出来る!これだけで可愛いお弁当が完成!

私の記憶の中では、キャラ弁は2007年から始まり、2014年くらいからお弁当の新しいジャンルとして確立してきたように思えます。 ※あくまで個人の見解です。 幼稚園の遠足では、どの子どももキャラ弁のよう …

離婚の原因になることも…妊活クライシスの原因&夫婦で考えるべき対策ポイント

妊活をきっかけに夫婦仲に亀裂が入ってしまうことを、妊活クライシスと言います。 妊娠や出産、子どもを作ることを望む夫婦は多くいますが、それが夫婦仲を悪くしてしまうことがあるなんて……。 これから結婚して …

最強 紫外線 対策

肌への影響だけじゃない!?侮れない紫外線!UVケア対策2019

春が近づくと日中の日差しの暖かさを感じるようになりますよね。 日にあたる時間が長くなると気になるのが「紫外線」。 みなさん紫外線対策はいつから始めますか? 株式会社NEXERとホワイトビューティー株式 …

月満ち欠けアロマ

月の満ち欠けリズムに合わせたメンタルケアとアロマの選び方

毎晩見ている月は、太陽との位置関係によって姿を変え、約1ヶ月の周期で満ち欠けを行います。月の形にはそれぞれ呼び名がついていますが、その中でも満月→下弦の月→新月の3つのサイクルを活用して心身のバランス …

人の話が聞けない子どもの原因はテレビやyoutube!?

「なぜ人の話が聞けないの?」 「話を聞いているようで、全然聞いていない。」 自分の子どもに対して、こんな風に思ったことありませんか? もしかしたら子どもは話を「聞いていない」ではなく「聞けない」のかも …