ヒーローごっこは子どもをダメにする?

投稿日:


特に男の子がはまってしまう「ヒーローごっこ」。これに頭を悩ませる親も多いのではないでしょうか。
うちの長男は、とても元気な男の子で、何よりヒーローに強い憧れを持っていました。もちろん、幼稚園などでもヒーローごっこをお友達と一緒にやっていました。

さて、ヒーローごっこは子どもにどんな影響を与えるのでしょうか。

ヒーローごっこは野蛮?乱暴?

とある講演で、「ヒーローごっこを子どもにさせてはいけない」を聞きました。

「野蛮で、乱暴で、子どもが善と悪に分かれるのはおかしい。」という理由でした。(※あくまでも、その方の考えです。)

本当にヒーローごっこは、野蛮で乱暴な遊びなのでしょうか?

私はヒーローごっこには、子どもを大きく成長させるものがあると考えています。

自分が子どもだった時のことを思い出してみて下さい。

子どもの頃は、常に本気です。先生が「オバケだぞー」と言うと、子どもは本気で怖がります。泣いてしまう子さえもいます。それと同じように、子どもは常に本気でヒーローになります。

そのお友達をやっつけているのではなく、「悪をやっつけている」のです。この世を悪から守るために、彼らは戦っているのです。だから、本気で追いかけ、ヤーと剣を振りかざす事もあるんです。

この時期の子ども達の素晴らしい特性「現実と空想をごちゃ混ぜにしながら、自分はヒーローになりきる」事が出来るのです。

そして、ヒーローごっこを通じて、子ども達は大切な事を獲得しています。それは「力加減」です。本気になり過ぎて、ついついお友達に強くしてしまった。

という事は多々あります。もちろん、自分が同じようにされる事もあります。そうする事で、子ども達は「力加減」を学んでいきます。そして、やられた側の気持ちを感じる事が出来ます。

私は、これはとても必要な成長過程だと思っています。力加減がわからないまま成長していくと、思春期以降、人の痛みがわからないという事もあるかもしれません。

何よりヒーローは子ども達に「善と悪」「勇気」「友情」「思いやり」など、色々な事を教えてくれます。自分たちが普段体験できない事を、物語で体験させてくれているのです。

親として気を付ける事


私が常に気を付けていたのは、「巻き込まれているお友達がいる」かもしれないという事です。
つまり「ヒーローに興味がないのに、やらされている」という子がいるんです。たいがい、その子達は「悪者」として巻き込まれている事が多いように感じます。

きっとその親は「うちの子が巻き込まれている。困った。」と頭を悩ませている事でしょう。

まずは保育園や幼稚園の場合は、先生から日頃の様子を良く聞いてみましょう。

もし、巻き込まれているお友達がいるようでしたら、送り迎えや参観日などで顔を合わせた際に、一言声を掛けて、親同士のコミュニケーションでカバーできるようにしておくといいですね。

※あくまでも我が家の考え方ですので、参考程度に読んで頂けると嬉しいです。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

「テキトー母さん」になれば、親も子どももニコニコ!?

こんな子育てしていませんか?(『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』より) 2014年12月に発売した『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』は、発売以来増刷をかさね、 …

産後お悩み解決会話

【実態調査】子どもの発育や発達で気になることはありますか?

最近TVやネットでも取り上げられることが多くなった「発達障害」について。 日本の行政上では、発達障害者支援法が定める 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(A …

自信喪失ヤル気ゼロ改善風水カーテン朝日

8割のママが悩んでいる!?美容クライシスとは

みなさんは、美容クライシスという言葉をご存知ですか? 妊娠・出産を機に直面する美容面でのリスクの事で、妊娠中のホルモンバランスの影響や産後の肌質の変化で美容面の悩みが増えるようです。 特に産後は赤ちゃ …

もっと聞きたいのに…を解消!お医者さんと上手にコミュニケーションをとるコツ

もっと聞きたいのに…を解消!お医者さんと上手にコミュニケーションをとるコツ

熱が出たり、どこか痛くなったり。 ストレスや疲れが溜まると私達の身体は「もう無理!」とサインを出します。 そこで頼りになるのが、お医者さん。 患者の病状を的確に診断し、必要な処置をしてくれるお医者さん …

いじめたといじめられた子どもに共通してるのは、〇〇感

いじめた子といじめられた子、「どっちが悪い?」と、子ども達に意見を聞くと、いじめる方が悪いという子がほとんどですが、いじめられる子も悪いという子もいます。 そもそも、どうしていじめは起きてしまうのか。 …