あの名作絵本に隠されていた子育てのメッセージ

投稿日:2021-04-24 更新日:


あくまでも私の解釈ですが、これを発見した時、ますますこの絵本が好きになりました。

そうです。

絵本「はらぺこあおむし」に子育てのヒントを発見したのです。

子ども達を見守る存在

はらぺこあおむしは「月」に見守られながら生まれてきました。

新しい命を優しく包み込むような柔らかい光で、はらぺこあおむしを見守ります。

誕生後、はらぺこあおむしが食べ物を探しに探検に出るようになった時に見守っているのは「太陽」です。

力強い光で、はらぺこあおむしを見守ります。

この「月」と「太陽」、人間でいうところの「親」を表していると解釈できるのではないでしょうか。

「月」や「太陽」のように、時に優しく、時に力強く。

子どもの成長には親の存在が欠かせないと感じたのです。

経験は子どもの個性となる


「はらぺこあおむし」を持ってる方はじっくりと見てみて下さい。

最後、綺麗な蝶に変身したあおむしの色は、それまでに食べてきた食べ物の色で構成されています。

これは、あおむしの経験したことがすべてが成虫となった時の個性に繋がっていると解釈できるのではないでしょうか。

そう考えると、子ども達には

  • 自然
  • 美味しい食べ物
  • 感情(楽しい、怖い、悔しい、嬉しい)

など、色々なことをたくさん経験させてあげたいです。

「はらぺこあおむし」は我が子も大好き。
小さいな頃から何度読み聞かせたことか…。

シンプルな構成であり、色も綺麗。

あおむしが食べる食べ物には穴が開いています。

そんな遊び心が詰まっているため0歳児でも楽しめ、昔から多くの人に愛されています。

今回は「はらぺこあおむし」から気付いたことを書かせて頂きましたが、他の絵本にも子育てのヒントが隠されているかもしれません。

そんなことを考えながら絵本を読み聞かせるのもアリではないでしょうか!

書籍:はらぺこあおむし 日本語版 エリック=カール (著), もり ひさし (翻訳)


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

夫のことは好きだけど姑は好きになれない?【絶対に忘れない】姑の言葉

自分が選んだ人の母親だから…と思いつつも多くの妻たちは、新婚当時、姑からの言葉に傷ついたりイラッとしたりした経験があるようです。 「あのときいわれたあの言葉は、許すまじ……!」 今回は姑に言われた忘れ …

流産死産体験談

つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。 日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりま …

寝不足ママのために、短時間でも睡眠の質を上げる方法

あなたは十分な睡眠時間を確保できていますか?翌朝スッキリ目覚めていますか? 子育て中の家庭は、赤ちゃんの夜泣きや授乳でまとまった睡眠時間が確保できない、なんてこともありますよね。 睡眠時間が不足すると …

次こそは高額当せん! 宝くじが当たる人の法則

「もしも宝くじで1億円当たったら?」と、誰もが一度は想像(もしくは妄想)をしたことがあるのではないでしょうか。 買いさえすれば、どんな人にも平等に夢を見させてくれる宝くじ。 ですが、高額当せんという現 …

【キレる子ども】生活の乱れが原因だった!?

子どもが成長を重ねるたびに可愛さが増していきます。 その反面「いつの間にこんな口答えできるようになったんだろう」と思ってしまいます(笑) 反抗期はいつか来る。 しかし「キレやすい子ども」に育たないよう …