あの名作絵本に隠されていた子育てのメッセージ

投稿日:2021-04-24 更新日:


あくまでも私の解釈ですが、これを発見した時、ますますこの絵本が好きになりました。

そうです。

絵本「はらぺこあおむし」に子育てのヒントを発見したのです。

子ども達を見守る存在

はらぺこあおむしは「月」に見守られながら生まれてきました。

新しい命を優しく包み込むような柔らかい光で、はらぺこあおむしを見守ります。

誕生後、はらぺこあおむしが食べ物を探しに探検に出るようになった時に見守っているのは「太陽」です。

力強い光で、はらぺこあおむしを見守ります。

この「月」と「太陽」、人間でいうところの「親」を表していると解釈できるのではないでしょうか。

「月」や「太陽」のように、時に優しく、時に力強く。

子どもの成長には親の存在が欠かせないと感じたのです。

経験は子どもの個性となる


「はらぺこあおむし」を持ってる方はじっくりと見てみて下さい。

最後、綺麗な蝶に変身したあおむしの色は、それまでに食べてきた食べ物の色で構成されています。

これは、あおむしの経験したことがすべてが成虫となった時の個性に繋がっていると解釈できるのではないでしょうか。

そう考えると、子ども達には

  • 自然
  • 美味しい食べ物
  • 感情(楽しい、怖い、悔しい、嬉しい)

など、色々なことをたくさん経験させてあげたいです。

「はらぺこあおむし」は我が子も大好き。
小さいな頃から何度読み聞かせたことか…。

シンプルな構成であり、色も綺麗。

あおむしが食べる食べ物には穴が開いています。

そんな遊び心が詰まっているため0歳児でも楽しめ、昔から多くの人に愛されています。

今回は「はらぺこあおむし」から気付いたことを書かせて頂きましたが、他の絵本にも子育てのヒントが隠されているかもしれません。

そんなことを考えながら絵本を読み聞かせるのもアリではないでしょうか!

書籍:はらぺこあおむし 日本語版 エリック=カール (著), もり ひさし (翻訳)


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

もっと普通に!血のつながり以外の選択「養子縁組」について

なかなか結果のでない不妊治療に苦しんでいる方や、血のつながりはなくても子供を育ててみたい方。 もうひとつの選択肢「養子縁組」について考えてみたことはありますか? 実子以外は絶対考えられないと思っている …

【嫁姑問題】姑の自分勝手さ、理不尽さに我慢の限界!!

いつの時代も嫁を悩ます『嫁・姑問題』。 あなたは姑さんとの関係は良好ですか?何か不満があった時、旦那様はあなたの味方をしてフォローしてくれますか? 姉妹サイト「ママニティ」の人気コーナー”おしえて!マ …

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本

子どもが生まれて半年くらい経った時の話です。 知人と会話中「産後、体力も落ちるし、なんだか疲れが溜まっている」と、私が話をした時、その場にいた知人が言いました。 え?なんで疲れるの?毎日、昼間は子ども …

不倫の泥沼

「私は大丈夫」が危険!? あなたも陥る可能性がある“不倫の沼”

不倫をテーマにしたドラマがヒットしたり、思いがけない芸能人が不倫スキャンダルを起こしたり……。 テレビを見ながら、あなたは「また不倫? どうしてみんな不倫なんてするの?」とつぶやいたり、「私は、不倫な …

倦怠期を乗り越える方法

夫婦に訪れる倦怠期を乗り越える方法~ずっとラブラブではいられない?

恋人時代は、ドキドキが楽しくてたまらなかった。 新婚時代は、家族になれた喜びでテンションMAX! これ以上の幸せはないと思えるほどだった。 結婚生活にも慣れ、夫婦として落ち着き始めた頃、はたと思ってし …