【第5回】コロナ離婚も多いけど、もしパートナーがいなかったら…

投稿日:2020-05-16 更新日:

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。
ステップファミリー再婚離婚経験結婚相談所世田谷

新型コロナのニュースで一色になり、テレビを付けると不安になる、ひとりで家にいることが不安になるという状況になっている今。

こんな時、ぐっと結婚相談所へのご入会が増えたり、ご相談も増えたりしています。

しかし、一方では「コロナ離婚」も増えているようですね。

コロナ離婚の一方で家族をつくりたい方も増加中!?

コロナ離婚
在宅になって旦那さんが毎日家にいて息が詰まる、大きな子ども増えて家事が増えて迷惑…など、なるほどな~と思いながら考えています。

我が家も旦那さんは週の半分くらい在宅です。
私はカフェの営業日数や時間を少なくして、最低限での営業。

もちろん中学生の息子も毎日家にいるし、週末もみんな家にいるので、わりと家族全員揃っている時間が多いです。

喧嘩が増えるとか、イライラが増えるとか、お昼も作らないといけなくて大変、というお母さん達の意見もものすごくわかかります。

でも、こんな不安な状況が続く中で、もし旦那さんがいなかったら?

と考え方を変えると、家事が増えたり喧嘩が増えても、やっぱり傍にいてくれて良かったと思います。

わたしは超心配性な性格なのですが、旦那さんはかなりマイペース。

基本的な性格の違いでたまに喧嘩になってしまうのだけど、そのどっしりが傍にいてくれるから私も安心できているんだと思っています。

ニュースをみながら「怖いね~」「いやだね~」「どうなるんだろうね~」と会話をする相手がいるだけで世の中は変わらなくとも自分の心は少し軽くなる。

ありがたい存在だなと思います。

不安な時に一緒に居たいのに、バラバラで過ごすしかないご家族も沢山います。

自分がどれだけ恵まれているか、そう考えるとハッと我に返り、幸せ再確認のタイミングになります。

今までなんでも買えて、いつでも気軽に旅行に行けて、自分の時間を自由に使うことができて、「独身最高~!」と思っていた方達が、この状況で一度立ち止まり、家族を持つことについて少し考えるきっかけにもなるのかもしれません。

震災の後にも婚活はものすごく需要が高まったそうです。今回も似たような動きになっているように思います。

少しでも何か考えるところ、気になることがあったら是非ご相談ください。オンライン相談会も実施中です。

微力ながらいろんなアドバイスができるので、この状況が落ち着いたら是非一度カフェに遊びに来てくださいね♪

-ライフスタイル, 仕事, 恋愛
-, ,

この記事を書いたライター
戸村真琴
プロの歌手を目指して20歳で上京。夢破れ24歳で結婚し母になり、結婚の良さや家族のカタチもわからないままに28歳で離婚。シングルマザーに。

結婚って本当に最高!と心から思えたのは、今のパートナーに出会い子連れで結婚をして新しい家族になった瞬間。

血の繋がらないステップファミリーという家族のカタチ。

普通の結婚も普通じゃない結婚も、どちらも経験したからこそお伝えできる家族の豊かさやあたたかさがわたしにはあります。

世田谷でカフェも経営しています。
美味しいコーヒー を淹れますのでまずは気軽に会いに来てください。

関連記事

無意識にやってしまっている?子どもを追い詰めるダブルバインドとは?

恋愛やビジネスでの交渉術、催眠療法にも用いられる「ダブルバインド」とは、「二重に拘束する」という意味です。 簡単に言うと「矛盾したメッセージで相手を縛る」ことですが、子育てに当てはめてみるとどういうこ …

Q,アイシャドウはブラウン以外、冒険できない!

アラサー、アラフォー、アラフィフのみなさんは何色のアイシャドウを使っていますか? シーズンごとにたくさんのカラーのアイシャドウが販売されているのに、”いつもブラウンばかりを選んでしまう…” …

いじめたといじめられた子どもに共通してるのは、〇〇感

いじめた子といじめられた子、「どっちが悪い?」と、子ども達に意見を聞くと、いじめる方が悪いという子がほとんどですが、いじめられる子も悪いという子もいます。 そもそも、どうしていじめは起きてしまうのか。 …

「ママを取られた!弟・妹ばかりズルイ!」複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

「いつも弟の味方ばかりする!」 「妹にばかり甘い!」 弟や妹をもつ兄・姉なら1度は抱いたことのある感情ではないでしょうか。 一方、ママにしてみると「兄弟・姉妹は平等に接しているのに」と、嫉妬の炎に燃え …

熟年離婚なんて怖くない! 年齢を重ねても長く夫に愛される妻になる5つの方法

結婚してしばらく経つと、夫との間にドキドキを感じることって減っていきますよね? 「女として見られなくなってきた?」なんて不安になることもあるかもしれません。 年を重ねれば、「若くないし」「しわも増えて …