【キレる子ども】生活の乱れが原因だった!?

投稿日:2021-02-18 更新日:

【キレる子ども】生活の乱れが原因だった
子どもが成長を重ねるたびに可愛さが増していきます。

その反面「いつの間にこんな口答えできるようになったんだろう」と思ってしまいます(笑)

反抗期はいつか来る。

しかし「キレやすい子ども」に育たないように注意したいものです。

実は、キレやすい子どもの背景に毎日の生活が関係していると言われています。

皆さんはご存知ですか?

【キレやすい子ども】子育てのキーワードにヒントが…

【キレる子ども】生活の乱れが原因だった

子育てするキーワードとして『早寝・早起き・朝ごはん』と推奨されています。

推奨されるには理由があるんです。

人間はそもそも昼行性の生き物です。

主に朝から昼にかけて活動し、夜には体を休めるというのが本来の生活リズムとなっています。

これをと守ることによって体や心を最大限に発達出来るようになっているのです。

本来の生活リズムが狂うと…3つの「キレる子どもをつくる」状態が揃ってしまいます。

1:セロトニン不足

朝日には「セロトニン」という心を穏やかに保つ神経伝達物質の活動を高める働きがあります。

しかし、夜更かしをすればその分だけセロトニンを浴びる時間が減り、結果として攻撃的な衝動を抑えられなくなるのです。

2:成長ホルモン不足

子どもに必要不可欠な「成長ホルモン」は夜、寝ている時に盛んに分泌されています。

この成長ホルモン、その日<最初に深い睡眠に入った時に一番作られるのです。 その時間は夜中の12時~翌2時頃と言われています。 つまり、このタイミングで深い睡眠に入っていないと成長ホルモンの分泌が不十分になるのです。

3:体温リズムの崩壊

生活リズムが崩れると体温のリズムも崩れます。

すると、午前中にボーっとしたり疲れやすかったりという悪影響が出てきます。

体を動かすことはストレス発散に効果的なのですが、体温リズムが崩れている状態では運動量が減ってしまいます。

遊ぶ時間の減少がストレスの過剰蓄積を生み、はけ口を求めて乱暴な行動へと繋がるのです。

子育てと生活リズムとは、これほど深い関係があったのです。
【キレる子ども】生活の乱れが原因だった
我が家では子ども部屋のカーテンを遮光性ではないものに変えて朝日を感じやすくしたところ、自然と子どもが早寝早起きになりました。

また、子どもの心がトゲトゲしている雰囲気を感じることも少なくなったように思います。

子どもの心を安らかにする方法としての早起き習慣、オススメです。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

【感動】バス車内で泣きやまない赤ちゃん。運転手の心温まるアナウンスが話題に

バスや電車の中で突然赤ちゃんが泣きだす光景は誰でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 あの手この手で何とか赤ちゃんをなだめようとしてもまったく泣きやまずに、気まずくなって結局途中下車してし …

ヘルプマーク発達障害自閉症

自閉症、発達障害、知的障害…見た目では分からない障害に周囲の理解や配慮を願うマークとは?

見た目は健康に見えても、外見では分かりづらい疾患や障害を抱えている人は多くいます。 私の子どもたちも慢性疾患があり、状態が悪い時は周囲の理解や助けが必要ですが、見た目からでは全くわかりません。 大声で …

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

お手伝いは、親子が触れ合いながら生活スキルが身につき、自信もつく等、たくさんメリットがありますよね。 母学アカデミー学長・河村京子さんの著書には、「お手伝いには、段取り力や自分の能力の使い方についてな …

梅雨の時期のダルさを吹き飛ばせ!今から家でできるお手軽エクササイズ♪

梅雨の時期のダルさを吹き飛ばせ!今から家でできるお手軽ダイエット3選♪

梅雨の時期になり、すっきりしないお天気の日が多くなりましたね。 そしてこの時期、空模様と同じくらいすっきりしないのが、体調ですよね。偏頭痛もさることながら、体が重かったり、眠くてぼんやりしたり、やる気 …

子どもの入園入学で時間ができたから何か始めたいは注意!ママの危険な自己啓発とは?

子どもにとって入園・入学が転機であるように、子育てママの転機でもあります。 しかし、その転機がマイナスとなってしまう方も少なくはありません。 では、プラスとなったママとマイナスとなったママの違いは何な …