【キレる子ども】生活の乱れが原因だった!?

投稿日:2021-02-18 更新日:

【キレる子ども】生活の乱れが原因だった
子どもが成長を重ねるたびに可愛さが増していきます。

その反面「いつの間にこんな口答えできるようになったんだろう」と思ってしまいます(笑)

反抗期はいつか来る。

しかし「キレやすい子ども」に育たないように注意したいものです。

実は、キレやすい子どもの背景に毎日の生活が関係していると言われています。

皆さんはご存知ですか?

【キレやすい子ども】子育てのキーワードにヒントが…

【キレる子ども】生活の乱れが原因だった

子育てするキーワードとして『早寝・早起き・朝ごはん』と推奨されています。

推奨されるには理由があるんです。

人間はそもそも昼行性の生き物です。

主に朝から昼にかけて活動し、夜には体を休めるというのが本来の生活リズムとなっています。

これをと守ることによって体や心を最大限に発達出来るようになっているのです。

本来の生活リズムが狂うと…3つの「キレる子どもをつくる」状態が揃ってしまいます。

1:セロトニン不足

朝日には「セロトニン」という心を穏やかに保つ神経伝達物質の活動を高める働きがあります。

しかし、夜更かしをすればその分だけセロトニンを浴びる時間が減り、結果として攻撃的な衝動を抑えられなくなるのです。

2:成長ホルモン不足

子どもに必要不可欠な「成長ホルモン」は夜、寝ている時に盛んに分泌されています。

この成長ホルモン、その日<最初に深い睡眠に入った時に一番作られるのです。 その時間は夜中の12時~翌2時頃と言われています。 つまり、このタイミングで深い睡眠に入っていないと成長ホルモンの分泌が不十分になるのです。

3:体温リズムの崩壊

生活リズムが崩れると体温のリズムも崩れます。

すると、午前中にボーっとしたり疲れやすかったりという悪影響が出てきます。

体を動かすことはストレス発散に効果的なのですが、体温リズムが崩れている状態では運動量が減ってしまいます。

遊ぶ時間の減少がストレスの過剰蓄積を生み、はけ口を求めて乱暴な行動へと繋がるのです。

子育てと生活リズムとは、これほど深い関係があったのです。
【キレる子ども】生活の乱れが原因だった
我が家では子ども部屋のカーテンを遮光性ではないものに変えて朝日を感じやすくしたところ、自然と子どもが早寝早起きになりました。

また、子どもの心がトゲトゲしている雰囲気を感じることも少なくなったように思います。

子どもの心を安らかにする方法としての早起き習慣、オススメです。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

日曜夕方からブルー。子どもが「サザエさん症候群」になってしまったら

日曜夕方からブルー。子どもが「サザエさん症候群」になってしまったら

休日の終わりが刻々と近づく日曜夕方。 「やったあ!月曜日ワクワクするなー!」という方はいますか? 大抵は「あーまた月曜日が始まる…仕事かぁ」と憂鬱になる人が多く、筆者の元同僚は日曜の昼から気持ちが沈ん …

賞味期限を守らないと危険な食べ物

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

遠足、行楽シーズン、運動会… 「お弁当」が必要なイベント行事が多いですよね。 子どもにとって母の手作り弁当はいつまでも記憶に残るもの。 親としてもできるだけの愛情をこめて作ってあげたいというのが心情な …

離婚の原因になることも…妊活クライシスの原因&夫婦で考えるべき対策ポイント

妊活をきっかけに夫婦仲に亀裂が入ってしまうことを、妊活クライシスと言います。 妊娠や出産、子どもを作ることを望む夫婦は多くいますが、それが夫婦仲を悪くしてしまうことがあるなんて……。 これから結婚して …

春野菜特徴

今が旬♪ 春野菜のデトックス効果がすっごい!

“春眠暁を覚えず”といいますが、季節の変わり目に体がついていかない……なんてことありませんか? この時期は何かと慌ただしいせいなのか、どうもノリがいまいちだったりします……。 春にボーっとするのは、季 …

離婚カウントダウン崩壊寸前の夫婦の兆候

離婚までのカウントダウン【崩壊寸前の夫婦】離婚の兆候とは?

離婚をしたカップルに対して「やっぱり」と感じることってありませんか? 自分ではない、ほかの夫婦の離婚はそうやって予測ができるのに、なぜか自分のこととなると、その兆候を見落としがち……なんてことは珍しく …