子どもに無理して理由を聞かない育児

投稿日:


子どもが泣いて、その場から動かなくなりフリーズ・・・。

こういった光景は子育て家族ではあるあるですよね。

子どもに理由を聞いても話してくれない。

そんな時、どうしていますか?

無理やり理由を聞きますか?
理由を聞かずに強制的に連れて行きますか?

話さなくても理由はわかる!

子どもがフリーズした時、親はなんとなく嫌な理由を想像します。

「帰りたくないの?」
「これが嫌いなの?」
「お腹痛いの?」

でも、子どもは答えてくれない。

そんな時、簡単に子どもの意志を聞く方法があるんです。

我が子のフリーズも、この方法で何度も解決しました。

「何も話したくないなら話さなくていいよ。今からのママが言う事を聞いてね。」
「ジャジャン!第一問です!帰りたくなくて泣いている人、手をあげて!」

あくまでも、遊びのようにクイズ形式な問い方をします。

すると、子どもの気分が少し変わってくれるのではないかと思っています。

「ジャジャン!第二問です!○○ちゃんともっと遊びたくて泣いてる人、手をあげて!」

この方法だと、結構な割合で手をあげてくれるんです。

しかし、何問か続けても反応がない場合、一番怪しいと思う理由を、もう一度繰り返します。

すると、手をあげてくれる場合が多いです。

さらに、こちらが質問した内容に理由が該当しない場合はしびれを切らすか、子どもの方から話してくれたりするんです。

理由がわかればこっちのものです。

「そうか。もっと遊びたいのね。でもね、晩御飯の準備をしないといけない時間になったの。だから、また今度遊ぼうね。」と話をすると、子どもも納得してその場から動いてくれたりします。

嫌がる理由がわかると、ママの気持ちにも余裕が生まれてきますよね。

いつかは自分から話してくれる。

フリーズしてしまう時期は、自我が発達している証拠だと思います。

また、自分の気持ちのモヤモヤをうまく言葉に出来ない事も理由のひとつだと考えられます。

だからこそ、ママが気持ちを代弁する。

さらに、代弁するだけでなく、少しでも子どもが意志を出す。

この切り返しで、いつか自分からうまく理由を話してくれると信じています。

このクイズ形式の「無理して理由を聞かない育児」おすすめです。

ママの気持ちも楽になると思います。


まゆみ

二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
子育て応援「ZEROSAI」

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

子育て中のママに聞いた!イヤイヤ期の乗り越え術10選

2歳頃に突如としてやってくるイヤイヤ期。 今となれば笑顔で話ができる思い出ですが、その当時の私はイライラが爆発しそうなこともありました。 「やろう!」と言えば「やらない!」と言い、「じゃあ、やらない! …

ヤバい!住むだけでストレスが倍増する家の特徴3つとは?

毎日頑張る女性にとって、ホッと一息つくことができる場所といえば自宅です。 しかし…… 自宅にいても何だか落ち着かない そう思うなら要注意! 実はその家、自然とストレスが倍増する状況になっているのかもし …

倦怠期を乗り越える方法

夫婦に訪れる倦怠期を乗り越える方法~ずっとラブラブではいられない?

恋人時代は、ドキドキが楽しくてたまらなかった。 新婚時代は、家族になれた喜びでテンションMAX! これ以上の幸せはないと思えるほどだった。 結婚生活にも慣れ、夫婦として落ち着き始めた頃、はたと思ってし …

学童に入れない!共働き家庭の対策術とは?

皆さんは、親が就労等で自宅を留守にしている時、小学生の子どもが放課後に利用できる「放課後児童クラブ」というものをご存知でしょうか? 放課後児童クラブ、別の言い方をするなら「学童保育」です。 この放課後 …

ボクたちのドラマシリーズ

あのドラマを覚えてる?90年代懐かしの「ボクたちのドラマシリーズ」

90年代前半に、ティーンズ向けに作られたフジテレビの「ボクたちのドラマシリーズ」 「放課後」、「時をかける少女」など数々の名作ドラマを生み出しました。 内田有紀をはじめ、ヒロインには当時売り出し中の若 …