忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

投稿日:2018-09-24 更新日:

忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

「仕事と家事に時間を取られて子どもに関わる時間が少ない。」
「子どもに寂しい思いをさせてしまっている。」

子育てしながら働くママであれば、誰もが一度は思うことではないでしょうか。

  • 家族が一番。
  • 子どもが大切。
  • と頭の中ではわかっていても、仕事を持つ社会人としての責任もある。

    育児に使える時間の少なさに悩むママもいることでしょう。

    でも、大丈夫!

    「3分」子ども達の心が大きく変わります。

    今日は忙しいママだからこそ出来る3分間育児について紹介したいと思います。

    【忙しいワーママにおすすめ】「3分間育児」とは?

    【忙しいワーママにおすすめ】「3分間育児」とは?

    文字通り「3分間でできる育児」です。

    「3分で何が出来るの?」
    と思うかもしれません。

    しかし、「3分」という短い時間でも、工夫をすることで子どもと濃いコミュニケーションをとることができるのです。

    【3分育児】絵本を1冊だけ読んでみる。

    【忙しいワーママにおすすめ】「3分間育児」とは?

    例えば読み聞かせ。
    絵本を毎日何冊も読むとなると、ただでさえクタクタなお母さんも疲れ果ててしまいます。
    でも”今日の特別な一冊”を子どもに決めさせて、そのスペシャルな一冊だけを読む。

    子どもはその特別な一冊を選ぶという”ワクワク感”が生まれます。
    お母さんとの絵本の時間をとても楽しい記憶として残ると思います。

    【3分育児】自転車の練習を3分間だけやってみる。

    【3分育児】自転車の練習を3分間だけやってみる。
    また、ちょっと大変だけど自転車。
    毎日3分の練習をすれば、いつか乗れる日がきます。

    「一緒に自転車の練習をしてくれた!」
    「ママは忙しくても応援してくれた!」
    「自分はママに愛されている!」

    毎日3分の自転車練習は子どもの中で鮮やかな記憶として刻まれます。

    そして、子どもに自己肯定感が芽生えます。

    子どもの自尊心を満たすことが大切

    3分あれば、

  • 子どもに語りかけることができます。
  • 子どもと遊ぶことができます。
  • 子どもを抱きしめることができます。
  • 育児で大切なことの1つは、子どもの自尊心を満たすことです。

    毎日忙しいママ。

    限られた時間で子どもに対してプラスとなる育児ができるか。

    密度の濃い育児も1つの方法かもしれません。


    まゆみ
    二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
    長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
    その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
    子育て応援「ZEROSAI」



    水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

    -ライフスタイル
    -,

    関連記事

    選択的シングルマザーの意味

    子どもの脳を育てよう!3歳までに親が出来ること

    私が子育てを経験して感じたこと。 それは、3歳までの子どもたち「ほぼ本能で生きている」ということです。 3歳までの子どもは、自分のやりたいことをやりたいときにします。親の都合を考えず排便します。 その …

    日本と「子どもが世界一幸せな国」にはこんな違いが!?

    日本は、育児がしやすい国ですか? 仕事がしやすい国ですか? それぞれの国の文化の違いはありますが、海外では「日本は育児がしにくい国」と言われる事が多いそう。 例えば、日本とアメリカの育児ではこんな違い …

    大人の発達障害遅刻

    マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第3話:時間に間に合わナイ!

    私、時間に間に合わない女なんです。 あなたの周りにも、しょっちゅう遅刻してきたり、いつも時間ギリギリになったりする人っているんじゃないでしょうか。 ADHDタイプの人の中には、ついつい時間ギリギリにな …

    マンネリよりも怖い!夫婦の愛が冷めていくキケンな習慣

    せっかく縁あって一緒になった相手ですから、いつまでも夫婦円満でいたいものです。しかし、ちょっとした習慣が原因になり、夫婦の関係が悪くなるといったこともあるでしょう。 そういった「夫婦仲が冷めてしまう習 …

    イライラ爆発寸前!育児ストレス5つの原因とは

    待望の我が子が産まれ、夢のような毎日を想像していたけど……。 現実はそう上手くいかず、可愛いはずの我が子にストレスを感じてしまう。 そんなママが、ほとんどだと思います。 自分を責めなくても大丈夫です。 …