忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

投稿日:2018-09-24 更新日:

忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

「仕事と家事に時間を取られて子どもに関わる時間が少ない。」
「子どもに寂しい思いをさせてしまっている。」

子育てしながら働くママであれば、誰もが一度は思うことではないでしょうか。

  • 家族が一番。
  • 子どもが大切。
  • と頭の中ではわかっていても、仕事を持つ社会人としての責任もある。

    育児に使える時間の少なさに悩むママもいることでしょう。

    でも、大丈夫!

    「3分」子ども達の心が大きく変わります。

    今日は忙しいママだからこそ出来る3分間育児について紹介したいと思います。

    【忙しいワーママにおすすめ】「3分間育児」とは?

    【忙しいワーママにおすすめ】「3分間育児」とは?

    文字通り「3分間でできる育児」です。

    「3分で何が出来るの?」
    と思うかもしれません。

    しかし、「3分」という短い時間でも、工夫をすることで子どもと濃いコミュニケーションをとることができるのです。

    【3分育児】絵本を1冊だけ読んでみる。

    【忙しいワーママにおすすめ】「3分間育児」とは?

    例えば読み聞かせ。
    絵本を毎日何冊も読むとなると、ただでさえクタクタなお母さんも疲れ果ててしまいます。
    でも”今日の特別な一冊”を子どもに決めさせて、そのスペシャルな一冊だけを読む。

    子どもはその特別な一冊を選ぶという”ワクワク感”が生まれます。
    お母さんとの絵本の時間をとても楽しい記憶として残ると思います。

    【3分育児】自転車の練習を3分間だけやってみる。

    【3分育児】自転車の練習を3分間だけやってみる。
    また、ちょっと大変だけど自転車。
    毎日3分の練習をすれば、いつか乗れる日がきます。

    「一緒に自転車の練習をしてくれた!」
    「ママは忙しくても応援してくれた!」
    「自分はママに愛されている!」

    毎日3分の自転車練習は子どもの中で鮮やかな記憶として刻まれます。

    そして、子どもに自己肯定感が芽生えます。

    子どもの自尊心を満たすことが大切

    3分あれば、

  • 子どもに語りかけることができます。
  • 子どもと遊ぶことができます。
  • 子どもを抱きしめることができます。
  • 育児で大切なことの1つは、子どもの自尊心を満たすことです。

    毎日忙しいママ。

    限られた時間で子どもに対してプラスとなる育児ができるか。

    密度の濃い育児も1つの方法かもしれません。


    まゆみ
    二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
    長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
    その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
    子育て応援「ZEROSAI」



    水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

    関連記事

    【プロに聞く】子どもの自転車デビューは何歳がいい?

    我が家では子どもが1歳の頃に、義両親が自転車を買ってきました。 小さい子ども用ですから、子どもは座るだけ。 ほぼ大人が押しています。 小さい頃から自転車に慣れるという事は大切だと思います。 とはいえ、 …

    発達障害とは

    【Part1】発達障害は“障害”ではない!?「有名人・偉人たちにみる発達障害」

    栗原類さん、勝間和代さん、ミッツマングローブさんなど自身が「発達障害」であることを告白する芸能人や著名人の方のおかけで、最近は「発達障害」という言葉の認知度も高まってきていますよね。 発達障害といって …

    男女の発達の違い男の子話聞いてない

    褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

    「子どもを誉めて育てよう」という言葉があります。 私はこの言葉を鵜呑みにして長男をただ異常に誉めました。 一緒に歩いていて、急に走り出したら「凄い!早く走れるね!」 高いところに登ったら「凄い!高くま …

    日曜夕方からブルー。子どもが「サザエさん症候群」になってしまったら

    日曜夕方からブルー。子どもが「サザエさん症候群」になってしまったら

    休日の終わりが刻々と近づく日曜夕方。 「やったあ!月曜日ワクワクするなー!」という方はいますか? 大抵は「あーまた月曜日が始まる…仕事かぁ」と憂鬱になる人が多く、筆者の元同僚は日曜の昼から気持ちが沈ん …

    子供の「まだ帰りたくない!」には携帯アラームを有効活用!

    子供と公園に行き「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」ってなりませんか? で、「じゃ、あと少しねー(●●分ねー)」と言って時間が来て「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」と …