毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

投稿日:2021-04-12 更新日:

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

登園を嫌がって毎朝泣いている子を多く見かけます。

入園したてで戸惑う子、クラス替えして馴染めない子、弟や妹ができて赤ちゃん返りしている子…理由はそれぞれ。

幼稚園バスを見ると全力で抵抗して泣き、先生はママから引きはがしてバスに乗車させます。保育園では、何とかママが連れて行き、泣く子を先生にお願いしたら、後ろ髪を引かれながらも会社に行くしかありません。

そのうち慣れると思っても、長引くと親は大変。働くママは出勤時間に追われて焦り、幼稚園ママは急遽自分で連れて行くなどの対応を迫られます。では、どうすればいいでしょうか?

わからないなりに子どもの心の声を探る

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK
乳幼児にとっては、「親と離れて毎日通っている」というだけで、十分頑張っています。

慣れない中で気を張って、急に寂しくなり、ママの愛情が今までのように感じられていないのかもしれません。

まず理由を訊いて、新しいクラスが苦手なら先生に相談し、給食が苦手な子には「食べなくてもOK」と許容範囲を広げたりして、負担を軽くしてあげると良さそうです。

でも、理由をきちんと伝えられなかったり、別の理由を言ったりすることもあります。よくわからなくても、抱き締めて根気よく子どもの話を聞いてみてはどうですか。

「ママがいつでも話を聞いてくれる。ママは味方」と子どもに伝われば、根本的な解決がすぐできなくても、少しずつ安定してくるかもしれません。

思いきって休んでみた!

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK
私も、どうしても嫌がる子を無理矢理登園させていました。

休んだら休み癖がついて、ずっと登園できなくなったら困る!」と思っていたからです。
息子の場合は、妹ができてからママを独占できず不安定になり、登園も大変に。

そんな時、先生からの助言もあって私も気持ちを切り替え、「登園があまりにも大変だったらこの日は休ませよう」という日をあらかじめ決めました。

当日は「またゴネ始めたな」と感じたらすぐお休みを提案。こちらも早々に気がラクになります。そして「今日休む代わりに、明日は行くよ」と話すと、子どもは嬉しそうに「ハーイ」とにっこり。

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

その日は子どものペースで、子どものしたいことに集中し、気が済むまで遊びました。根本的な解決をしたわけではないのですが、満足したのか、翌日は不思議とすんなり登園。その後も徐々に良い方向へと向かったのです。

働くママは難しいかもしれませんが、何とか調整して1日でも付き合ってみてください。

幼稚園ママは「登園させなきゃ!」なんて思わずに、子どものペースで過ごしてみては。お互いに心が安定して気持ちが軽くなるかもしれないですよ。


カサンド蘭子
7歳男児、3歳女児、44歳夫と4人家族で、育児・家事に翻弄される毎日。13年勤めた会社を退職後、現在は月刊誌の取材・執筆・撮影に携わる。一方で子供に関わる社会問題にも関心を寄せる。好きな食べ物はマカロン。


青木泉蓉あおきせんよう無料占い結婚運命

-ライフスタイル
-,

関連記事

男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛で元気。 悪く言えば、落ち着きがない。 娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。 もしかしたら、男の子の子育ては …

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

お手伝いは、親子が触れ合いながら生活スキルが身につき、自信もつく等、たくさんメリットがありますよね。 母学アカデミー学長・河村京子さんの著書には、「お手伝いには、段取り力や自分の能力の使い方についてな …

ヒーローごっこは子どもをダメにする?

特に男の子がはまってしまう「ヒーローごっこ」。これに頭を悩ませる親も多いのではないでしょうか。 うちの長男は、とても元気な男の子で、何よりヒーローに強い憧れを持っていました。もちろん、幼稚園などでもヒ …

小さい子どもを飽きさせない!外食時の待ち時間は「おしぼりアート」♪

子どもと外食した時、間が持たないという経験をほとんどの家族が感じていることだと思います。 特に小さい子は『何故そうするか』が、まだまだ理解出来ないので、 歩きたい。 椅子に立ちたい。 外に出たい。 な …

SNSでも絶大な人気!若者の救世主!志茂田景樹さんインタビュー

派手なファッションに身を包み、Twitterでの人生相談や名言が若者の間でも話題となっている志茂田景樹さん。 1980年『黄色い牙』で直木賞を受賞した作家が、どのように育てられ、どんな子育てをしてきた …