とっても簡単!子どもの心が安定する5つのコツ

投稿日:


新年度が始まって、学年が上がったりクラス替えがあったり、身の回りの環境の変化がある季節。

もしかすると、お子様の心は少し不安定になっているかもしれません。

親としては子どもにはいつも笑顔て居て欲しいと願っているけれど、親も人間。
辛い時もあれば、体調が優れない時もあり、理不尽に怒ったり、遊んであげられない時もあります。

そんな時、決して無理をしないで欲しいです。
親が苦しくなると、顔が笑っていても、子どもには伝わってしまいます。

では、どうすれば良いのでしょうか?

実は、誰にでも簡単に出来る5つのコツがあるんです。

5つのコツ全て出来ると最高ですが、苦しい時は、出来る事だけでも大丈夫です。
子どもの笑顔が、毎日大変なママを癒してくれるはずです。

子どもの心が安定する5つのコツ

我が家で実践している5つのコツを紹介します。

1:まず親が笑顔になる

産後悩み解消
親が笑うと子ども自然と笑顔になります。

例えぎこちない笑顔でも大丈夫。
子どもは安心感を覚えてくれます。

2:抱きしめる


1日1回でもOKです。

お互いの温もりを感じられるため、ママも子どもも癒されます

思わず叱ってしまった後もギューっと抱きしめてあげるだけで、子どもは安心します。

3:目を見てリアクションする

話をしているのに相手がノーリアクションだと寂しくなりませんか?

子どもも同じです。

話を聞く時にはを見て。
相槌などのリアクションも。

これなら話をしている子どもも寂しくありません。

4:楽しめるように過ごす

親子で楽しい気持ちを共有した時間は、子どもの心の土台となっていきます。

親子一緒に楽しめることが大事です。

5:子どもの前で夫婦喧嘩をしない

大好きなママとパパが喧嘩をすると不安な気持ちになってしまいます。

どうしても夫婦喧嘩しなければならないことがあるなら、子どもの見ていないところで。

親子ともに大切な財産を手にする


子どもが大切なことを最初に学ぶのは親です。

表情。
精神状態。
家族への関心。
相手への言葉遣い。
そして、普段は表に出ない部分も。

「子は親を映す鏡」とは、よく言ったもの。

子どもを通じて親も学び、成長させてもらっているのです。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

風邪のひき始め喉鼻熱

【薬剤師監修】風邪の喉からくる人、鼻からくる人、熱からくる人この違いとおすすめの市販薬

季節の変わり目になると風邪をひきやすくなりますよね。 風邪をひかないように、今のうちからしっかり予防しておきましょう。 風邪のひき始めは人によって、喉からだったり、鼻からだったり、熱からだったりと人に …

男の子女の子育て方違い

秘密は脳の発達の順序の違い!男の子と女の子の育て方はこうも違う

一般的に、女の子のほうが育てやすく、男の子の育児は手こずる……と言われていますが、それは育児を担う母親目線での話なのかもしれません。 なぜなら、男性と女性とでは、脳の構造に大きな差異があるからです。 …

子供の癇癪(かんしゃく)に意外な理由が?

泣いたり、足をバタバタさせたり、叫び声を上げたり…。 2歳~4歳の子どもによくあることとはいえ、癇癪(かんしゃく)が治まらずに困ってしまうママも多いのではないでしょうか。 子供の癇癪(かんしゃく)はな …

発達障害親子

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第2話:物がみつからナイ!

私、しょっちゅう物をなくす女なんです。 ADHD(注意欠如・多動性障害)※1の症状の一つ、 「多動性」(落ち着きがない、じっとしていられないなどの症状) というのは、年齢とともにおさまりやすいものなの …

男女の発達の違い男の子叱り方

1日3分からできる!子どもの自己肯定感を高める方法

前回いじめたといじめられた子どもに共通してるのは、〇〇感という記事で、いじめた子は元からの自己肯定感を低い子が多く、いじめられた子は、自己肯定感が減少していくという話をしました。 子どものいじめを防ぐ …