ライフスタイル

月収18万でも毎月3万貯金! 今すぐできる賢い&簡単お金習慣

投稿日:2021-03-06 更新日:

月収18万でも毎月3万貯金! 今すぐできる賢い&簡単お金習慣

「貯金しなきゃ!」と思いつつ今月も気が付いたら赤字……。

追い打ちをかけるように突然大きな出費があると、さらに家計は圧迫されてしまいます。

子供の習い事や将来の学費のこともあるから「1円でも多く貯金したい!」と考えているママは大勢いることでしょう。

そこで今回は、今すぐにでも始められる節約・貯金術をご紹介いたします♪

節約・貯金術1:必要な額だけお金を下ろす

節約・貯金術1:必要な額だけお金を下ろす

お金が貯められない人の特徴の一つは財布にあるだけお金を使ってしまうこと。

貯金上手の人はお財布の中に多くても1万円までを入れているんだそうです。

一度に大金を引き出すのではなく、必要な分だけを下ろして財布にいれておくよう、心掛けてみましょう。

節約・貯金術2:100円ショップでの買い物には注意!

節約・貯金術2:100円ショップでの買い物には注意

節約の強い味方といえば100円ショップ

しかし、注意しないと100円ショップが節約の足枷となってしまう場合もあります。

安いからと言って、あれもこれもとカゴの中にいれてしまい、会計時の値段の高さに「?!」と驚いた経験って誰にでもあるのではないでしょうか。

その商品が自分にとって本当に必要なのかどうかを見極めて、一旦考えてから買い物をするように心掛けてみましょう。

節約・貯金術3:週に一度はレシートをチェックする

節約・貯金術3:週に一度はレシートをチェックする

貯金をするためには支出がどのぐらいあるのかをしっかりと把握しておくことは大事なことです。

とはいえ、毎日チェックをするのは大変ですよね。

ですから、1週間分のレシートをまとめて貯めておき、1週間に1度レシートチェックをするよう心掛けましょう。

レシートをチェックしていけばいかに無駄遣いをしているのかを知ることもできますし、特売・セールなどで賢くお買いものができればそれがモチベーションUPにもつながることができます。

節約・貯金術4:携帯電話(スマホ)のプランを見直す

節約・貯金術4:携帯電話(スマホ)のプランを見直す

毎月定期的に支払っている携帯電話(スマホ)の料金プラン。

購入した時から変わらず引き落とされているし、具体的な内容は知らない……という方は今すぐにでも見直してみてください!

余計なプランに入っていたり、使っていないサービス・機能が付与されていたりするかもしれません。

貯金をするには、このような小さいムダをなくすことが大事です。

節約・貯金術5:形のない不安ばかり考えない

節約・貯金術5:形のない不安ばかり考えない
「給料が減った」「リストラにあった」など不景気を背景に、世の中は不安を煽るようなニュースであふれかえっています。

将来が見えずに苦しさばかりが目立ってしまうのは分かりますが、必要以上の「不安」に苛まされずに、むしろ節約を楽しむぐらいの気持ちでいましょう。

コツコツとしたことを積み重ねることで、必ず結果がついてくるはずです。

-ライフスタイル
-,

関連記事

一人暮らしの女性でもできるローリングストック

一人暮らしの女性でもできる!防災対策「ローリングストック」のすすめ

2020年に入ってすぐに見舞われたコロナ禍によって、ドラッグストアからはトイレットパーパーやティッシュといった消耗品が一時的に棚から消え、食品の供給も不安定な状況に陥りました。「日本は台風、地震など自 …

仮面夫婦

もはやただの同居人? 仮面夫婦の特徴5つ

「○○さんのところ、仮面夫婦だってもっぱらのウワサだよ」 あなたも、こんな言葉を耳にしたことはありませんか? 「もしかして、私と夫も仮面夫婦かも……」 頭の中にそんな想いが少しでもよぎったあなた。 あ …

生きる力が低下している!?ちょうちょ結びが出来ない子供たち

私の知り合いに、社会人になるまで「ちょうちょ結び」ができなかったという人がいます。 会社で資料をひもでとじるように言われて初めて、練習したそうです。 それを聞いた時は思わず目が点になってしまいましたが …

たった「1分」に、言いたいことをまとめる技術

話は短いほうが伝わる! (photo by dronepc55/photoAC) 「話の途中で頭が真っ白になる」「どんな順番で話せばいいかわからない」 このような悩みをもつ、ビジネスパーソンは少なくな …

人の話が聞けない子どもの原因はテレビやyoutube!?

「なぜ人の話が聞けないの?」 「話を聞いているようで、全然聞いていない。」 自分の子どもに対して、こんな風に思ったことありませんか? もしかしたら子どもは話を「聞いていない」ではなく「聞けない」のかも …