ライフスタイル

月収18万でも毎月3万貯金! 今すぐできる賢い&簡単お金習慣

投稿日:2021-03-06 更新日:

月収18万でも毎月3万貯金! 今すぐできる賢い&簡単お金習慣

「貯金しなきゃ!」と思いつつ今月も気が付いたら赤字……。

追い打ちをかけるように突然大きな出費があると、さらに家計は圧迫されてしまいます。

子供の習い事や将来の学費のこともあるから「1円でも多く貯金したい!」と考えているママは大勢いることでしょう。

そこで今回は、今すぐにでも始められる節約・貯金術をご紹介いたします♪

節約・貯金術1:必要な額だけお金を下ろす

節約・貯金術1:必要な額だけお金を下ろす

お金が貯められない人の特徴の一つは財布にあるだけお金を使ってしまうこと。

貯金上手の人はお財布の中に多くても1万円までを入れているんだそうです。

一度に大金を引き出すのではなく、必要な分だけを下ろして財布にいれておくよう、心掛けてみましょう。

節約・貯金術2:100円ショップでの買い物には注意!

節約・貯金術2:100円ショップでの買い物には注意

節約の強い味方といえば100円ショップ

しかし、注意しないと100円ショップが節約の足枷となってしまう場合もあります。

安いからと言って、あれもこれもとカゴの中にいれてしまい、会計時の値段の高さに「?!」と驚いた経験って誰にでもあるのではないでしょうか。

その商品が自分にとって本当に必要なのかどうかを見極めて、一旦考えてから買い物をするように心掛けてみましょう。

節約・貯金術3:週に一度はレシートをチェックする

節約・貯金術3:週に一度はレシートをチェックする

貯金をするためには支出がどのぐらいあるのかをしっかりと把握しておくことは大事なことです。

とはいえ、毎日チェックをするのは大変ですよね。

ですから、1週間分のレシートをまとめて貯めておき、1週間に1度レシートチェックをするよう心掛けましょう。

レシートをチェックしていけばいかに無駄遣いをしているのかを知ることもできますし、特売・セールなどで賢くお買いものができればそれがモチベーションUPにもつながることができます。

節約・貯金術4:携帯電話(スマホ)のプランを見直す

節約・貯金術4:携帯電話(スマホ)のプランを見直す

毎月定期的に支払っている携帯電話(スマホ)の料金プラン。

購入した時から変わらず引き落とされているし、具体的な内容は知らない……という方は今すぐにでも見直してみてください!

余計なプランに入っていたり、使っていないサービス・機能が付与されていたりするかもしれません。

貯金をするには、このような小さいムダをなくすことが大事です。

節約・貯金術5:形のない不安ばかり考えない

節約・貯金術5:形のない不安ばかり考えない
「給料が減った」「リストラにあった」など不景気を背景に、世の中は不安を煽るようなニュースであふれかえっています。

将来が見えずに苦しさばかりが目立ってしまうのは分かりますが、必要以上の「不安」に苛まされずに、むしろ節約を楽しむぐらいの気持ちでいましょう。

コツコツとしたことを積み重ねることで、必ず結果がついてくるはずです。

-ライフスタイル
-,

関連記事

合理的!だけど日本人には信じられない!?ドイツの食生活

勤勉で真面目なところが日本と似ていると言われる、ドイツ。 しかし、そのライフスタイルについてはあまり知らない方も多いのではないでしょうか。 そこにはなにやら、忙しい日本人にとって、お手本にしたい習慣が …

選択的シングルマザーとしての生き方

子育てに余裕のない母親には共通点があると思う

ママは毎日忙しい。 子育てに家事、お仕事されている方は仕事も入ってきます。 朝起きた時から、やらなければいけない事がいっぱい。 朝ご飯を作り子どもの世話をしていると、あっという間に時間は過ぎ、自分の準 …

いちご白書 安室奈美恵 月曜ドラマイン

あの人も出演していた!「いちご白書」から「イグアナの娘」まで!懐かしの月曜ドラマ・イン

「月曜ドラマ・イン」とは、90年代にテレビ朝日系列で、毎週月曜20時に放送されていた日本のテレビドラマ枠です。 中高生向けに作られていて、まだ無名だったり、ブレイク前夜の俳優・女優がたくさん出ていまし …

子どものイヤイヤ期は「ママからの愛情を試す時期」

先日、お坊さんがさまざまなお悩みに答えるというサイトを見つけました。 そこで”あるお悩み”が私の目にとまりました。 なんでも「嫌だ」という子どもに怒ってばかり。 「こんなに子どもに対して怒っている人は …

サンタクロースプレゼント

子どもにサンタクロースは何歳まで信じさせる?

朝起きると枕元にプレゼントが置いてある。 現実に起こる絵本のようなファンタジーの世界。 子どもの頃、誰もがサンタクロースを夢みたと思います。 子どもの喜ぶ顔を見たくて、クリスマスの日にはいろいろな演出 …