ライフスタイル

月収18万でも毎月3万貯金! 今すぐできる賢い&簡単お金習慣

投稿日:2021-03-06 更新日:

月収18万でも毎月3万貯金! 今すぐできる賢い&簡単お金習慣

「貯金しなきゃ!」と思いつつ今月も気が付いたら赤字……。

追い打ちをかけるように突然大きな出費があると、さらに家計は圧迫されてしまいます。

子供の習い事や将来の学費のこともあるから「1円でも多く貯金したい!」と考えているママは大勢いることでしょう。

そこで今回は、今すぐにでも始められる節約・貯金術をご紹介いたします♪

節約・貯金術1:必要な額だけお金を下ろす

節約・貯金術1:必要な額だけお金を下ろす

お金が貯められない人の特徴の一つは財布にあるだけお金を使ってしまうこと。

貯金上手の人はお財布の中に多くても1万円までを入れているんだそうです。

一度に大金を引き出すのではなく、必要な分だけを下ろして財布にいれておくよう、心掛けてみましょう。

節約・貯金術2:100円ショップでの買い物には注意!

節約・貯金術2:100円ショップでの買い物には注意

節約の強い味方といえば100円ショップ

しかし、注意しないと100円ショップが節約の足枷となってしまう場合もあります。

安いからと言って、あれもこれもとカゴの中にいれてしまい、会計時の値段の高さに「?!」と驚いた経験って誰にでもあるのではないでしょうか。

その商品が自分にとって本当に必要なのかどうかを見極めて、一旦考えてから買い物をするように心掛けてみましょう。

節約・貯金術3:週に一度はレシートをチェックする

節約・貯金術3:週に一度はレシートをチェックする

貯金をするためには支出がどのぐらいあるのかをしっかりと把握しておくことは大事なことです。

とはいえ、毎日チェックをするのは大変ですよね。

ですから、1週間分のレシートをまとめて貯めておき、1週間に1度レシートチェックをするよう心掛けましょう。

レシートをチェックしていけばいかに無駄遣いをしているのかを知ることもできますし、特売・セールなどで賢くお買いものができればそれがモチベーションUPにもつながることができます。

節約・貯金術4:携帯電話(スマホ)のプランを見直す

節約・貯金術4:携帯電話(スマホ)のプランを見直す

毎月定期的に支払っている携帯電話(スマホ)の料金プラン。

購入した時から変わらず引き落とされているし、具体的な内容は知らない……という方は今すぐにでも見直してみてください!

余計なプランに入っていたり、使っていないサービス・機能が付与されていたりするかもしれません。

貯金をするには、このような小さいムダをなくすことが大事です。

節約・貯金術5:形のない不安ばかり考えない

節約・貯金術5:形のない不安ばかり考えない
「給料が減った」「リストラにあった」など不景気を背景に、世の中は不安を煽るようなニュースであふれかえっています。

将来が見えずに苦しさばかりが目立ってしまうのは分かりますが、必要以上の「不安」に苛まされずに、むしろ節約を楽しむぐらいの気持ちでいましょう。

コツコツとしたことを積み重ねることで、必ず結果がついてくるはずです。

-ライフスタイル
-,

関連記事

結婚したら豹変…サプライズはモラハラ男予備軍?

結婚したら豹変…サプライズ好きはモラハラ男予備軍?

単刀直入にお聞きします。「サプライズ」は好きですか? たとえば誕生日や記念日など、彼氏(あるいは旦那様)から素敵なサプライズプレゼントや演出があると、とても嬉しいですし、一生の思い出になりますよね。 …

姑帰省土産マンネリ

脱マンネリ!うるさい姑もあっと驚く帰省時のおすすめ手土産3選

今年も、帰省の時期が近づいてきましたね。筆者も年末年始は帰省することが多いのですが、いつも悩むのが手土産。 特に主人側の実家に挨拶に行く際はそれだけで数日頭を抱えてしまいます。 筆者はどちらかといえば …

骨盤ベルトと骨盤矯正、どっちが良いのか試してみた!

産後は骨盤の開きとゆがみが発生し、腰痛や尿漏れの原因になるという話を聞いた事ある方は多いと思います。 また、骨盤がゆるんでいると痩せづらいとか、いろんな噂がママたちの間で話題になっていますよね。 私も …

なかよし,60周年

アラフォー女子がハマった90年代「なかよし」の漫画4選

「なかよし」は2015年で60周年を迎えたそうです! 古くは「リボンの騎士」「キャンディキャンディ」「キューティーハニー」などの名作が連載されていたそうですが、 みなさんは「なかよし」ではどんなマンガ …

【体験談】男の子を成長させる母親の叱り方とは?

子どもは母親が理解できない行動をします。 特に男の子。 我が家には息子と娘が1人ずついますが、息子は「なんでこんなことをするんだろう?」と思わず笑ってしまう行動が多いです。 まず、息子は枝や棒が大好き …