一年の計は元旦にあり!目標達成に必要な「やらない力」って?

投稿日:2020-01-01 更新日:

一年の計は元旦にあり!目標達成に必要な「やらない力」って?
あけましておめでとうございます。

新年を迎えて、「今年はこんな年にしたい!」と新たな目標を掲げた人も多いのではないでしょうか。

私も、いくつか目標はありますが、”今年こそは!”が何年も続いているような気がします…。

では、いったい何を変えていけば、目標が達成できるのでしょうか。

60万部を売り上げた「スタンフォードの自分を変える教室」の中で、著者であるケリー・マクゴニガル教授は、何かを達成するための意志力(意志の強さ)の分析をしています。

「やる力」だけれは目標を達成できない?

一年の計は元旦にあり!目標達成に必要な「やらない力」って?
まず一番に必要なことが、目標を設定すること。

やりたいこと、取り組みたいことを具体的に洗い出します。

そして、それらを行動に移す力が必要になるのですが、著者はそれを「やる力」と名付けています。

「やる力」さえあれば、目標は達成できるように思いますが、そう簡単にはいかないようです。

目標を達成するには「やらない力」も必要

一年の計は元旦にあり!目標達成に必要な「やらない力」って?
やりたいことをいくつか挙げていっても、実際に行動する「やる力」には限界があります。
なので、ここで必要になってくるのが「やらない力」だというのです。

たとえば、分かりやすいのがダイエットです。

痩せるために運動を「やる」のと同時に、高カロリーなものをお腹いっぱい食べることを「やらない」という相反する力が必要になります。

目標だけをむやみに立てるのではなく、そのために「やるべきではないこと」を突き止めることが重要なのです。

やるべきでないことは、実に魅力的で誘惑たっぷりだと思います。

目標を達成できる人はこのやるべきでないことを、しっかりやらない!のではないでしょうか。

やることリスト、やらないことリストを作ってみよう

一年の計は元旦にあり!目標達成に必要な「やらない力」って?
脳科学者の中野信子氏によると、目標達成のためには「やるべきこと」と「やらないこと」のチェックを1日ごとにするのがおススメだそうです。

やるべきことのリストを作っている人は多いと思いますが、やらないことのリストは珍しいですね。

実際に、やらないことを考えてみましょう

いざ、「やらないこと!」と考えると、やることを考えるよりも難しいことに気づかされます。
たとえば、こんなことをやらないようにしたらどうでしょうか?

●通知を鳴らさないようにする
スマホのメールや、SNSなどの着信音、通知音をやめてみることで、今やっていることに集中しやすくなります。
すぐに知る必要のない情報に振り回されることがなくなるでしょう。
●人の話をさえぎらない
ついやってしまうことを、やめてみるのもいいかもしれません。
例えば、人が話しているのに、口を挟んでしまうこと。
これをやめたら、自ずと人が話しているのを聞ける聞き上手になるのではないでしょうか。
●さほど重要でない人のために自分の時間をつかわない
日常生活を送っていると、本来大切にしなければならない家族や、近しい友人たちをないがしろにしてしまうことがありませんか?
本当に大切な人に時間をつかえるように、さほど重要でない人のために、心と時間を割くのはもうやめてしまいましょう。

一年の計は元旦にあり!目標達成に必要な「やらない力」って?
私もさっそく、やらないことリストを作ってみようと思いました。

…が、「お酒を飲む」「スマホをいじる」「二度寝」をやらないことに書くのが怖い!

だって、決めてしまったらやめなきゃならないのですから!

目標達成のためには「やめる覚悟」が必要だと思いました。覚悟さえできれば…その先が楽しみです。

みなさんの今年「やらないこと」はなんですか?

【参考】
ママニティ、スタンフォードの自分を変える教室/ケリー・マクゴニガル、マジマガ! エンタープライズ、lifehacker


30代後半。都内在住新米ママ。夫と娘の3人家族暮らし。
ママとしての知識と経験を増やしていきたいです!
漫画も描いてます!

-ライフスタイル
-,

関連記事

結婚生活うまくいくヒント5つ幸せ夫婦共有

【第8回】結婚相談所にはどんな人が入るの?

東京都世田谷区でカフェをしながら結婚相談所で仲人業もしている戸村真琴です。 戸村真琴さんの過去の記事はこちら 世の中がざわざわし始めると、急に家族を作ろうとする人間の本能的部分が動き出すのか、結婚相談 …

流産死産体験談

つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。 日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりま …

育休を取りたい!でも周りの目が気になる…悩める父親たち

「育休を取りたいけど、周りは良く思わないのだろうな…」 そう考えている男性は多いのでしょうか。 私の夫が働く職場には、男性の育児休暇取得制度があるにもかかわらず、これまでに取得したという人は、一人もい …

大人女子にこそ読んでほしい!「KISS」の名作マンガ4選!

大人女子にこそ読んでほしい!「KISS」の名作マンガ4選!

学園モノやファンタジー系の少女漫画から卒業したら、次にハマったマンガ雑誌は「KISS」でした。 あわせて読みたい記事 かつて少女だったすべてのアラサー・アラフォーに捧げる懐かしの90年代「りぼん」の漫 …

娘2人がてんかんを発症して5年。母親の牧ひとみさんが壮絶な過去を激白。

わたしはてんかんの持病をもった子どもの母親です 突然ですが皆さんは「てんかん」という病気をご存じでしょうか。 突然けいれんを起こし、道ばたで倒れるようなイメージを持たれている方が多いと思います。 わた …