子育て 心のケア

【魔法の言葉がけ】子どもが気持ちをうまく表現できるようになる!

投稿日:2018-07-27 更新日:

大人になっても難しい「自分の気持ちを表現し伝えること」

小さな子ども達はうまく自分の気持ちを伝えることができないため、つい手が出てしまうことがあります。

うちの子も、おもちゃを取られてついお友達をパチン!なんてことがありました。

親としたらヒヤっとする場面ですが、実はチャンスです。

親のちょっとした言葉がけで、子どもの表現する・伝える力は変わります

子どもの感情や感覚に名前を付ける

例えば、子どもと食ことをしている時ってどんな会話をしますか?

「美味しい?」と聞いてみたり、「美味しいね!」と話しかけたりしますよね。

そんな時、子どもが気持ちをうまく表現できるようになる、効果的な質問の仕方があるのです。

その質問とは「どんな味がする?」です。

もしかしたら「わからない」と答えるかもしれません。そしたら一緒になって考え、こう話しかけてみて下さい。

「サクサクして、ほんのり甘いところが美味しいね。」

すると、子ども達は、五感の全てを研ぎ澄ませて感じてくれ、

「これがサクサクしているってことなのか。これがほんのり甘いってことなんだ。」

と、新しい表現方法・感覚を刻み込みます。

この質問の仕方は他のシチュエーションでも使えます。

何かを達成した時。
ゲームに負けた時。
おもちゃを取られた時。

どれも同じです。

「今、どんな気持ち?」

その一言で、自分の中にある感情を感じ、喜怒哀楽が豊かなものになっていきます。

おすすめは「アナウンサーごっご」

グルメリポート風にすると、楽しみながら表現することができます。

親も「なんとかうまいことを言えないかな?」と考えるので、自分自身も表現が広かっていきます。

これがとっても楽しい!笑顔の時間って、更に感情を豊かにするな~と実感します。

何より、親が楽しいから子どもも楽しい。
親が表現するから子どもも表現してみる。

この積み重ねで表現し伝える力が厚みを増してきます。

もっと素敵なことに、自分の中の感情を感じることが出来ると次は相手の感情を感じることが出来るようになります。

自分の気持ちがわかるから相手の気持ちがわかるんですよね。

親子で楽しみながらステップアップできる、そんな魔法のような言葉がけ

おすすめです。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」



水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

-子育て, 心のケア
-

関連記事

男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛で元気。 悪く言えば、落ち着きがない。 娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。 もしかしたら、男の子の子育ては …

【子供の偏食】簡単に改善できる3つの方法

「きゅうりキライ!」 「ピーマン嫌い!」 「トマト食べたくない!」 「ニンジンもイヤ!」 「お魚じゃなくてお肉がいい!」 子供の偏食に悩まされているママ、本当に多いですよね。 そんなママのお悩みが3つ …

虐待回避のカギは「夫婦が1+1=1」であること?

虐待回避のカギは「夫婦が1+1=1」であること?

2017年、警察が児童相談所に通告した虐待や虐待疑いの子供の数は65,000人超で、過去最悪。 社会的に認知されて通報が増えているとはいえ、子育ての悩みは昔からあったはずなのに、なぜ今これほど増加して …

【まさか私が毒親?】モラ母が子供を不幸にする3つの特徴

女友達と一緒にランチをする時には、彼女の子供も一緒という機会が増えています。 自分の命よりも大切な大切な、我が子。 そんな思いで子供のために毎日頑張っている彼女たちのことを、私は尊敬しています。 一方 …

男女の発達の違い男の子話聞いてない

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

「子どもを誉めて育てよう」という言葉があります。 私はこの言葉を鵜呑みにして長男をただ異常に誉めました。 一緒に歩いていて、急に走り出したら「凄い!早く走れるね!」 高いところに登ったら「凄い!高くま …