夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは

投稿日:

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
年々、日本の離婚率は増加傾向にあります。

離婚する原因は人それぞれですが、離婚して良かったと思う時もあれば、後悔するような時もあるのではないでしょうか。

しかし最近では、婚姻状態ではあるが夫婦仲が日常的に冷え切った「冷蔵夫婦」が急増中なんだとか!

既に冷え切った関係なのに、なぜ離婚をしないのでしょうか。

夫婦の会話はLINEのみ?離婚せずに婚姻関係を続ける理由

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
「冷蔵夫婦」とは、愛情が冷めているにも関わらず共に生活し、仕事や子育てへの協力はいとわない関係と言われています。

相手に関心がない為、喧嘩をする事もなく、一見すると仲の良い夫婦に見えるのだとか。

愛情がなくても婚姻状態を続ける理由は夫婦によって様々ですが、同居をしていた方が生活費を抑えられる事や、離婚をしたいと思っても自立できる収入がないといった経済的な理由が1つとして挙げられます。

他にも、子どもがいる家庭は夫婦関係は冷めきっていても、子どもの為に一緒に暮らしている方がいいという考え方もあるそうです。

また、世間体を考えると離婚はエネルギーを使う為、同居人と割り切って婚姻関係を続けている夫婦も多いようですね。

結婚して20年の友人夫婦も、まさに冷蔵夫婦

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
友人夫婦は結婚して20年経ちますが、5年前には、離婚に向けて話し合っていました。
お互いのメリットを考えたら、同じ家に住み続けた方がいいということで、離婚することをやめ、冷蔵夫婦になりました。

この5年、会話はほとんどせず、LINEでのやりとりだけだそうです。

二人とも正社員ですが、家賃は夫が払っており、家事は妻がすべてを担っていて、休日は別々に過ごします。
子供はいませんが、ペットをお互いの子供のようにかわいがっています。

私としては、「離婚しちゃえば?」とも思いますが、離婚に向けて話し合い、疲弊していた友人が、割り切ったとたんに元気になったのを見ていると、何とも言えないところです。

場合によっては離婚も視野に

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
一方で、DVやモラルハラスメント、借金、浮気など、肉体的・精神的に苦痛がある場合は、冷蔵夫婦とは言えません。

また、夫婦だけで解決するのは難しい問題でもあるので、まずは自治体や専門家に相談をしたり、周囲に助けを求めてみる事が大切です。

無理に婚姻関係を続けて、苦しい思いをするのではあれば、離婚という選択肢も視野に入れておくといいかもしれません。

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
いかがでしたか?

冷蔵夫婦や、卒婚、家庭内別居など、世の中には、いろいろな夫婦の形がありますが、定義づけるのは、非常に難しいなと思いました。

その中で、自分たちに合った形を見つけ、お互いを尊重しながら夫婦生活を送れるといいですね。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
シャーミー
30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

関連記事

発達障害料理苦手

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第4話:料理ができナイ!

私、家事が苦手な女なんです。 ありとあらゆる家事がほぼ壊滅状態ですがw、その中でも第一回では「片付けができない」についてご紹介いたしました。今回は料理について。 私は2017年7月に児童精神科にてAD …

育児ブルー産後クライシス

【実態調査】出産したらハッピー♪ばかりじゃない。産後うつ、育児ブルー、産後クライシスはあった?

笑顔の絶えない家庭にしたいそう思いながら、待望の赤ちゃんを待ち、ついに待望の我が子とご対面。 はじめての育児で毎日あたふた。 夜は赤ちゃんの泣き声でまとまって眠れない… あれ?なんだか想像してたのと違 …

物を大切にする子どもの育て方とは?

我が家には、おもちゃが溢れています。 私が買うわけでもないのに、おもちゃが増えていきます。 理由は、両親と義両親。双方の親からのプレゼントなのです。 いつでも買って貰えるこの環境。 物を大切にしない。 …

【実態調査】PTA・保護者会ってどう思いますか?

新年度を迎えると毎年やってくるのが保護者会、PTAなどの役員・係決めですよね。 じゃんけん、くじ引き、お子さんに1人につき必ず回、ポイント制など各園や学校ごとに独自のルールがあり、選出にも親の苦労があ …

夫婦の倦怠期乗り越えときめき

【実録】夫婦の倦怠期を乗り越えた先にまた「ときめき」がある…!?

最近、夫にときめいていますか? 「ときめいているだなんて……。むしろ倦怠期なんだけど……。」と思う人も多いかもしれません。 しかし今、倦怠期を乗り越えて、夫のことをまた好きになる妻たちが増えているよう …