夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは

投稿日:

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
年々、日本の離婚率は増加傾向にあります。

離婚する原因は人それぞれですが、離婚して良かったと思う時もあれば、後悔するような時もあるのではないでしょうか。

しかし最近では、婚姻状態ではあるが夫婦仲が日常的に冷え切った「冷蔵夫婦」が急増中なんだとか!

既に冷え切った関係なのに、なぜ離婚をしないのでしょうか。

夫婦の会話はLINEのみ?離婚せずに婚姻関係を続ける理由

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
「冷蔵夫婦」とは、愛情が冷めているにも関わらず共に生活し、仕事や子育てへの協力はいとわない関係と言われています。

相手に関心がない為、喧嘩をする事もなく、一見すると仲の良い夫婦に見えるのだとか。

愛情がなくても婚姻状態を続ける理由は夫婦によって様々ですが、同居をしていた方が生活費を抑えられる事や、離婚をしたいと思っても自立できる収入がないといった経済的な理由が1つとして挙げられます。

他にも、子どもがいる家庭は夫婦関係は冷めきっていても、子どもの為に一緒に暮らしている方がいいという考え方もあるそうです。

また、世間体を考えると離婚はエネルギーを使う為、同居人と割り切って婚姻関係を続けている夫婦も多いようですね。

結婚して20年の友人夫婦も、まさに冷蔵夫婦

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
友人夫婦は結婚して20年経ちますが、5年前には、離婚に向けて話し合っていました。
お互いのメリットを考えたら、同じ家に住み続けた方がいいということで、離婚することをやめ、冷蔵夫婦になりました。

この5年、会話はほとんどせず、LINEでのやりとりだけだそうです。

二人とも正社員ですが、家賃は夫が払っており、家事は妻がすべてを担っていて、休日は別々に過ごします。
子供はいませんが、ペットをお互いの子供のようにかわいがっています。

私としては、「離婚しちゃえば?」とも思いますが、離婚に向けて話し合い、疲弊していた友人が、割り切ったとたんに元気になったのを見ていると、何とも言えないところです。

場合によっては離婚も視野に

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
一方で、DVやモラルハラスメント、借金、浮気など、肉体的・精神的に苦痛がある場合は、冷蔵夫婦とは言えません。

また、夫婦だけで解決するのは難しい問題でもあるので、まずは自治体や専門家に相談をしたり、周囲に助けを求めてみる事が大切です。

無理に婚姻関係を続けて、苦しい思いをするのではあれば、離婚という選択肢も視野に入れておくといいかもしれません。

夫婦の会話はLINEだけ?それでも離婚はしない「冷蔵夫婦」とは
いかがでしたか?

冷蔵夫婦や、卒婚、家庭内別居など、世の中には、いろいろな夫婦の形がありますが、定義づけるのは、非常に難しいなと思いました。

その中で、自分たちに合った形を見つけ、お互いを尊重しながら夫婦生活を送れるといいですね。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
シャーミー
30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

関連記事

【第10話】妊娠を勘違いされ、ダイエットを決意!

こんにちは看護師で2児のママminamamaです。 みなさんはダイエットをした事はありますか? 私は最近…いや、かなり前からですが体重がヤバイです! 臨月時の体重に近づく勢いでぐんぐん伸びております! …

【第10回】結局、結婚とは良いものなのか

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 仲人という仕事をしてる中でよく相談に来てくださる方に聞かれるのが「結婚っていいものですか?」という質問。 わたしはいつもこう答えていま …

裁判員専業主婦子持ち女性ママ選ばれた話

【実録】裁判員に主婦(ママ)の私が選任された話

裁判員制度が始まってから10年以上が経とうとしています。 始まった当初は、ニュース番組などで取り上げられていましたが、どこか遠い世界の事のように感じていました。 そう、裁判所から通知が届くあの日までは …

【第7話】イクメンとは程遠かった旦那が洗濯王子に!

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 早くも7回目の掲載となりました。いつも読んでくださっている皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。 今回は影の薄い夫が登場です。 …

ママ友愚痴話す?どこまで

ママ友に愚痴を話す?夫・旦那の話をするときに注意すべきこと

子育てをしているなかで、心の支えになるのがママ友という存在。 仲が深まるにつれ、子どもの話だけでなく、時にはプライベートな話、夫の愚痴、夫婦の悩みまでもさらけ出してしまうこともあるのではないでしょうか …