夫婦の関係が良好に!?秘訣はかわいいアノの写真

投稿日:2019-12-12 更新日:

夫婦の関係が良好に!?秘訣はかわいいアノの写真

パートナーとつまらないケンカが多かったり、倦怠期を迎えたり、もうちょっと関係をよくしたいな…と思っているのに、なかなかうまくいかない、という方も多いのではないでしょうか。

確かに、人と人の関係を改善するというのは、多大なエネルギーが必要ですし、パートナーとの意思の疎通が必要です。
おいそれと気軽に行えることではありません。

しかし、簡単にパートナーとの関係が改善できる方法があったらどうでしょうか。
いま、写真を見るだけでパートナー関係の満足度が向上したという研究が話題になっています。

パートナー+かわいい動物の写真=好感情に

夫婦の関係が良好に!?秘訣はかわいいアノの写真
この研究はアメリカのフロリダ州立大学が、6週間にわたり、144組の夫婦を対象におこなったもの。

その調査によると、パートナーの写真と一緒に、動物の赤ちゃん夕日などの良いイメージの写真を見たグループは、シャツのボタンなどの良くも悪くもないイメージの写真と一緒に見たグループより、相手に対する好感度が上がったそう。

そのうえ、多くの夫婦が結婚生活の質も上向きになっていたといいます。

いったいなぜ写真を見るだけで感情が変化するのでしょうか?

夫婦の関係が良好に!?秘訣はかわいいアノの写真
これは社会心理学で「評価的条件付け」と言うそうです。
評価的条件付けは、人や物など、その近くにいたときに感じた感情に結び付くと起きるものだそう。

例えば、ある曲を聞くと初恋を思い出す、などがこれに当てはまるようです。

評価的条件付け、と言うと難しく感じますが、実は誰でも経験したことがある感覚のようですね。

それにしても写真を見るだけで感情が変化するとは驚きました。

評価的条件付けは、恋愛感情以外でも使える?

夫婦の関係が良好に!?秘訣はかわいいアノの写真
親や兄弟、同僚などもポジティブな物と結び付けることで、好感情になれるそう。

逆に、ネガティブな物と人を関連付けてしまうとその人が嫌いになる可能性があるといいます。

研究に携わったマクナルティー氏は、

「日常のストレスなどネガティブな影響をパートナーと関連付けてしまうことで、相手へ不満を抱くようになってしまう」

とのこと。

気づかないうちに不満をためこんでしまうのは、こういったことも一因だったのですね。

日頃、パートナーとの関係に悩んでいる人は試してみる価値がありそうです。
夫婦の関係が良好に!?秘訣はかわいいアノの写真
ちなみに私も夫と喧嘩したときに、娘の赤ちゃんだったころの写真を見て、心を落ち着けよう!と思ったのですが、その当時にした小さな喧嘩などを思い出してしまって、余計に腹が立ってしまった経験があります。

評価的条件付けをするなら、無条件にかわいい子猫や子犬の写真がいいかもしれません。

動物の赤ちゃんの写真をたくさんストックしておいて、夫との関係がうまくいかないときは、眺めるようにしようと思いました。

【参考】
ママニティ、NEWSWEEK、The Wall Street Journal 、ねとらぼ、NATIONAL GEOGRAPHIC


30代後半。都内在住新米ママ。夫と娘の3人家族暮らし。
ママとしての知識と経験を増やしていきたいです!
漫画も描いてます!

関連記事

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本

子どもが生まれて半年くらい経った時の話です。 知人と会話中「産後、体力も落ちるし、なんだか疲れが溜まっている」と、私が話をした時、その場にいた知人が言いました。 え?なんで疲れるの?毎日、昼間は子ども …

夫に「早く帰って来て」と思う妻はまさかの4割!?

近年、日本では長時間労働が問題になっています。 残業や徹夜は当たり前、長時間労働という感覚すら麻痺し、いつの間にか体調不良になっている…そんなこともありますよね。 働くママが増えたことで、 …

11月22日はいい夫婦の日♡カップル・夫婦が長続きする絶対的な8つのコツ

11月22日はいい夫婦の日。 1988年に財団法人余暇開発センターが夫婦で余暇を楽しむライフスタイルを提唱し、「いい夫婦」との語呂合わせで11月22日に決定したといわれています。 参考:https:/ …

義実家つきあい方帰省

【実態調査】義実家とのつきあい方<アンケート結果発表>

子育て世帯のみなさん年末年始はお互いの実家へ帰省する人も多そうですね。 義実家に行くのは自分の実家とは違い、気を遣うし、なんとなく気が重いと感じている人も多いはず。 そもそもみんな義実家とつき合い方は …

頭痛・発熱・頭痛・倦怠感…その体の不調、仮面うつ病かも!?

厚生労働省が実施している患者調査によると、平成23年の鬱病患者数は約70万人、患者数は年々増加傾向にあります。 また、鬱病の一歩手前の状態のことを「仮面うつ病」と呼ぶことがあり、心が不安定になり、頭痛 …