浮気してる? 働く妻が旦那の心を取り戻す3つのセリフ

投稿日:2018-03-28 更新日:

旦那の心を取り戻すセリフ1「うん!カッコイイ!」

毎日忙しく働いていると、どうしても後回しになることがあります。

細かい掃除、時間をかけた料理、そして旦那のこと……。

そんな日常が続く中、「旦那がいつもと少し違う?」と感じるなら要注意!

第六感が旦那の浮気を疑っているのかもしれません。

浮気をしているかもしれない旦那の心を取り戻す

今回は、浮気をしているかもしれない旦那の心を取り戻すため、働く妻がカンタンに使えるセリフ3つを紹介します。

旦那の心を取り戻すセリフ1「うん!カッコイイ!」

旦那の心を取り戻すセリフ1「うん!カッコイイ!」

結婚をしてからも身だしなみに気をつけている男性の多くはいつまでも男性として認めて欲しいという強い欲求をもっている傾向があります。

ですから、あなたの旦那さまが身だしなみに気をつける男なら、旦那の服装をチェックした後に「うん!カッコイイ!」と言ってみましょう。

毎日言うのは大変……ということであれば、2~3日に1度でもかまいません。

いつまでも男性として認めて欲しい

一定のタイミングで旦那のスタイルを褒めてあげることにより、旦那さまは自分が妻に夫としてではなく男として認めてもらえたと実感しやすくなります。

すると、今まで外に向いていた承認欲求が家の中に向きやすくなろ、旦那の心も外から戻ってきやすくなります。

旦那の心を取り戻すセリフ2「頼りになる!」

旦那の心を取り戻すセリフ2「頼りになる!」

男性にとって女性に頼られるということは、男としての強さの証明なのです。

おまけに、女性は女性でも、しっかりものの女性に頼られるほど、男性は頼られた充実感でいっぱいになります。

ですから、旦那さまの心を取り戻したいなら、甘えてみましょう。

そして、甘える時には「頼りになる!」というセリフも付け加えてみて下さい。

家の中に自分を頼りにする存在がいる

家の中に自分を頼りにしてくれる存在がいるとわかれば、旦那の心は自然と外から戻ってきます。

旦那の心を取り戻すセリフ3「家ではゆっくり休んでね!」

旦那の心を取り戻すセリフ3「家ではゆっくり休んでね!」

男性の中には、仕事でのストレスを家には持ち込まず、外で発散させる人がいます。

このような男性の多くは妻や家族に心配をかけてはいけないという思いが強くなる傾向があります。

ですから、あなたの旦那さまが外出の多い男なら、「家ではゆっくり休んでね!」と声をかけるようにしましょう。

旦那に聞いてもらいたい話がたくさんあっても、です。旦那さまの休息を優先させましょう。

旦那の心は安心できる場所を作ってくれた妻のもとに戻ってくる

そうすることで、家の中でもストレスを解消できるとわかれば、旦那の関心は家の中に向きます。

そして、旦那の心は安心できる場所を作ってくれた妻のもとに戻ってくるのです。

いかがでしたか?

家庭円満を長続きさせるカギは、男性ではなく女性が握っているようです。

旦那に浮気疑惑を感じたのであれば、責めるのではなく、自然に戻ってくるようにうまく誘導してあげてください。

理想の家庭をつくるのは、いつの時代も女性なのかもしれません。

【参考】All About , Menjoy! など


クロエ無料占い不倫浮気略奪愛

-恋愛
-

関連記事

熟年離婚なんて怖くない! 年齢を重ねても長く夫に愛される妻になる5つの方法

結婚してしばらく経つと、夫との間にドキドキを感じることって減っていきますよね? 「女として見られなくなってきた?」なんて不安になることもあるかもしれません。 年を重ねれば、「若くないし」「しわも増えて …

あなたは旦那との相性に”しっくり”きていますか?

みなさんは、結婚相手との相性は良いと感じていますか? 中には新婚当初から、ずっと仲良しの夫婦もいれば、夫婦仲が悪化して、結婚を後悔する夫婦もいることでしょう。 でも離婚をしたり、険悪な雰囲気で結婚生活 …

カサンドラ症候群妻夫旦那アスペルガー

夫と意思の疎通ができない?それって「カサンドラ症候群」かも!?

カサンドラ症候群という言葉を聞いたことがありますか? カサンドラ症候群とは、発達障害(主にアスペルガー症候群)のある夫又は妻と、うまくコミュニケーションを取れずに苦しみ、配偶者がうつや神経衰弱等の身体 …

【夫婦円満の秘訣】これからの夫婦は《家事分担》から《家事シェア》へ

家のことは全部妻がやり、夫は外で働く。 そんな亭主関白的夫婦像は、もはや過去のもの。 イマドキは、夫も妻も家事ができなければ、円満な夫婦生活は送れません! 「家事分担は大切!」といわれるようになって久 …

夫に「早く帰って来て」と思う妻はまさかの4割!?

近年、日本では長時間労働が問題になっています。 残業や徹夜は当たり前、長時間労働という感覚すら麻痺し、いつの間にか体調不良になっている…そんなこともありますよね。 働くママが増えたことで、 …