浮気してる? 働く妻が旦那の心を取り戻す3つのセリフ

投稿日:2018-03-28 更新日:

旦那の心を取り戻すセリフ1「うん!カッコイイ!」

毎日忙しく働いていると、どうしても後回しになることがあります。

細かい掃除、時間をかけた料理、そして旦那のこと……。

そんな日常が続く中、「旦那がいつもと少し違う?」と感じるなら要注意!

第六感が旦那の浮気を疑っているのかもしれません。

浮気をしているかもしれない旦那の心を取り戻す

今回は、浮気をしているかもしれない旦那の心を取り戻すため、働く妻がカンタンに使えるセリフ3つを紹介します。

旦那の心を取り戻すセリフ1「うん!カッコイイ!」

旦那の心を取り戻すセリフ1「うん!カッコイイ!」

結婚をしてからも身だしなみに気をつけている男性の多くはいつまでも男性として認めて欲しいという強い欲求をもっている傾向があります。

ですから、あなたの旦那さまが身だしなみに気をつける男なら、旦那の服装をチェックした後に「うん!カッコイイ!」と言ってみましょう。

毎日言うのは大変……ということであれば、2~3日に1度でもかまいません。

いつまでも男性として認めて欲しい

一定のタイミングで旦那のスタイルを褒めてあげることにより、旦那さまは自分が妻に夫としてではなく男として認めてもらえたと実感しやすくなります。

すると、今まで外に向いていた承認欲求が家の中に向きやすくなろ、旦那の心も外から戻ってきやすくなります。

旦那の心を取り戻すセリフ2「頼りになる!」

旦那の心を取り戻すセリフ2「頼りになる!」

男性にとって女性に頼られるということは、男としての強さの証明なのです。

おまけに、女性は女性でも、しっかりものの女性に頼られるほど、男性は頼られた充実感でいっぱいになります。

ですから、旦那さまの心を取り戻したいなら、甘えてみましょう。

そして、甘える時には「頼りになる!」というセリフも付け加えてみて下さい。

家の中に自分を頼りにする存在がいる

家の中に自分を頼りにしてくれる存在がいるとわかれば、旦那の心は自然と外から戻ってきます。

旦那の心を取り戻すセリフ3「家ではゆっくり休んでね!」

旦那の心を取り戻すセリフ3「家ではゆっくり休んでね!」

男性の中には、仕事でのストレスを家には持ち込まず、外で発散させる人がいます。

このような男性の多くは妻や家族に心配をかけてはいけないという思いが強くなる傾向があります。

ですから、あなたの旦那さまが外出の多い男なら、「家ではゆっくり休んでね!」と声をかけるようにしましょう。

旦那に聞いてもらいたい話がたくさんあっても、です。旦那さまの休息を優先させましょう。

旦那の心は安心できる場所を作ってくれた妻のもとに戻ってくる

そうすることで、家の中でもストレスを解消できるとわかれば、旦那の関心は家の中に向きます。

そして、旦那の心は安心できる場所を作ってくれた妻のもとに戻ってくるのです。

いかがでしたか?

家庭円満を長続きさせるカギは、男性ではなく女性が握っているようです。

旦那に浮気疑惑を感じたのであれば、責めるのではなく、自然に戻ってくるようにうまく誘導してあげてください。

理想の家庭をつくるのは、いつの時代も女性なのかもしれません。

【参考】All About , Menjoy! など


クロエ無料占い不倫浮気略奪愛

-恋愛
-

関連記事

実態調査:不倫したことありますか?<アンケート結果発表>

主婦にだって誰にも言えない秘密がある……。 男性の浮気や不倫はよく聞く話しですが、果たして女性の浮気や不倫はどうなのでしょうか? 今回はママニティ読者のみなさんに調査した結果を紹介します。 質問:女性 …

日本と比較!世界の結婚&離婚事情について

日本と比較!世界の結婚&離婚事情について

日本はかつて誰しもが当たり前に「結婚」をする社会でした。 しかし近年では女性の社会進出、経済的に余裕がないなどの理由を背景に婚姻率は低下しています。 また婚姻率低下とは逆に、離婚率の方は高まっています …

【第10回】結局、結婚とは良いものなのか

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 仲人という仕事をしてる中でよく相談に来てくださる方に聞かれるのが「結婚っていいものですか?」という質問。 わたしはいつもこう答えていま …

【アンケート調査結果】2人目以降不妊ってどう?

「望んでいる2人目、3人目がなかなかできない!」 意外に多いと言われている2人目以降の不妊。 そこで実際に2人目以降の不妊で悩んでいるママの声をアンケートで調査しました。 今まさに悩んでいる、かつて体 …

夫に対する妻のイライラ。原因は男女の脳の違い?

皆さんはほんと小さなことがきっかけで夫婦喧嘩になることはありませんか? 「靴下をここで脱がないで!何度言ったらわかるの!」 「ゴミはちゃんと分別してよ!」 こんな些細なことでもケンカの火種になることが …