ここが違う!?「夫を出世させる」妻が持っている2つの共通ポイント

投稿日:2019-06-14 更新日:

ここが違う!?「夫を出世させる」妻が持っている2つの共通ポイント
「●●さんの旦那さん、××会社の部長さんなんだって!」
最近友人と話しているときにこんな話題が上がりました。

夫がどんどん出世している家庭の奥様って、何か違いがあるのだろうか?という疑問が湧いてきました。

今回は私なりに気付いたことろをまとめた「夫を出世させる妻」が持っている共通ポイント2つをご紹介いたします。

1.イライラしていないで、夫を信じること!

良妻賢母夫出世

仕事ばかりで一切家事を手伝ってくれない、休みの日も自分は何もしないでいるだけ…

「私はこんなに頑張っているのになぜあなたは××なの?」

など「不満」をついついぶつけてしまう方は要注意かもしれません!

お金やくらしなどのことでついつい何かを言いたくなってしまう、気持ちも分かりますが、賢い妻ほどそこを上手にコントロールしています。

妻が夫のことを信じて理解してあげることで、それが仕事の自信へとつながります。
何か不満が口から出そうになったら一度気持ちをぐっと抑えつつ、

「いつも家族のために頑張ってくれてありがとう」

という感謝の言葉をかけてあげることがいいと思います。

言わなくてもきっと伝わっているだろうと考えるのはNGです。
なんだか改まっていうのは恥ずかしい…と思うかもしれませんが、そんなときは日々のちょっとことしたことにでも「ありがとう」と口に出すことから始めてみませんか?

感謝をされて嫌がる人はいません。

こんなことで本当に変わるかな?と最初の頃は思うかもしれませんが、夫婦の仲がいいと答える家庭ほど、夫婦の会話の回数が多い傾向にあります。

まずは、小さなことから始めてみませんか?

2.仕事に関して口出ししない、ダメ出しをせず心安らぐ環境をつくってる

夫婦円満コツ
先ほどあげた夫を信じることに通じるところはありますが、仕事に対してあれこれと口出しするのもよくありません。

「なんでそんなに帰るのが遅いの?仕事できないからじゃない?」

など、ダメ出しなんてもってのほかです。

夫のプライドはずたずたに引き裂かれてしまうでしょう。

仕事に対して何か思い悩んでいるようであれば、そっと見守りつつ、何かアドバイスを求められたら答えるぐらいの姿勢でいましょう。

また美味しい料理をふるまってあげたり、体調管理を気遣ってあげるなど心安らげる環境づくりを心掛けるのもいいと思います。
夫の1日の終わりにそっと疲れを癒してあげられるような心身のケアしてあげられるといいですね。

夫の出世ももちろん大事ですが、その前に人生のパートナーとしてこれからも長い間歩み続けなければいけない…。

そう考えるとお互いがいつも良い関係でいるために、努力をしていきたいですよね。

でも、妻(自分)ばかり、こんなに努力をしなければいけないのかと思ってしまったら、夫としっかり話し合う機会を設けましょうね。

出典:ママニティ

編集:35style

関連記事

【40代初婚】子どもは欲しいがプレッシャーで中折れしてしまう

妊活中の夫婦にとって、周囲からの「赤ちゃんはまだ?」という何気ない言葉がプレッシャーになることがあります。 それは女性だけではなく、男性も同じ。 姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お金やくら …

キッチンドリンカーアルコール依存女性

【医師監修】キッチンドリンカー?欲求不満が原因なのかお酒が飲みたくなります。

キッチンドリンカーという言葉を聞いたことがありますか? 女性が家事をしながら、料理に使っているお酒を味見し、次第にその味にハマってしまい飲むのをやめられなくなってしまった状態をアメリカでキッチンドリン …

【第13話】無料(タダ)で幸福な気持ちになる最強の幸せホルモンとは!?

こんにちは、シャーミーです! 相変わらず貧乏街道まっしぐらな我が家ですが、最近気になる情報をゲット。 家族3人、貧乏都内暮らし! シャーミーさんのバックナンバーはこちら 無料(タダ)で幸福な気持ちにな …

浮気をする男としない男の4つの見極めポイント

【男が教える!】浮気しない男性を探すための5つのポイント

浮気、不倫、離婚に発展する夫婦のトラブル件数でも上位にカウントされるテーマ。 みなさんのまわりにも彼氏や旦那の浮気で苦しんだ方がおられるかもしれません。 不倫は文化、浮気は男の甲斐性、など、男性にとっ …

【実態調査】男女産み分け、チャレンジ&成功しましたか?

男の子は81%、女の子は80%の確率で男女産み分けが可能(※1)など言われていますが、男の子でも女の子でも生まれてくる子は、かわいい我が子! でも、「1人目は女の子が欲しい!」とか「2人目は男の子がい …