ここが違う!?「夫を出世させる」妻が持っている2つの共通ポイント

投稿日:2019-06-14 更新日:

ここが違う!?「夫を出世させる」妻が持っている2つの共通ポイント
「●●さんの旦那さん、××会社の部長さんなんだって!」
最近友人と話しているときにこんな話題が上がりました。

夫がどんどん出世している家庭の奥様って、何か違いがあるのだろうか?という疑問が湧いてきました。

今回は私なりに気付いたことろをまとめた「夫を出世させる妻」が持っている共通ポイント2つをご紹介いたします。

1.イライラしていないで、夫を信じること!

良妻賢母夫出世

仕事ばかりで一切家事を手伝ってくれない、休みの日も自分は何もしないでいるだけ…

「私はこんなに頑張っているのになぜあなたは××なの?」

など「不満」をついついぶつけてしまう方は要注意かもしれません!

お金やくらしなどのことでついつい何かを言いたくなってしまう、気持ちも分かりますが、賢い妻ほどそこを上手にコントロールしています。

妻が夫のことを信じて理解してあげることで、それが仕事の自信へとつながります。
何か不満が口から出そうになったら一度気持ちをぐっと抑えつつ、

「いつも家族のために頑張ってくれてありがとう」

という感謝の言葉をかけてあげることがいいと思います。

言わなくてもきっと伝わっているだろうと考えるのはNGです。
なんだか改まっていうのは恥ずかしい…と思うかもしれませんが、そんなときは日々のちょっとことしたことにでも「ありがとう」と口に出すことから始めてみませんか?

感謝をされて嫌がる人はいません。

こんなことで本当に変わるかな?と最初の頃は思うかもしれませんが、夫婦の仲がいいと答える家庭ほど、夫婦の会話の回数が多い傾向にあります。

まずは、小さなことから始めてみませんか?

2.仕事に関して口出ししない、ダメ出しをせず心安らぐ環境をつくってる

夫婦円満コツ
先ほどあげた夫を信じることに通じるところはありますが、仕事に対してあれこれと口出しするのもよくありません。

「なんでそんなに帰るのが遅いの?仕事できないからじゃない?」

など、ダメ出しなんてもってのほかです。

夫のプライドはずたずたに引き裂かれてしまうでしょう。

仕事に対して何か思い悩んでいるようであれば、そっと見守りつつ、何かアドバイスを求められたら答えるぐらいの姿勢でいましょう。

また美味しい料理をふるまってあげたり、体調管理を気遣ってあげるなど心安らげる環境づくりを心掛けるのもいいと思います。
夫の1日の終わりにそっと疲れを癒してあげられるような心身のケアしてあげられるといいですね。

夫の出世ももちろん大事ですが、その前に人生のパートナーとしてこれからも長い間歩み続けなければいけない…。

そう考えるとお互いがいつも良い関係でいるために、努力をしていきたいですよね。

でも、妻(自分)ばかり、こんなに努力をしなければいけないのかと思ってしまったら、夫としっかり話し合う機会を設けましょうね。

出典:ママニティ

編集:35style

-恋愛
-

関連記事

もしかしてあなたの家にもいる?残念なイキモノ~旦那編~

もしかしてあなたの家にもいる?残念なイキモノ~旦那編~

まもなく結婚11年目の我が家。 他人と暮らす難しさを常々実感し、イラついて悩むことも多々あり、相手は宇宙人だと思うようにしています。 なんで結婚前に気付けなかったんだろうと思うエピソードや、なぜか人に …

熟年離婚回避夫に長く愛される妻になる方法感謝

【第5回】コロナ離婚も多いけど、もしパートナーがいなかったら…

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 新型コロナのニュースで一色になり、テレビを付けると不安になる、ひとりで家にいることが不安になるという状況になっている今。 こんな時、ぐ …

夫婦間秘密にすべきこと

秘密ゼロは危険? 夫婦間でもオープンにすべきではない3つの大事なこと

夫婦なんだから、何でも打ち明け合うべき。 秘密がある夫婦はうまくいかない。 こんなことをいう人、いますよね。 確かに間違いではないけれど、夫婦の間でも秘密にしておいたほうがいいことってあるんです。 何 …

【第7話】イクメンとは程遠かった旦那が洗濯王子に!

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 早くも7回目の掲載となりました。いつも読んでくださっている皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。 今回は影の薄い夫が登場です。 …

【アンケート調査結果】2人目以降不妊ってどう?

「望んでいる2人目、3人目がなかなかできない!」 意外に多いと言われている2人目以降の不妊。 そこで実際に2人目以降の不妊で悩んでいるママの声をアンケートで調査しました。 今まさに悩んでいる、かつて体 …