Q,シミやシワを隠そうと厚化粧に…なんだか顔がゴワついている。

投稿日:2018-09-25 更新日:

Q,シミやシワを隠そうと厚化粧に...なんだか顔がゴワついている。

アラサー、アラフォー、アラフィフと年齢を重ねるにつれ、
「顔のシミやくすみ、目の下のクマが気になる!」
「顔がゴワついていて、ツヤ感がない!」

という方も多いのではないでしょうか。

今回はダレノガレ明美さん、ざわちんさんなど、数多くの芸能人やタレントの目元を担当している、目元プロデューサー・垣内綾子さんにアラサー・アラフォーの目元のメイクのお悩みを解決するテクニックを教えて頂きました。

シワやシミ、クマをメイクで隠そうとすると、いつの間にか厚化粧に…。

Q,シミやシワを隠そうと厚化粧に...なんだか顔がゴワついている。

今回のご相談はこちら!

目の周りのシワやシミ、目の下のクマが目立ち、顔全体の血色が悪いです。コンシーラーなどメイクで隠そうとするとかなり厚化粧になってしまいます。
肌に透明感やツヤ感なんて全くないし、なんだか顔がゴワついています。

コンプレックスを隠そうと厚化粧はNG!

加齢と共に、
「涙袋が垂れてぽっこりなってしまう。」
「クマが濃くなってきた。」

などのお悩みを抱える方は多いです。

そのお悩み部分を隠そうと、一生懸命コンシーラーをされる方が多いのですが、先ほども言ったように、目の周りの筋肉はまばたきで動くのでメイクがヨレてきます。
それが逆に老けてきた部分を目立たせてしまっている

コンシーラーは塗っても薄づきにして頂いて、(塗らなくても良いぐらい)黒目の下のあたりにチークをいれる。


(垣内綾子さんインスタグラムより引用)

そうすると血色がパンと上がり、くすみとクマが一気に飛んでくれます。
血色を上げることで、年齢が若くみえます。

古い角質や汚れ、落とせていますか?土台つくりも大切です。

Q,シミやシワを隠そうと厚化粧に...なんだか顔がゴワついている。

ガサガサした肌やツヤ感がない肌は綺麗に見えないので、洗顔はしっかりして欲しいと思います。

加齢とともにターンオーバーが悪くなり、皮が厚くなりごわついてきます。
こういった場合、古い角質や汚れを落としきれていない可能性があるので、酵素系の洗顔などで古い角質を落としてあげることがまず大切です。

「若見せ=UVケア」は必須!しっかり対策を。

Q,シミやシワを隠そうと厚化粧に...なんだか顔がゴワついている。

一番の老化の原因は紫外線と言われているので、目の際までしっかり塗って欲しいですね。
直射日光で一気に焼けちゃうとお肌もびっくりして吹き出物やイボになったりすることもあります。

肌の表面は凹凸と言われていますなので、日焼け止めはちょっと叩いて、しっかり塗ってあげた方が良いと思います。
特に目元の周りは優しく叩き込んでいれてあげてください。

忙しいお母さんたちは小まめに日焼け止めを塗るのも大変なので、UVカットのパーカーを一つ持っておくと便利ですよ。

紫外線を受けてしまったらパックでたっぷり保湿

Q,シミやシワを隠そうと厚化粧に...なんだか顔がゴワついている。

それでもはやり紫外線は受けてしまうものです。
保湿はすごく大事なので、パックをしてあげると良いと思います。100均やドラッグストアでもお手軽に手に入るので、是非使ってください。。

ひとつひとつの積み重ねが、後々響いてきます。

垣内綾子(かきうちあやこ)
監修:垣内綾子(かきうちあやこ)

1万人以上の目元を変えてきた目元プロデューサー。ステージアップを求めて渡ったニューヨークでまつげエクステと出会いこれほどに目元を自然に、そして大きく変えられるものはないとう予感を抱く。
帰国後にまつげエクステサロン『MANHATTAN』をオープン。現在8店舗に拡大。
”アイスタイルドクター”と呼ばれるほど目元の診断に優れ、今では芸能人も通い詰める人気サロンへ。
オリジナルマスカラなどのプロデュースも手掛ける。日本エステティック協会 認定エスティシャン 美容師免許保有。

◆著書紹介◆


愛の伝道師JUNOユノ無料占い師1時間成就

-ビューティー, ライフスタイル
-

関連記事

女性は結婚した方が幸せ?しない方が人生お得なの?

みなさんは、「女性の幸せって何?」と聞かれたら何と答えますか? 真っ先に「結婚」と答える人は年々減ってきているのではないでしょうか。 今は女性のライフスタイルや価値観も様々。”結婚=幸せ”だったのは、 …

トマトダイエット効果効能

夏バテ、肌荒れ対策、健康維持にも♪今が旬!トマトを使ったダイエットとは?

サラダなどで食べる機会が多いトマト。 ジュース、トマト缶などいろいろな保存法があるので、手に入りやすいですよね。 ダイエットで取り入れている人も多いのではないでしょうか。 今回はトマトの効能、トマトを …

男女の発達の違い男の子話聞いてない

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

「子どもを誉めて育てよう」という言葉があります。 私はこの言葉を鵜呑みにして長男をただ異常に誉めました。 一緒に歩いていて、急に走り出したら「凄い!早く走れるね!」 高いところに登ったら「凄い!高くま …

【簡単】イヤ~な洗濯物の生乾き臭!確実に消す・防ぐための方法3つ!

悪天候が続いたりすると、どうしても洗濯物は家の中で干す…という事になっちゃいますよね! そして、家の中だと中々乾かない→次の洗濯物がやってくると言う感じで部屋の中がだんだんと窮屈になっていき、やがて変 …

子供の癇癪(かんしゃく)に意外な理由が?

泣いたり、足をバタバタさせたり、叫び声を上げたり…。 2歳~4歳の子どもによくあることとはいえ、癇癪(かんしゃく)が治まらずに困ってしまうママも多いのではないでしょうか。 子供の癇癪(かんしゃく)はな …