くらしの豆知識 美容・健康

Q,アイシャドウはブラウン以外、冒険できない!

投稿日:

Q,アイシャドウはブラウン以外、冒険できない!
アラサー、アラフォー、アラフィフのみなさんは何色のアイシャドウを使っていますか?

シーズンごとにたくさんのカラーのアイシャドウが販売されているのに、”いつもブラウンばかりを選んでしまう…”という方も多いのではないでしょうか。

このアンケート結果からもわかる通り、目元メイクに満足出来ていない女性は多数。

Q,アイシャドウはブラウン以外、冒険できない!
出典:『人生が動き出す! ナチュラルデカ目の作り方』

今回はダレノガレ明美さん、ざわちんさんなど、数多くの芸能人やタレントの目元を担当している、目元プロデューサー・垣内綾子さんにアラサー・アラフォーの目元のメイクのお悩みを解決するテクニックを教えて頂きました。

アイシャドウはブラウンを手放せない!もう20年近く同じメイク…。

今回のご相談はこちら!

アイシャドウはブラウン以外、冒険できない自分がいます。
毎シーズン、たくさんの色のアイシャドウが出ているのに迷った結果、結局ブラウンに。。
かれこれ、もう15年、20年同じメイクです。。(42歳/みなちゃんさん)

いっそのこと、ブラウンアイシャドウは手放して

Q,アイシャドウはブラウン以外、冒険できない!

人間は年齢を重ねるにつれ、肌がくすみ、目もくぼんできます。これはどうしても仕方ないことですよね。
そこに、ブラウンや黒などの濃い色アイシャドウを使うと、さらに奥行き感が出てしまい、一層、目がくぼんで老け顔メイクになってしまいがちです。
思い切って、ブラウンを手放して欲しいと思います。


(垣内綾子さんインスタグラムより引用)

若見えのポイントはまつ毛が美しく見えること

Q,アイシャドウはブラウン以外、冒険できない!

やはり目元が若々しく見えるポイントは、「根本からしっかり上がっている放射線状のまつ毛」がすごく大切なんです。
そのまつ毛を綺麗に目立たせるのが“ゴールドカラー”。目元に光を入れてまぶたをパッと明るく見せてくれます。


(垣内綾子さんインスタグラムより引用)

大人の女性はカラー系アイシャドウを差し色で

カラー系のアイシャドウはライン使いするのもポイントです。
アイシャドウのパレットで全然使っていない捨て色ってありませんか?
挑戦したかったけど出来なかったカラーなども、目じりの際、1/3くらいに少しだけ入れてあげると印象がガラッと変わります。

例えば、年齢を重ねるとカラー物の洋服を着るのに抵抗が出てきますよね。
でもバッグやスカーフで刺し色として色を入れてあげるとすごくお洒落で綺麗に見えるじゃないですか。

これと同じで、大人の女性は差し色感覚でアイシャドウを使って欲しいと思っています。
とても、お洒落な女性らしく、色っぽく見えるので、すごくおすすめです!

どうしてもブラウンを手放せない方は、ブラウンに少しゴールドをオンしてみる。
赤み系の色をさし色で使ってみると雰囲気が変わりますよ。
四季彩エイジングケア美容液:SLKトライアルセット

垣内綾子(かきうちあやこ)
監修:垣内綾子(かきうちあやこ)

1万人以上の目元を変えてきた目元プロデューサー。ステージアップを求めて渡ったニューヨークでまつげエクステと出会いこれほどに目元を自然に、そして大きく変えられるものはないとう予感を抱く。
帰国後にまつげエクステサロン『MANHATTAN』をオープン。現在8店舗に拡大。
”アイスタイルドクター”と呼ばれるほど目元の診断に優れ、今では芸能人も通い詰める人気サロンへ。
オリジナルマスカラなどのプロデュースも手掛ける。日本エステティック協会 認定エスティシャン 美容師免許保有。

◆著書紹介◆


愛の伝道師JUNOユノ無料占い師1時間成就

-くらしの豆知識, 美容・健康
-,

関連記事

ADHD名前覚えられない

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第6話:名前が覚えられナイ!

私、名前が覚えられない女なんです。 人の名前はもちろん、地名も商品名も本の題名も、固有名詞はだいたい覚えられません。 この間なんて、最近はやりの「ハーバリウム」 (植物をオイルにつけて飾れる、みたいな …

【第1話】貧乏ですが何か(笑)?ママ友との生活レベルに驚く日々です。

今月から4コマ漫画の連載をさせていただくことになった金なし、コネなし、リズム感なしのアラフォー主婦「シャーミー」です。 素敵な暮らしを夢見るが、現実との大きなギャップに笑うしかない日々ですが、「なんと …

花粉情報2019

ひどい花粉症になる前に!しっかり予防・対策・治療をしよう

冬が終わり、春が近づく今、天気予報と一緒に花粉の飛散情報を伝えるようになってきますよね。 わが国では花粉症は今では国民の4分の1、約2500万人にまでなっているそうです。 もはや「国民病」とも言われる …

流産死産体験談

つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。 日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりま …

甘酒の日1月20日大寒

3日で効果が実感できる!?さむ~い時期に飲みたい甘酒のダイエットパワー!

1月は1年で最も寒いと言われる大寒が控えています。寒い時期に飲みたくなる冬の飲み物といえば、甘酒。 大寒(1月20日)は、このあたりに最も売れることから「甘酒の日」でもあるそうですよ。 最近では甘酒の …