子育て 食育

「落ち着きのない子供」原因はあの成分が足りないから?

投稿日:2018-03-24 更新日:

子供遊び

今日は子連れでママ友と外食。

そんな時、落ち着きなく店内を歩きまわってしまったのは、なんとうちの子だけ!

「うちの子供だけ、どうして落ち着いて座っていられないのかしら……」

こんな悩みを抱えているママが大勢います。

しかし、「私のしつけが悪いの?」と悩んではいけません。

ある成分の不足が子供に落ち着きを奪っている可能性があるからです。

子供が落ち着かない理由はミネラル不足!

子供が落ち着かない理由はミネラル不足

ミネラルとは、 糖質・脂質・タンパク質・ビタミンと並び五大栄養素の1つで、「無機質」「灰分(かいぶん)」とも呼ばれます。

ミネラルは人体で作ることができないので、食事から摂る必要があります。

日本の場合、厚生労働省がカルシウムナトリウム鉄分などの13元素をミネラルとして食事から摂るように定めています。

ミネラルは骨や歯になる

ミネラルは骨や歯になったり、代謝を高めたりなど、体の中で様々な役割を担っています。

しかし、現代は食品の精製が進んだこともあり、食事から摂ることができるミネラルが減っています。

そのような中、白砂糖や添加物の多い食品を食べると、体内にわずかしか残っていないミネラルが更に減ってしまいます。

その結果、身体の調節や脳内の神経伝達に悪影響を与えてしまう恐れがあるのです。

落ち着きのない子供にはミネラル豊富なメニューを!

例えば、不足すると神経が興奮しやすくなるマグネシウムを食事から摂るなら大豆製品がオススメです。

マグネシウムを食事から摂るなら大豆製品

子供にとって必要なマグネシウム量は、体重1kgあたり5mgまでとされています。

つまり10kgの子供なら50mgのマグネシウムが必要だと言うことです。

これを食事で摂ろうとすると

  • 油揚げ40g(1枚弱)なら52mg
  • 納豆50g(1パック)なら50mg

のマグネシウムを摂ることができます。

マグネシウムの他にも、カルシウムや鉄分など、子供の成長そのものに欠かすことができないミネラルがたくさんあります。

海藻類や根菜類などを上手に使って子供に食べさせてあげましょう。

海藻類や根菜類などを上手に使っ

子供の体内でミネラルの量が安定し、自然と落ち着く可能性があります。

 

母親の笑顔

子供が落ち着かなくて不安……。

そんな時には、まず食事面を見直してみましょう。

そして、子供の落ち着きはもちろん、子育てについて悩むことがあるなら専門家に相談しましょう。

ママが一人で悩みを抱えていては、大好きな母親に笑顔がないと子供が不安になり、子供の情緒不安定を招きかねません。

子供にとって一番の安定剤はママの笑顔なのですから……。

 
【参考】農林水産省HP, EatSmartなど


ママ記者:美郷(misato)
お酒&お肉LOVEの妊活中ライター。2つ年上の旦那と東京で2人暮らし。 毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子供を妄想しつつ世界各国の育児ノウハウを収集中!


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

鑑定歴30年の本格占い師に学ぶ
大人気の易占い講座
占い師になるには?
資格不要で主婦に人気!

-子育て, 食育
-

関連記事

【魔法の言葉がけ】子どもが気持ちをうまく表現できるようになる!

大人になっても難しい「自分の気持ちを表現し伝えること」。 小さな子ども達はうまく自分の気持ちを伝えることができないため、つい手が出てしまうことがあります。 うちの子も、おもちゃを取られてついお友達をパ …

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘

私は息子が小さい頃から「嘘つきは泥棒の始まり」と言い続け、育てました。 すると小学三年生となった息子は「どうしよう…警察に捕まってしまう…」とビクビクするようになってしまいました。 厳しくするのは程々 …

子育て上手な親になるための、たった1つの方法。

「素敵な子どもに成長させてあげたい」 親なら誰もが願うことではないでしょうか。 どんな子育てをすれば良いのか、子育て上手な親になるにはどうすれば良いのか。 そう考える日々が続いた頃、子どもが小学校に上 …

流産死産体験談

つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。 日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりま …

男女の発達の違い男の子話聞いてない

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

「子どもを誉めて育てよう」という言葉があります。 私はこの言葉を鵜呑みにして長男をただ異常に誉めました。 一緒に歩いていて、急に走り出したら「凄い!早く走れるね!」 高いところに登ったら「凄い!高くま …