ママ心配…女の子とばかり遊ぶ男の子が小学校に入るとこうなった。

投稿日:2021-02-20 更新日:


家で育児をしていると気づかないですが、集団生活に入って「あれ?」と気づく事があります。今まで何とも思わなかったけど、「うちの子大丈夫かな?」と不安になる事は、誰もが経験する事だと思います。

数年前、私に相談に来られた方の話です。

「うちの息子(4歳/年少/以下S君)は、幼稚園で女の子とばかり遊んでいるんです。うちの子大丈夫でしょうか?」

という内容でした。

男の子は男の子と遊ぶという価値観

わかります。そうなんですよね。

つい、男の子だから同性と仲良く遊ぶものだろうと想像しがちなのですが、実際にこの時期の子ども達には、男の子だから…女の子だから…という感覚はあまり無いように思えます。

ママの話をよく聞くと、S君は、家でごっこ遊びが好きで、ずっとひとりで遊んでいるそうです。

家にいる時は、特に気にしてなったそうですが、幼稚園に入園し、女の子とばかり遊んでいる姿に不安を覚えるようになったいうお話でした。

なるほど!とピンときました。(^^)/

きっと、S君は、想像力がとても豊かな子なのです。

女の子は、男の子より成長が早く、また、ごっこ遊びが大好きなので、みんなそれぞれが「自分の世界」を持っています。きっと、女の子とだと、想像力を共有する事が出来、居心地が良いのだと思います。

もちろん、男の子だって「ヒーローごっこ」します。うちの息子も大好きでした。

ですが、この時期の男の子は、あっちこっち行ったり、途中で遊びを分断したりする事が多いです。まさに自由な宇宙人です。きっと、自分の世界を大切にしたいS君にとって少し物足りないのでしょう。

想像力は立派な才能です。

そうお伝えすると、相談に来られたママは「私の価値観から来る不安を息子に押し付けていたのかも。息子を信じてみます。」と帰っていかれました。

ごっこ遊びから学んだ想像力とコミュニケーション力


数年後、S君のママから連絡がきました。現在、小学2年生。

今では、男の子の友達も出来、毎日元気に遊んでいるようです。しかも、「S君と遊ぶとアイデア豊富で楽しい!」と、クラスのリーダー的存在になっているようです。

4歳の頃には考えられなかった姿が今目の前にあるとママはとても喜んでいました。

想像力は、ひとつの才能です。

もし、同じ不安を感じてるママがいたら、今は、子どもを信じ、見守りながら、その才能を伸ばしてあげるといいかもしれませんね。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

子育て上手な親になるための、たった1つの方法。

「素敵な子どもに成長させてあげたい」 親なら誰もが願うことではないでしょうか。 どんな子育てをすれば良いのか、子育て上手な親になるにはどうすれば良いのか。 そう考える日々が続いた頃、子どもが小学校に上 …

Q,シミやシワを隠そうと厚化粧に…なんだか顔がゴワついている。

アラサー、アラフォー、アラフィフと年齢を重ねるにつれ、 「顔のシミやくすみ、目の下のクマが気になる!」 「顔がゴワついていて、ツヤ感がない!」 という方も多いのではないでしょうか。 今回はダレノガレ明 …

よくある無料体験レッスンで気をつけること!

小さな頃からいろいろ経験をさせて、才能や可能性を早くみつけてあげたいと思っている親御さんは多いと思います。 昔に比べ、習い事の種類も増え、スタートさせる年齢も早くなっているように思えます。 私は、3歳 …

たった「1分」に、言いたいことをまとめる技術

話は短いほうが伝わる! (photo by dronepc55/photoAC) 「話の途中で頭が真っ白になる」「どんな順番で話せばいいかわからない」 このような悩みをもつ、ビジネスパーソンは少なくな …

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

登園を嫌がって毎朝泣いている子を多く見かけます。 入園したてで戸惑う子、クラス替えして馴染めない子、弟や妹ができて赤ちゃん返りしている子…理由はそれぞれ。 幼稚園バスを見ると全力で抵抗して泣き、先生は …