【今日からパパに実践!】褒め上手は家庭・夫婦円満を導く

投稿日:2019-11-27 更新日:

【今日からパパに実践!】褒め上手は家庭・夫婦円満を導く
日本人は積極的に人を褒めることが少ないですよね。それが身内ともなるともっと少ないと思います。

どちらかというと、謙虚に「いえ。うちの主人は全然です。」という人が多いですよね。

そのような謙虚なスタイルが日本人の美徳だと言われる事もありますが、子育てにおいては別です。

その日本人特有の性格が、子育てをしづらい環境にしているように思えます。

【旦那を褒めて家庭・夫婦を円満に】まずはパパを褒めてみよう!

【今日からパパに実践!】褒め上手は家庭・夫婦円満を導く
私は徹底的にパパを褒めます。
パパを褒めることは自分とっても家族にとってもメリットになるからです。

[旦那を褒めるメリット1]褒めることでお互いの理解が深まる

【今日からパパに実践!】褒め上手は家庭・夫婦円満を導く
「ママは家事や子育てを毎日やっても誰からも評価がない」と思うことが多いと思います。

でもママ自身もパパのことをいつも褒めていますか?

パパを褒める事で、パパの中に自信という風船が大きく膨らみ、ある一定の大きさになると、相手に返したくなります。

ママの行動を良く見て、不思議と同じように褒めるようになってきます。

つまり、パパがママの家事と育児を評価してくれるようになるということです。

これは、お互いにとってメリットになりますよね!

[旦那を褒めるメリット2]子どもにとってパパはヒーローに

【今日からパパに実践!】褒め上手は家庭・夫婦円満を導く
私が徹底して褒める理由の一番がこれです。

子どもにとって、パパは絶対的な存在にしたかったのです。

いつもパパの悪口や愚痴を聞いている子どもは、ある年齢が来ると、パパの事を尊敬する事が難しくなってきます。

そうなって欲しくない。

パパはいつまでも家族の中の大切な存在であって欲しいという思いから、私は徹底的にパパを褒めます。

【旦那を褒めて家庭・夫婦を円満に】実践!パパの褒め方

【今日からパパに実践!】褒め上手は家庭・夫婦円満を導く

1.とにかくなんでも大げさに褒めてみよう!

慣れてないと恥ずかしいかもしれないですが、慣れてしまうと自然に言えるようになります。

  • 「凄い!」
  • 「さすが!」

この一言だけで違ってきます。

まずは、なんでも大げさに褒めてみて下さい。

2.自分の気持ちも付け加えてみよう!

「大げさに褒める」が出来るようになったら、次は「自分の気持ち」をプラスしてみて下さい。

  • 「凄い!○○してくれて嬉しいな。」
  • 「さすが!パパがいてくれて良かった。

など

自分の気持ちを入れることで、ママが喜んでくれているということが伝わり、パパの心も満たされます。

3.感謝の気持ちは必ず言おう

自分が感謝の言葉を言われた時を想像してみて下さい。

自分が言われて嬉しい事は、相手にも伝えてあげましょう。

「褒める+気持ち+感謝」で、最強のパパが誕生するのも夢ではないかもしれません。

四柱推命

まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

関連記事

バストが垂れる原因はいったい何?予防法はある?

いくつになっても整って綺麗なバストには憧れるもの。 出産・授乳を終え、胸を見るたび悲しい思いをしている…なんて方も多いのではないでしょうか。 バストは18~22歳ごろがもっとも美しいと言わ …

人間関係ツラくない?「自分が我慢すればいい」の考えが引き起こすこと

みなさんは人間関係で悩み、自分を抑えていることはありますか? イヤだなあと思いながらも、事を荒立てさせたくないから、「自分が我慢すれば」という思考になっていませんか? そんな「自分さえ我慢すればいい」 …

なかよし,60周年

恋愛だけじゃ物足りない?ファンタジー、ホラー、LOVE…なんでもありの90年代「なかよし」の漫画

「なかよし」は2015年で60周年を迎えたそうです! 古くは「リボンの騎士」「キャンディキャンディ」「キューティーハニー」などの名作が連載されていたそうですが、 みなさんは「なかよし」ではどんなマンガ …

産後お悩み解決会話

【実態調査】子どものいる夫婦のセックスの悩みについて<アンケート結果発表>

臨月を迎えると夫がお腹に手をあてて、生まれてくる子どもに優しい言葉をかけ、毎晩幸せな気持ちに包まれて眠りにつく… ところが子どもが生まれたら一転! 毎日が子ども中心の生活になって、夫婦の性生活を楽しむ …

頭痛・発熱・頭痛・倦怠感…その体の不調、仮面うつ病かも!?

厚生労働省が実施している患者調査によると、平成23年の鬱病患者数は約70万人、患者数は年々増加傾向にあります。 また、鬱病の一歩手前の状態のことを「仮面うつ病」と呼ぶことがあり、心が不安定になり、頭痛 …