体型にも「曲がり角」があるのをご存じ?38歳で気をつけること…

投稿日:2018-08-28 更新日:

体型曲がり角年齢
全身鏡で自分の体を定期的にチェックしていますか?年齢を重ねるごとに気になってくるのが、「体型崩れ」。

女性なら、いつまでも若々しいボディを保ちたいと思いますよね…。

ですが、お肌にも「曲がり角」があるように、体型にも「曲がり角」があるそうです。

下着メーカーのワコールが研究しているスパイラルエイジングによると、

女性の女性のボディラインには3度のスパイラルポイントがあるというのです!

女性には「3度の体型の曲がり角」がある

女性体型の曲がり角

1度目は10代(16~18歳)

体型が大きく変化する1回目は17歳前後。成長がストップし、大人らしい体つきになってきます。

2度目は20代(24~26歳)

女性のボディラインが完成される時期は、女性ホルモンの分泌がピークを迎えて体が完成する25歳頃と言われています。
この美しい頂点を過ぎると、急に基礎代謝が低下しはじめ、ウエストをはじめとする体全体のサイズが増加していくそうです。
エイジングケアなんてまだ先のこと…と思っていないで、お肌と同様に若いうちからケアしてくことで体型を維持できるのだとか。

多機能型・オールインワン加圧インナー「グラマラスパッツ」

3度目は30代(37~39歳)

さらに20代を過ぎて38歳前後になるともっと大きな変化が。
女性ホルモンが減少し始めます。加齢によりバストを支える筋肉も衰えていき、下がって外向きになります。
お腹のお肉がパンツに乗っかってきたな~と感じることも。
またヒップの頂点が下がり、たるんできます。

つまり38歳前後が本格的な曲がり角といえそうですね。

参考
ワコール人間科学研究所
http://www.wacoal-science.com/research/01.html

体型の曲がり角をゆるやかに!

体型曲がり角38歳
もちろん、ここまで話をした体型の変化については、個人差もあるかと思います。

たるみが年齢よりも早く進む人もいれば、50代でハリをキープしている人も。

ワコールの調査によると、体型の変化が小さい人たちの「行動・意識」にある特徴が見えてきたそうです。

運動

日常的に身体をよく動かす習慣がある

食事

暴飲暴食はせずに、規則正しい食生活を送っている

やはり、適度な運動とバランスの取れた食事は欠かせないようですね。
重力に負けない身体をキープするためにはポイントがあるそう。

身体にあった下着をつける

とくに、バスト、ヒップ周りは周りは年齢とともに垂れ下がりやすくなります。

20代の頃から同じ下着をつけているという人は要注意ですよ!

もうバストやヒップの下がりが気になる人は「補正下着」の手を借りるのもありですね。

なにもしなければたるんでいく一方です。

急な曲がり角を曲がるその前に、さっそく今日からケアを始めて、曲がり角をゆるやかに曲がっていきましょう!

(むしろ、曲がりたくないのですが…。)

「あの時から始めといて、よかった~」と言えるようになるといいですね。

編集:35style
出典:ダダダダイエット


水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

-ビューティー

関連記事

妊娠中病気

9割の先輩ママが経験!? 妊娠中の病気やトラブル体験記まとめ

妊娠が発覚すると、妊娠・出産に影響がある病気や持病を持っている可能性があるかもしれないので、妊婦検診でたくさんの検査をやりますよね。 また妊娠中は病気やウィルスに対する免疫力が低下し、普段かからないよ …

甘酒の日1月20日大寒

3日で効果が実感できる!?大寒の時期に飲みたい甘酒パワー!

1月は1年で最も寒いと言われる大寒が控えています。寒い時期に飲みたくなる冬の飲み物といえば、甘酒。 大寒(1月20日)は、このあたりに最も売れることから「甘酒の日」でもあるそうですよ。 最近では甘酒の …

夏までにお腹周りをすっきりさせたい!簡単ヤセ3選

夏までにお腹の脂肪を落としたい!簡単お腹痩せ3選

夏が近づき、薄着の季節の季節が近づいてみましたね。 薄着の季節になってくると気になってくるのが、お腹周り… メリハリボディに憧れつつもちょっと油断した隙に、わき腹にぜい肉がついて“くびれ”がなくなって …

冷え対策服装

冷えをほおっておくと危険!?30代からの温活とは?

「冷えは万病のもと」よくいわれますが、女性が抱えがちな体の悩みの原因のほとんどは“冷え”にあるそうです。 頭痛も肩こりも生理痛も、うつ病までもが“冷え”からくるもの。 しかも、年齢とともに冷えやすい体 …

寝不足ママのために、短時間でも睡眠の質を上げる方法

あなたは十分な睡眠時間を確保できていますか?翌朝スッキリ目覚めていますか? 子育て中の家庭は、赤ちゃんの夜泣きや授乳でまとまった睡眠時間が確保できない、なんてこともありますよね。 睡眠時間が不足すると …