家事ノート

見た目そっくり! 「本みりん」と「みりん風調味料」の違いとは

投稿日:2018-08-05 更新日:

和食の味付けに欠かせない「みりん」ですが、スーパーなどでは「本みりん」と「みりん風調味料」が並んで売られています。さて、この2つの違いや使い分け方とはどのようなものでしょうか。

みりんは煮物などの和食に欠かせない

 

和食に欠かせない調味料の「みりん」ですが、スーパーやコンビニエンスストアでは、よく見ると「本みりん」と「みりん風調味料」の2種類が販売されていることに気がつきます。

この両者は価格も大きく異なり、どちらを選ぶべきか迷った経験のある人も多いはずですが、その違いとは一体どのようなものでしょうか。また、調理の際に使い分ける基準はあるのでしょうか。

オトナンサー編集部では、全国味淋(みりん)協会の河合均さんに聞きました。

 

大きな違いは「アルコール分」

河合さんによると、そもそも、本みりんとみりん風調味料は主原料や製造工程がまったく異なります。

本みりんは蒸したもち米、米こうじ、焼酎や醸造アルコールを原料として、40~60日間じっくり熟成させて造られるもの。米こうじの持つ酵素の働きによって、糖類やアミノ酸などの旨み成分が生まれ、特有のまろやかな風味と甘みが形成されます。

みりん風調味料は糖類、米、米こうじ、調味料などの原料をブレンドして造られます。主成分は水あめなどの糖類で、本みりんの風味や特徴に近づけた調味料です。

「酒税法上、アルコール分を約12.5~14.5%含む本みりんは『酒類』に分類されます。これに対して、みりん風調味料はアルコール分を1%未満に抑えたものです。両者の価格に差(=1リットルで100円前後)があるのは、原材料や製造期間の違いと酒税の有無によるものです」(河合さん)

つまり、本みりんは「酒類調味料」、みりん風調味料は「甘味調味料」と言えます。

 

両者を使い分けるコツとは

料理の際に、両者を上手に使い分けるポイントもアルコール分にあります。

「本みりんにはグルコース、オリゴ糖など9種類以上の糖類が含まれており、複雑で上品な甘みをもたらします。これら糖類の作用があるため、照りやツヤを出したい料理に最適です。本みりんに含まれるアルコール分には、肉や魚の生臭さを消したり、食材の煮崩れを防いだりする効果や、味付けが均一に仕上がるメリットもあります」

ただし、加熱しない料理の場合、アルコール分が残ってしまうため要注意です。

一方、みりん風調味料はアルコール分をほとんど含まないため、本みりんのような「消臭」「煮崩れ防止」効果は期待できません。しかし、煮切り(加熱してアルコール分をとばすこと)をせずに使えることから、マリネや和え物などの加熱しない料理に甘みやコクを出したい時に活躍します。

それぞれにメリットがある、本みりんとみりん風調味料。特徴をよく理解して、今後の料理に役立ててみましょう。

(オトナンサー編集部)

 


 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

鑑定歴30年の本格占い師に学ぶ
大人気の易占い講座
占い師になるには?
資格不要で主婦に人気!

-家事ノート

関連記事

「お中元」はいつ贈ればよい? 時期や喜ばれる品物について解説

「お中元」は、日ごろお世話になっている人に贈り物をする、夏の風習です。基本のマナーを学んで、感謝の気持ちを伝えましょう。 感謝の気持ちが伝わるお中元の贈り方とは?   夏にかけて、日ごろお世 …

水と重曹で驚きの「灰色さ」に トンネルなどの落書き、消し去ることを重視するワケ

コンクリートの壁や橋など、道路構造物への落書きは全国的に見られますが、これを水と重曹だけできれいに落とす工法が存在します。どのような技術なのでしょうか。 塗料に重曹をぶつけて落とす  橋脚やトンネルの …

ヨーグルトが“便秘解消”に効果的って本当? 「効かない」「体質次第」…栄養士に聞く

便秘解消に「ヨーグルト」が効果的だとネット上で話題に。その真偽についてさまざまな意見が上がっていますが、専門家の見方はどのようなものでしょうか。   便秘解消にヨーグルトは効果的?  女性を …

暖房と乗りもの酔い、関係あった 冬の車内や機内、暖かすぎて酔うメカニズムとは

クルマや列車、飛行機などの暖房によって乗りもの酔いしやすくなるというのは本当なのでしょうか、製薬会社に話を聞きました。 暖かい車内が体調悪化を促進? クルマや列車、飛行機など、冬場は暖房が使用されます …

クルマの運転中なぜ眠くなる? 睡眠不足だけじゃない、眠気が誘発される仕組みとは

事前に十分な睡眠をとっているにもかかわらず、クルマを運転していると眠くなることがあります。なぜでしょうか。   高速道路を走行中、眠くなった経験のあるドライバーは、実に78%にも上る(画像: …