義母(姑)がくれた、”クセ強め”な要らないものシリーズ!

投稿日:2021-06-24 更新日:

義母(姑)がくれた、”クセ強め”ないらないものシリーズ!
ものが捨てられない義母。プレゼントするのが大好きな義母。

うちの義母は、上記が当てはまる、はた迷惑な義母です。

彼女がくれたものは数知れず。

ただし、「ありがたいな~、嬉しいなあ~」と思ったものは、皆無に等しい。

一応、ありがたく受け取ったフリはしているのですが…。

ここに、今まで義母がくれた困ったものたちを発表したいと思います!

義母(姑)がくれた要らないもの1.縮んだセーター

洗濯失敗して、子供サイズにまで縮んでしまった義母のセーター。

それを「孫ちゃんに着せて!」と送ってきました。

いやいや、明らかに縮んだセーターだし、デザインはおばあさん風味。しかも、サツマイモのような色彩。

かわいい孫が、これを着ると思ったのだろうか…?

義母(姑)がくれた要らないもの2.ビッグすぎる子供服

義母がくれたものいらない

※実際の写真です。


娘が生まれてすぐの頃。義母が送ってきた子供服。

そのサイズはなんと「150」

「子供はすぐに大きくなるから!」とのことだったけど、5歳になった娘、まだ120サイズです。

もしかしたら着るのかな~と思いながら、ずーっと押し入れにあります。

デザインは微妙。なのに、捨てられないのもつらい!

義母(姑)がくれた、いならいもの3.勝手にカーテン

引っ越したばかりの頃。

「カーテン1セット送るから!」と、薄紫色のカーテンが送られてきました。

カーテンって部屋のテイスト決める大切なものじゃない?

なんで勝手に送ってきた? うち、窓多いのに1セット?

しかも、サイズが全然合わない!

合わないので使えないということで、これは丁重に送り返しました。

たぶん、義母が買い間違えたカーテンだと踏んでいます。

義母(姑)がくれた要らないもの4.蛍光スカイブルーの○○

義実家に遊びに行った日。

天気が急に悪くなり、肌寒くなったと思っていたところ、義母がおもむろに「これあげる!」といって、スカイブルーのジャケットを私に着せてきました。

シャカシャカした生地で青く光っているジャケット。スカイブルーのジャケット。

義母が見送ってくれた駅までは、仕方なく着ましたが…。

わしゃ、銀シャリか!

義母(姑)がくれた要らないもの5.チラシで作ったゴミ箱

ある日、チラシで作ったゴミ箱が段ボールいっぱい送られてきました。

元々は、義母の姉が作ったもので、義母の家に送られてきたらしいのですが、「つかわないし、いらないから!」ということで、我が家にそのまま送られてきたようです。

いやいや、うちだって使わないよ!!

たらいまわしで送料どれだけかけるんだか。

なんでも、我が家に送ってくるのはやめてくれ~!!

義母は、とりあえずうちに送っておけば、喜んでくれると思っているようです。

他にもまだまだありますが。

愚痴も止まらなくなりそうなので、このあたりで失礼いたします。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
シャーミー
30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

関連記事

子どもが10歳になって思う。乳幼児期に○○を食べさせておけば良かった…

私は10年、子育てをしてきました。10年経つと子どもなりに自分の世界を持ち、友達とも関わり、喜んだり悩んだりしています。成長した息子を見て様々な思いが私の中を巡っています。 「〇〇してきた良かったな。 …

息子と遊ばせたくないというママ友の声を聞いて、私が思ったこととは?

うちには9歳の男の子がいます。 これが元気な元気な男の子なんです。 小さい頃は、その元気さで、周りのお友達に迷惑をかけたり、お店の中を走り回ったりと、頭を下げない日はありませんでした。 息子の子育てに …

イライラした時は要注意!子どもをダメにしてしまう親の言葉Best3

毎日の子育ては楽しいし、元気を貰えるし、癒されますよね。 でもその思いとは裏腹に、忙しい時や疲れている時にはついイライラして子どもに当たってしまうこともあります。 そんな時につい言ってしまう「ひとこと …

不倫の泥沼

「私は大丈夫」が危険!? あなたも陥る可能性がある“不倫の沼”

不倫をテーマにしたドラマがヒットしたり、思いがけない芸能人が不倫スキャンダルを起こしたり……。 テレビを見ながら、あなたは「また不倫? どうしてみんな不倫なんてするの?」とつぶやいたり、「私は、不倫な …

6年間の不妊治療を経て里親となった漫画家、古泉智浩さんインタビュー

これまでずっと何年も真っ暗な夜道を裸足で歩いているような気持ちだったー そう語るのは、6年間にも及ぶ不妊治療で600万円を費やしたのち、「里親」という選択をした漫画家・古泉智浩(こいずみともひろ)さん …