義母(姑)がくれた、”クセ強め”な要らないものシリーズ!

投稿日:2021-06-24 更新日:

義母(姑)がくれた、”クセ強め”ないらないものシリーズ!
ものが捨てられない義母。プレゼントするのが大好きな義母。

うちの義母は、上記が当てはまる、はた迷惑な義母です。

彼女がくれたものは数知れず。

ただし、「ありがたいな~、嬉しいなあ~」と思ったものは、皆無に等しい。

一応、ありがたく受け取ったフリはしているのですが…。

ここに、今まで義母がくれた困ったものたちを発表したいと思います!

義母(姑)がくれた要らないもの1.縮んだセーター

洗濯失敗して、子供サイズにまで縮んでしまった義母のセーター。

それを「孫ちゃんに着せて!」と送ってきました。

いやいや、明らかに縮んだセーターだし、デザインはおばあさん風味。しかも、サツマイモのような色彩。

かわいい孫が、これを着ると思ったのだろうか…?

義母(姑)がくれた要らないもの2.ビッグすぎる子供服

義母がくれたものいらない

※実際の写真です。


娘が生まれてすぐの頃。義母が送ってきた子供服。

そのサイズはなんと「150」

「子供はすぐに大きくなるから!」とのことだったけど、5歳になった娘、まだ120サイズです。

もしかしたら着るのかな~と思いながら、ずーっと押し入れにあります。

デザインは微妙。なのに、捨てられないのもつらい!

義母(姑)がくれた、いならいもの3.勝手にカーテン

引っ越したばかりの頃。

「カーテン1セット送るから!」と、薄紫色のカーテンが送られてきました。

カーテンって部屋のテイスト決める大切なものじゃない?

なんで勝手に送ってきた? うち、窓多いのに1セット?

しかも、サイズが全然合わない!

合わないので使えないということで、これは丁重に送り返しました。

たぶん、義母が買い間違えたカーテンだと踏んでいます。

義母(姑)がくれた要らないもの4.蛍光スカイブルーの○○

義実家に遊びに行った日。

天気が急に悪くなり、肌寒くなったと思っていたところ、義母がおもむろに「これあげる!」といって、スカイブルーのジャケットを私に着せてきました。

シャカシャカした生地で青く光っているジャケット。スカイブルーのジャケット。

義母が見送ってくれた駅までは、仕方なく着ましたが…。

わしゃ、銀シャリか!

義母(姑)がくれた要らないもの5.チラシで作ったゴミ箱

ある日、チラシで作ったゴミ箱が段ボールいっぱい送られてきました。

元々は、義母の姉が作ったもので、義母の家に送られてきたらしいのですが、「つかわないし、いらないから!」ということで、我が家にそのまま送られてきたようです。

いやいや、うちだって使わないよ!!

たらいまわしで送料どれだけかけるんだか。

なんでも、我が家に送ってくるのはやめてくれ~!!

義母は、とりあえずうちに送っておけば、喜んでくれると思っているようです。

他にもまだまだありますが。

愚痴も止まらなくなりそうなので、このあたりで失礼いたします。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
シャーミー
30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

関連記事

子どももママも楽しい♪困った時は●●選手権で切りぬける!

子どもと一緒にいると困ることってありませんか? 例えば、掃除。 掃除をしているそばからおもちゃを出したり、部屋を汚したり。。 お母さんにとっては結構ストレスだったりしますよね。 「片づけているんだから …

倦怠期を乗り越える方法

夫婦に訪れる倦怠期を乗り越える方法~ずっとラブラブではいられない?

恋人時代は、ドキドキが楽しくてたまらなかった。 新婚時代は、家族になれた喜びでテンションMAX! これ以上の幸せはないと思えるほどだった。 結婚生活にも慣れ、夫婦として落ち着き始めた頃、はたと思ってし …

【第5話】自分や子どもの長所と短所。子どもを褒めて育てるって難しい…

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 新型コロナウイルスが世界的に広がりオンライン授業やリモートワークが主流になりつつある世の中ですね。 学校も職場も人とのコミュ …

雨の日に頭痛がする……それって気象病かも? 頭痛ーるアプリで体調の不調を予報!

あきこ:あれ、恵どうしたの?なんか体調悪そうだね。風邪でもひいた?生理痛? 恵:えー違うの。今日雨だからかなぁ…。なんか体がだる重~い感じ。頭もズギズギ痛いんだよね。 あきこ:大丈夫?それ …

【第6回】コロナ禍でみつけた幸せの種

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 やっと自粛は解除されたもののコロナ渦で少し暗い世の中に傾いていますが、ちょっと心温まる出来事がありましたので“幸せの種”と称 …