子どもの怖がりな性格を和らげる方法

投稿日:

私は子どもの頃から怖がりでした。

部屋で一人になった時のシーンという空気感がどうも苦手で…。

実は、どこかで何かが見ているのではないかと不安になったり、木目が人の顔に見えたり、もしかしたら、鏡にうつる自分の後ろに誰か立っているのではないかと恐怖を感じたり…。

いろんな想像をしては怖いと騒ぎ、歯磨きやトイレに親に付き合ってもらっていました。

恐れという感情の育ち方

子どもが6歳になるまでの間、怖いと思うものの中心は音や動物です。

大きな物・大きな動物。
これらに対する恐怖心が強いのです。

それでは、7歳を超えると子どもの恐怖心は収まるのか…というと、逆に強まると言われています。

なぜかというと、テレビ・漫画・読み物といったものから、幽霊やお化けといった目には見えないものへの恐怖を知るからです。

子どもは7歳を過ぎると人前で泣くことが恥ずかしいという感情が育ちます。

ですから、恐怖心がきっかけで人前で泣くことは減っていきますが、怖さだけは自分の中に残るため、中にはママの顔を見た途端に泣き始める子どももいます。

恐怖は「ほどほど」が良い

恐怖心を知らない子どもは暴走してしまいます。

ですから、恐怖心は危険地帯や怖いと思う人物から自分を守ることに役立ちます。

しかし、過剰な恐怖心は子どもの行動範囲を狭めてしまいます。

褒める&守る

私に似たのか、我が家の子どもも怖がりです。

しかし、恐怖に対して勇気を持って行動しようとしたことを必ず褒めるようになってから、怖がりな性格が和らいできたように感じます。

また、「怖い!」といって抱きついてきた時には全力で抱きしめて「大丈夫。ママがいるから」と言うようにしています。

子どもの心に安心や安定をもたらすには、やはり、いざという時には親が子どもを守るという姿勢を子どもに示してあげることが一番の近道です。

子どもの心はゆっくりと成長をしていきます。
親としては焦らず見守っていきたいものですね。


まゆみ

二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

サスティナブルライフエコリサイクル

最近よく聞く「サスティナブル」って? 地球に優しい暮らしのすすめ

年々、環境汚染に対する意識は高まっています。これまでは団体やグループでの環境保全への取り組みが主でしたが、これからは一人ひとりが行動を起こすことが重要です。 その中で注目されているのが『サスティナブル …

【感動】バス車内で泣きやまない赤ちゃん。運転手の心温まるアナウンスが話題に

バスや電車の中で突然赤ちゃんが泣きだす光景は誰でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 あの手この手で何とか赤ちゃんをなだめようとしてもまったく泣きやまずに、気まずくなって結局途中下車してし …

【第9回】家庭を持ってからの悩みをどう発散していくかということ

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 戸村真琴さんの過去の記事はこちら わたしは仲人であり家族を作るお手伝いをする仕事をしていますが、そこからの延長で、家族を作ってからの夫 …

発達障害とは

発達障害は“障害”ではない!?「有名人・偉人たちにみる発達障害」【Part1】

栗原類さん、勝間和代さん、ミッツマングローブさんなど自身が「発達障害」であることを告白する芸能人や著名人の方のおかけで、最近は「発達障害」という言葉の認知度も高まってきていますよね。 発達障害といって …

話を聞けない原因聞く力育てる

話が聞けない子の原因は家での過ごし方が影響しているかも?

小学校に入ると、人の話が聞けているかという事が、わかりやすく表に出てきます。 保育園や幼稚園の頃は、お手紙などでの連絡事項があったので、抜かりなく保護者も準備が出来ていたのですが、特に中学年~高学年に …