8割のママが悩んでいる!?美容クライシスとは

投稿日:2020-03-17 更新日:

みなさんは、美容クライシスという言葉をご存知ですか?

妊娠・出産を機に直面する美容面でのリスクの事で、妊娠中のホルモンバランスの影響や産後の肌質の変化で美容面の悩みが増えるようです。

特に産後は赤ちゃんの世話に追われ、つい自分の事は後回しになってしまいがち。

でも、ずっとキレイなママでいたいですよね。

まずは、ママ達の美容の悩みから見て行きましょう。

【ママの美容の悩み】子どもの年齢で悩みは様々

ママ悩み美容クライシス
株式会社シャルレのアンケート調査によると、約8割のママが妊娠・出産で美容面の悩みが増えたと感じているようです。

出産前のプレママは、

「太ももが太くなった」
「シミ・そばかすが増えた」
「肌が乾燥しやすくなった」

など肌の悩みも多くありました。

一方、出産後のママになると、

「おなかがたるんだ」
「髪が抜けやすくなった」

特に7割近い方がおなかのたるみを気にしているという結果に。産後ママならでは回答も目立ちました。

また、3歳児のママになると、「バストが垂れた・ハリがなくなった」などバストの悩みも増える傾向にあるようです。

産前産後の美容の悩みは様々ですが、あまり時間をかけず自宅でケアしたいですよね。

【ママの美容の悩み】美容ケアのポイントは要領よく

ママ悩み美容クライシス
忙しいとなかなか美容に時間をかけられないので、ポイントを絞って要領よくケアしていきましょう。

スキンケアは保湿優先

肌のトラブルは潤い不足が関係している場合が多いので、スキンケアの時間がない時は保湿を優先しましょう。

軽くマッサージをして血行を促進するとシミやくすみに効果的だと言われています。

栄養バランスを考えた食生活

マ悩み美容クライシス
美容の為にもバランスが取れた規則正しい食生活は大切です。

料理をする時間がない時は、具材をたくさん入れた味噌汁を作るなどして多くの食材を摂るよう心掛けるといいそうです。

適度な運動も大切

特に、おなか周りなどの体型が気になる人は適度な運動が良いとされています。

運動によって全身の血流が良くなり美容効果も期待できるそうですよ。

いかがでしたか?

ただし焦りは禁物!自分の体調や生活リズムに合わせて無理のない範囲で行うようにしましょう。

【参考】
ママニティ、美容経済新聞、スキンケア大学NEWS、赤ちゃんようこそ.com

-ビューティー, ライフスタイル
-

この記事を書いたライター
シャーミー
30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

関連記事

風水効果がない人の特徴

男性にも更年期障害がある!改善の鍵は女性とのスキンシップ!?

多くの女性が通る道であろう「更年期障害」。一般的には閉経を迎える前後である45歳~55歳くらいの約10年が、その期間とされています。 一般的に、更年期障害と聞くと、女性特有のイメージが強いですよね。 …

ADHD話が聞けない

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第5話:話が聞けナイ!

私、話が聞けない女なんです。 子どもの頃、授業中はだいたい教科書やノートに落書きをしていました。 先生の話を聞けない子どもだったんですね。 いえ、まったく聞いてないわけじゃないんです。 興味のあるとこ …

アラフォーが老けてしまうダイエット

アラフォーが老けてしまうダイエットとは?老けない体をつくるコツ

皆さんは、きっと、「痩せたらキレイになれる!」なんて夢を持っているのではないでしょうか? ところが、「痩せても必ずしもキレイになるとは限らない」ようです。 とくにアラフォーの人が若い頃と同じダイエット …

「やる気」にまつわるカンチガイ3つ

(photo by きなこもち/photoAC) やる気が出ないのはあなたのせいではなく、あなたが「やる気の出し方」を教わる機会がなかったせいである。 自らの著書『「やる気」を育てる!』の冒頭でこう述 …

美味しく食べて15キロ減!? 【豆腐ダイエット】でヘルシーに痩せよう

元モーニング娘。の辻希美さんが、激太りした時に豆腐を食べて、15キロの減量に成功したという話をご存知でしょうか? 4人も子育てしながら芸能活動も頑張っている辻さんですが、初めてのお子さんを出産した直後 …