シャンプーもダメ! 美容室の前にしてはいけない「NG行動」5選

投稿日:2020-01-15 更新日:

髪型や髪色を変えることで、“新しい自分”になれる美容室ですが、せっかくのチャンスも、美容室に行く前の「NG行動」によって台無しになってしまう可能性があります。その主要なものを美容師さんに聞きました。

美容室に行く前のNG行動とは…

いつもの美容室で、いつもの美容師さんにカットしてもらったはずなのに、仕上がりが何となく違う――。その原因はひょっとしたら、あなたが美容室に行く前にしてしまった「NG行動」かもしれません。

東京・銀座の美容室「Shell Bear」の西谷麻美子店長によると、私たちが美容室の前にやりがちな、主なNG行動は以下の5つです。

 

肌のお手入れや派手なメークはNG

【シャンプーをする】
髪の汚れが恥ずかしいと考えて、行く前にシャンプーをするのはNG。美容室、就寝前と1日3回も髪を洗ってしまうと、頭皮から必要な油分を取りすぎたり、髪に負担をかけたりすることにつながります。

【髪をセットする】
ワックスやムースでセットしてしまうと、髪の状態を正しく判断できないほか、整髪料を落とすだけで時間がかかってしまいます。美容室前に別の用事があったとしても、髪をセットしすぎないようにします。

【肌のお手入れをする】
美容室に行く前に脱毛やシェービングをすると、敏感になったお肌にパーマやカラーの薬剤がしみてしまう可能性も。肌のお手入れは避けましょう。

【メークをしすぎる】
普段と違う派手なメークをすると、そのイメージに合わせてカットされてしまい、似合わないヘアスタイルになる可能性も。リップグロスに髪がくっつくこともあります。

【白い服などを着る】
真っ白い服は、特殊なカラーリング(マニキュアや真っ黒にするヘアカラーなど)などが色移りしかねません。また、首回りにボリュームのある服は肩の位置がわからないため、髪の長さがわからなくなります。

(オトナンサー編集部)

 

西谷麻美子(にしたに・まみこ)
美容室「Shell Bear」店長

髪がきれいになるカット、ヘアアレンジのスペシャリスト。メーク講師経験を生かした、女性目線でのアドバイスに定評がある。得意技術は“大人かわいい”ボブやミディアム。趣味は「美酒美食巡り」。美容室「Shell Bear」(http://shellbear.com/)。

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

なぜ乱れる? ホルモンバランスを整えるために知っておきたいこと

心と体を健康に保つには、適量のホルモンが正常に分泌されていることが大切です。ここでは、ホルモンバランスが乱れる原因とバランスを整える方法を解説します。   ホルモンバランスが乱れるとどうなる …

縁起物や対抗戦で色のペアが「紅白」である理由

おめでたい場面や対抗戦など、日常のよくある色の組み合わせといえば「紅白」ですが、紅と白がペアで使われるようになったルーツとは、どのようなものでしょうか。カラーの専門家に聞きました。 紅白の代表的な組み …

年収480万円の夫と離婚した34歳主婦、養育費は「定額」「変額」のどちらにすべきか(下)

離婚の際に問題となる「養育費」。今回は、年収480万円の夫と離婚した女性のケースを例に、「定額」と「変額」のどちらがよいのか、筆者が解説します。 養育費は定額と変額、どちらがよい? 年収480万円の夫 …

そうだったのか! 「卵」と「玉子」の使い分け方

「卵かけご飯」は「卵」なのに「玉子丼」は「玉子」――。毎日の食卓に欠かせない「たまご」にはどうして2つの漢字が存在し、どのように使い分けられているのでしょうか。今回は、たまごの「謎」に迫ります。 「卵 …

フェイクファーやフリースが“フワフワ”に復活するウラ技が話題に! 専門家「有効です」

フェイクファーやフリースがふわふわ、さらさらに復活する方法がSNS上で話題に。その方法は「犬猫用ブラシ」でブラッシングするという意外なものでした。   犬猫用ブラシとヘアスプレーで…(@TV …