祖母の前で初めて息子の“オムツ替え”をした体験漫画 独特なコメントが「ツボでした」

投稿日:2019-08-27 更新日:

祖母の前でオムツ替えをした出来事を描いた漫画が話題に。初めて祖母に息子を会わせた母は…。

漫画「いつも独特なコメントを残す祖母の話」のカット=まぼ(yoitan_diary)さん提供

祖母の前でオムツ替えをした出来事を描いた漫画「いつも独特なコメントを残す祖母の話」がSNS上で話題となっています。初めて祖母に息子を会わせた母。サービスのつもりで祖母の前でオムツ替えを始め…という内容で、「笑いが我慢できません」「独特過ぎます」「ツボでした」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

衝撃を抱えたまますぐ漫画に

この漫画を描いたのは、まぼ(ペンネーム)さんです。現在は育児休暇中で、主婦として子育てをしながら漫画を描いています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

まぼさん「姉のマネで、小さい頃から描いていましたが、他人に見せたことはありませんでした。育児をしていて起こる、面白いこと、不思議なこと、つらいことなどを誰にも伝えないのはもったいないと思い、描き始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

まぼさん「まさか『酢の物にしたい』『からし酢みそにあえたい』なんて言い出すとは思わなかったので、その衝撃を抱えたまま家に帰ってソッコーで漫画にしました」

Q.おばあちゃんは誰に対しても独特な感じなのですか。

まぼさん「独特というか個性的です。私が中学生のとき、祖母に初めて手料理を食べさせたいと思い、麻婆豆腐を作って出しました。祖母は『あら、おいしそう』と言いながら、目の前でザルに移して水洗いし、『冷奴』にしてしょう油をかけて食べていました。そのくらいマイペースな人間です」

Q.おばあちゃんと仲が良さそうですが、まぼさん自身も子どもの頃、おばあちゃんに遊んでもらっていたのですか。

まぼさん「祖母は非常にマイペース、かつ、お姫様なので、『遊んでもらった』という記憶はありません。私の父がしゃぼん玉を吹けば、私より喜んで一心不乱にシャボン玉を割るような人です」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

まぼさん「自分の子どものオムツ替えシーンを他人に見せることを、サービスだと思っているママが意外と多く、共感のコメントが多かったです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

まぼさん「つい息子の話ばかり描きがちですが、おちゃめな夫や私の愉快な家族について漫画にしていけたらと思っています」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

漫画「いつも独特なコメントを残す祖母の話」=まぼ(yoitan_diary)さん提供

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

「疲れたときには甘いものを食べるとよい」は本当なのか

「疲れたときには甘いものを食べるとよい」という言説やイメージがありますが、本当なのでしょうか。管理栄養士に聞きました。 「疲れたときに甘いもの」は間違い? 一般的に「疲れたときには甘いものを食べるとよ …

違いは形だけ? 「ホールトマト」と「カットトマト」は何が違うのか、使い分け方は?

スーパーマーケットでトマトの缶詰を探すと、「ホールトマト」と表記された商品、「カットトマト」と書かれた商品の2種類が並んでいます。どんな違いがあるのでしょうか。 ホールトマト(右)とカットトマトの違い …

マンホールのふた、なぜ丸い?

道に点在するマンホールのふた。その多くが丸い形をしているのには、もっともな理由がありました。 道路でよく見かけるけど…  道路などにあるマンホール、そのふたの多くは、丸い形をしているように思います。下 …

ワンワン、ブーブ、マンマ…子どもの「幼児語」を親は修正すべき? 正しい接し方は?

子どもが話す「幼児語」は、かわいらしく思えますが、接し方に迷う人も多いようです。子育て本著者が勧める話し方とは? 「幼児語」を話す子どもへの正しい接し方とは? 「ワンワン(犬)きた」「ブーブ(車)乗り …

たった5つのテクニックで! 30年間の老後資金2500万円を“1700万円”も節約する方法

元証券マンで経済コラムニストの大江英樹さんが、2月27日放送のMBS・TBS系「教えてもらう前と後」に出演。夫婦が65歳から30年間生活するために必要な2500万円を1700万円も節約するテクニックを …