家事ノート

チョコミントに甘酒、よもぎ餅まで…キッコーマンの攻めた「豆乳」ラインナップ、背景は?

投稿日:2019-08-15 更新日:

「よもぎ餅」「ラッシー」など、さまざまな味付けの豆乳飲料が話題となっています。メーカーに狙いを聞きました。

キッコーマン飲料が販売する豆乳類。これでも多彩な商品の一部(同社提供)

 

健康志向の高まりで豆乳市場が拡大する中、国内シェアトップのキッコーマン飲料(東京都港区)が販売する「豆乳飲料」がSNS上で話題となっています。豆乳に「コーヒー」「バナナ」など、さまざまな味付けをしているのが特徴で、現在、味付けは30種類以上に及びます。今年8月に新発売した「よもぎ餅」には、「草が香ばしい」「チャレンジャー」「再現力が高い」「あんこが控えめ」などの意見が寄せられています。

「苦手意識」がある層をターゲットに

キッコーマン飲料の豆乳飲料は「麦芽コーヒー」「バナナ」「ココア」「抹茶」などの定番のほか、「爽香杏仁」「チョコミント」「甘酒」「豆乳ラッシー」といった変わった味も販売されており、新商品を発売するたびにSNS上で話題になっています。

チルド営業本部営業企画部で企画グループ長を務める荻生康成さんに聞きました。

Q.豆乳飲料を発売したのはいつですか。現在、何種類を販売していますか。

荻生さん「1981年に『麦芽コーヒー』を発売し、その後、100種類以上の商品を販売しました。2018年11月末現在、32種類を販売しています」

Q.なぜ、これほど多くの種類の豆乳飲料を開発・販売しているのですか。

荻生さん「豆乳を飲んだことがない人にも興味を持っていただき、ぜひ飲んでいただきたいと考えたからです」

Q.1年に開発する商品の数は。

荻生さん「3~4種類です。企画段階では30種類ほどの案が出ます。世の中の食品、飲料、嗜好(しこう)などの変化を捉えた上で企画・開発しています」

Q.新商品を発売してから販売を終了するまでの期間は。

荻生さん「『麦芽コーヒー』『バナナ』など、30年以上のロングセラー商品がある一方で、発売1年未満で販売を終了する商品もあります。通年商品のほかに、『焼きいも』など季節限定で販売する商品もあります」

Q.人気の味は。また、過去にはどのような味がありましたか。

荻生さん「『麦芽コーヒー』『紅茶』『バナナ』などが人気です。過去には『無炭酸シリーズ』として『健康コーラ』『健康ラムネ』などの商品も販売していました」

Q.プレーンの豆乳と比較した場合、栄養的な面で違いは。

荻生さん「JAS規格で、原料が大豆のみの『無調整豆乳』は大豆固形分(大豆成分)を8%以上含み、『調製豆乳』は6%以上、『豆乳飲料』は果汁系の味が2%以上、それ以外の味は4%以上と定義されています。タンパク質など大豆の栄養成分は少なくなりますが、バナナなどの味付けをしているため、豆乳に苦手意識がある人でも手軽に大豆の栄養を取ることができます。食物繊維やビタミンEなどを配合して付加価値をつけた豆乳飲料もあります」

Q.夏には凍らせて食べられることが話題となりました。冬は温めて飲むこともできますか。

荻生さん「これからの寒い季節は、温めると一層おいしくお飲みいただけると思います。なお、温める際は耐熱容器など別容器に移してください」

Q.多彩な商品に対して、消費者からはどのような意見が寄せられていますか。

荻生さん「『もはや豆乳ではない』『次の新味の発売を楽しみにしています』『○○味を開発してください』『パッケージがかわいい』といったご意見を頂いています。SNSでの投稿が多く、キッコーマングループの中でも豆乳に関する投稿数は突出しています」

Q.今後、発売を予定している味は。

荻生さん「秘密ですが、今後もお客さまにワクワクしていただけるよう、あっと驚くユニークな味はもちろん、幅広い商品ラインナップで皆さまの健康的な食生活を応援していきたいと考えています」

ちなみに、日本豆乳協会(東京都千代田区)によると、2017年の豆乳類の国内生産量は前年比8.1%増の33万9281キロリットルで、7年連続で過去最高を更新。2007年と比較すると倍増しているそうです。

(オトナンサー編集部)

【画像】SNS上で話題の「よもぎ餅」

8月に発売した「よもぎ餅」(キッコーマン飲料提供)

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

鑑定歴30年の本格占い師に学ぶ
大人気の易占い講座
占い師になるには?
資格不要で主婦に人気!

-家事ノート

関連記事

作者が教える“夫婦円満”のコツが目からウロコすぎる漫画 「見習おう」「憧れる」と反響

夫婦円満のコツを描いた漫画が話題に。取材時に円満のヒントを聞かれることが増えたという男性漫画家が紹介したのは、「お互いに嫌いなことを教え合う」ことで…。 「好き、より嫌いな部分を共有する話」の1カット …

幼稚園選びは「運動会」を見学すると失敗しない…その“理由”に共感の声、専門家に聞く

「幼稚園を選ぶ時は、運動会を見学すると保護者の雰囲気がわかる」との投稿がSNS上で話題に。「保護者までは見てなかった」「送り迎えしてるママの観察もオススメ」などの声が上がっていますが、専門家の見解はど …

洗車機で傷がつきにくい洗い方は? ポイントは「洗う前と後の処理」

手軽に利用できるセルフ洗車機でも、ボディに傷をつけにくい洗い方があります。そのコツは、洗車機に入れる前と後の処理にあるといいます。 付着した砂や泥などを事前に落とす  ガソリンスタンドなどのセルフ洗車 …

赤ちゃんを産んだママは獣!? 産後「ガルガル期」の原因・症状・乗り越え方

産後の母親が無性にイライラしたり、攻撃的になったりする状態を指す「ガルガル期」。その原因や症状、対処法について医師に聞きました。 「ガルガル期」の原因や乗り越え方は? 「産後の母親は“気が立った獣”状 …

ママ友とおしゃべりはダメ! 子どもの「授業参観」で親が絶対にやってはいけないこと

「授業参観」は、授業中の我が子を見学できる貴重な機会。ところが、子どもに手を振ったり、久しぶりに会ったママ友とおしゃべりしたりする「困った保護者」もいるようです。授業参観で気を付けたいマナーについて聞 …