縁起物や対抗戦で色のペアが「紅白」である理由

投稿日:2021-12-31 更新日:

おめでたい場面や対抗戦など、日常のよくある色の組み合わせといえば「紅白」ですが、紅と白がペアで使われるようになったルーツとは、どのようなものでしょうか。カラーの専門家に聞きました。

紅白の代表的な組み合わせである紅白まんじゅう
紅白まんじゅうやのし袋に代表されるように、お祝い事やおめでたい場面でよく見る色の組み合わせである「紅白」。一方で、この組み合わせは、年末恒例の「紅白歌合戦」や運動会などの対抗戦に使われることでも知られます。紅白が縁起の良い組み合わせとして、また対抗戦の色分けとして用いられるのはなぜでしょうか。カラー&イメージコンサルタントの花岡ふみよさんに聞きました。

「赤飯と白餅」「朱印船貿易」などの説

まず、縁起の良い色としての紅白ですが、花岡さんによると、最有力の説は「ハレの日の食べ物である『赤飯』と『白餅』から、紅白が縁起物に用いられるようになった」というもの。また、室町時代の朱印船貿易で、中国が日本に向けて物品を輸出する際の目印として紅白のひもをかけていたとする説も。ここから「献上品=紅白のひも」という認識が広がり、紅白の水引のルーツになったというものです。

それでは、スポーツの紅白戦(紅白試合)や紅白歌合戦など、2組に分かれて競い合う際の「対の色」に紅白が用いられるのはなぜでしょうか。

「平安末期の源平合戦では、源氏が白旗、平氏が赤旗を掲げて、敵と味方を区別していたそうです。これが『紅と白』という構図のルーツと言われ、日本における伝統的な対抗の配色として定着したと考えられています」(花岡さん)

ちなみに「赤」ではなく「紅」を用いるのは中国の影響と考えられるそうです。

「中国では、紅は魅力的で好ましく、縁起の良い『あか色』とされています。一方で赤は『赤裸々(丸裸)』『赤貧(貧しい)』といったように何もない状態を指し、ネガティブな意味合いです。中国で『あか色』を示す場合は『紅』が多く使われるため、その影響があるのでしょう」

(オトナンサー編集部)

花岡ふみよ(はなおか・ふみよ)
カラー&イメージコンサルタント、株式会社ラピス代表取締役、ラピスアカデミー校長

人と企業をブランディングするカラー&イメージコンサルタント歴25年。似合う色や第一印象術のイメージコンサルティング実績は1万3000人。企業の色彩戦略コンサルティングやセミナー講演、研修、執筆実績も多数。株式会社ラピス(http://www.lapis234.co.jp/)、ラピスアカデミー(http://www.lapis234.com/)、サロン・ド・ラピス(http://www.lapis234.jp/)。

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

チャーハンは「冷たいご飯」「温かいご飯」、どちらで作るとおいしい?

チャーハンをパラパラに、おいしく作るには、「温かいご飯」と「冷たいご飯」のどちらが適しているのでしょうか。料理研究家に聞きました。 (冷たいご飯と温かいご飯、どちらを使うとよい?) 余った食材などで手 …

電車でおじいさんに寄りかかるおばあさんを見たほっこり漫画反響「オチにびっくり」

電車の中で見かけた光景を描いた漫画が話題に。向かい側の席に座っていたおじいさんとおばあさんでしたが…。 漫画「本当にあったほっこりした話」のカット=sakura.cooo(sakura.cooo)さん …

幼い頃から繊細だった娘が“HSC”と分かり、対応を反省した漫画 「涙が出てきた…」

“繊細すぎる”性格の娘を描いた漫画が話題に。幼い頃から、よく泣き、怖がりだった長女。母は「繊細な性格」だと捉えていましたが…。 (“繊細すぎる”性格の娘を描いた漫画のカット=ぴなぱ(pinapapin …

冷凍ギョーザは手抜きと夫、「手抜き論争」勃発 総菜や冷凍は手抜き? 料理研究家の見方

「料理の手抜き論争」が話題になりましたが、市販の総菜や冷凍食品が当たり前に販売されている中で、これらを多く食卓に並べことは「手抜き」なのでしょうか。   ポテトサラダを買うのは「手抜き」? …

フェイクファーやフリースが“フワフワ”に復活するウラ技が話題に! 専門家「有効です」

フェイクファーやフリースがふわふわ、さらさらに復活する方法がSNS上で話題に。その方法は「犬猫用ブラシ」でブラッシングするという意外なものでした。   犬猫用ブラシとヘアスプレーで…(@TV …