子育て 心のケア

壁を乗り越える子どもに育てるには「ファンタジー」が大切

投稿日:2018-09-08 更新日:

壁を乗り越える子どもに育てるには「ファンタジー」が大切

何かを始めてもすぐに泣いてしまったり、諦めてしまったりする子ども。

「うちの子は大きくなったら大丈夫かしら…?」

そんな風に親なら一度は思った事があると思います。でも大丈夫!

子どもはそうして経験を重ねて学んでいきます。

親は子どもの心に寄り添うだけで成長していくものです。

しかし、ただ見ているだけでは普通に体が成長するだけで、心の成長厚みは出ません。

【壁を乗り越える子ども】なぜファンタジー体験が大切なの?

【壁を乗り越える子ども】なぜファンタジー体験が大切なの?

ファンタジー、つまり物語を体験させてあげるということです。

例えば、友達から手作りのものを貰いましたが「こんなの趣味じゃない」とあなたが捨ててしまったとします。

あなたは何も思わず捨てたかもしれませんが、実はその手作り品は引っ越しでもう会えなくなるので思い出に…と、友達が寝ないで作ってくれた品だと知ります。

あなたは後悔しませんか?
最初から知っていれば捨てなかったかもしれません。

これが物語です。

ただ手作り品を貰ったではなく、もう会えない自分のために寝ずに作ってくれた品だと価値が変わります。

世の中、全てに物語があります。
お父さん、お母さん、友達、食卓に並ぶ料理、空や雲。

では、その物語を子どもが体験すると、どうなるのでしょうか?

身近な人の物語が一番リアルで感動する

身近な人の物語が一番リアルで感動する

一番簡単にファンタジーを体験することができるのは絵本です。

絵本の中には

  • 正義
  • 友情
  • 悲しみ
  • 喜び

いろんな物語が溢れています。

しかし、もっと感動するのは自分の親の物語

「お母さんの小さかった頃はね…」
「お父さんの飼っていた犬はね…」

子ども達は親が自分たちと同じような時代があったことを知るとその時代のことを想像し、共感し、感動します。

養われた想像力は成長した時に大きく役に立ちます。

壁にぶつかった時に「私なんか…」と思うのではなく、どうすれば壁を乗り越えることができるかイメージすることができるようになります。

子どもにファンタジーを体験させてあげることは、とても必要素敵なことなんです。

そして、子どものファンタジー体験意味のあることなんだと、私は思います。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」



水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

2020年はあなたにとって結婚、転職、企業、引っ越しにベストなタイミング?数秘術で読み解く2020年のあなたとは?
【無料占い】2020年の結婚運勢
さらに!2021年、2022年…と
この先あなたがたどる運命まで細密未来予言!

-子育て, 心のケア
-

関連記事

子どもの習い事は親の自己満足?娘のピアノレッスン拒否からの学び

今の子どもは、小さい頃から多くの習い事をしています。 友達と遊ぶ時間もないほど毎日何か習い事をしている子どもも、少なくありません。 「子どもには色々なことを早くから経験させて、可能性を見出してあげたい …

ADHD特徴発達障害図解サンゴスタイル35style

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の向いている仕事・就職支援

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは発達障害の一つであり、不注意・多動性・衝動性の3つの特性があります。大人になってから気づくこともありますが、多くは子供の頃から落ち着きがない、集中力がない、感情がコ …

座って食事しない我が子にイライラしない方法

うちの長男は2歳半ばまで座って落ち着いて食事することができませんでした。 何度言ってもダメ。 座ったと思ってもスグに立ってウロウロ。 注意する数だけ私のイライラが募ります。 座って上手に食べられる同年 …

ヘルプマーク発達障害自閉症

自閉症、発達障害、知的障害…見た目では分からない障害に周囲の理解や配慮を願うマークとは?

見た目は健康に見えても、外見では分かりづらい疾患や障害を抱えている人は多くいます。 私の子どもたちも慢性疾患があり、状態が悪い時は周囲の理解や助けが必要ですが、見た目からでは全くわかりません。 大声で …

子育て中のママに聞いた!イヤイヤ期の乗り越え術10選

2歳頃に突如としてやってくるイヤイヤ期。 今となれば笑顔で話ができる思い出ですが、その当時の私はイライラが爆発しそうなこともありました。 「やろう!」と言えば「やらない!」と言い、「じゃあ、やらない! …