くらしの豆知識 美容・健康

医学と12星座の関係って?

投稿日:2018-10-20 更新日:

医学12星座占い健康当たる
この世界は、「火・風・土・水」の4つの属性で成り立っているとしたこの理論は現代でも生きているのです。
皆さんにとって一番身近なのは「季節」でしょう。

「春・夏・秋・冬」が「4体液病理学説」の「火・風・土・水」にあたります。

東洋医学は、「木・火・金・土・水」の5つの属性、アーユルヴェーダは「ヴァータ・ピッタ・カッパ」の3つの属性も「4体液病理学説」でしっかりと合致する理論なのです。

また子供の教育として現代で存在する「シュタイナー教育」はこのヒポクラテスの「4体液病理学説」を教育に活かしたもので「胆汁質・多血質・憂鬱質・粘液質」で分けて子供の個性を活かした幼少教育に役立てております。

他にも、ヴィヴァルディの有名な「四季」はこの「4体液病理学説」を元にしたヒーリングミュージックであること、画家のアルチンボルドの描いた「四季」の4枚「四大元素」の4枚の絵もそれぞれ合わせると顔合わせになっており、ヒポクラテスの「4体液病理学説」によるものと考えられています。

女性で流行っているアロマ・ハーブもこの「4体液病理学説」で属性分けがされているんですよ!

そして今回紹介する12星座も「4体液病理学説」によって4つの属性に分かれています。

牡羊座(おひつじ座)・射手座(いて座)・獅子座(しし座)
天秤座(てんびん座)・双子座(ふたご座)・水瓶座(みずがめ座)
山羊座(やぎ座)・乙女座(おとめ座)・牡牛座(おうし座)
蟹座(かに座)・蠍座(さそり座)・魚座(うお座)

さらに星座には、活動性に関して3区分に分かれています。

活動宮 牡羊座(おひつじ座)・天秤座(てんびん座)・山羊座(やぎ座)・蟹座(かに座)
柔軟宮 射手座(いて座)・双子座(ふたご座)・乙女座(おとめ座)・魚座(うお座)
不動宮 獅子座(しし座)・蠍座(さそり座)・牡牛座(おうし座)・水瓶座(みずがめ座)

さらに、男性性女性性でも、下記のように星座は分かれています。

男性宮 牡羊座(おひつじ座)・双子座(ふたご座)・獅子座(しし座)・天秤座(てんびん座)・射手座(いて座)・水瓶座(みずがめ座)
女性宮 牡牛座(おうし座)・蟹座(かに座)・乙女座(おとめ座)・山羊座(やぎ座)・魚座(うお座)

これを知っているだけでも星座には性質があることがわかります。

これにホロスコープの星回りを使って占星術を行っています。

東洋医学の理論「陰陽五行説」も占い四柱推命として使われております。「木・火・金・土・水」の5つの属性と「陰・陽」の2つの属性で占いをします。
五行星座医学占い

いかがでしたか?このように、古代から占いと医学は密接な関係があるんです。

監修:宮本知明

ホリスティック薬剤師/メディカルライター
医療現場の薬の現状に疑問を感じ、自分の体と心の不調の経験から、個人を焦点に当てた医療に興味を持つ。ホリスティック医学・マインドフルネスと出会い「体・心・魂」の三位一体の健康から生き方まで発信し研究している。


水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

-くらしの豆知識, 美容・健康

関連記事

キッチンドリンカーや習慣飲酒は、どこからアルコール依存症?

キッチンドリンカーや習慣飲酒は、どこからアルコール依存症?

女性の「アルコール依存症」が年々増えているといいます。 男性よりも少ない量や期間で依存症になりやすい体質であることや、社会の変化なども理由にあります。 仕事、結婚、子育てなど生活変化のストレスにより飲 …

元不登校生が伝えたい…真剣に悩む姿は「病んでいる」なの?

元不登校生が伝えたい…真剣に悩む姿は「病んでいる」なの?

いつからでしょうか。 真剣に悩んでいる人に対して爆笑しながら「病んでいるの?」と言えるような風潮になってしまったのは。 私自身の話になり恐縮ですが、かつて不登校を経験しており、それからは、ずっと人より …

洗濯機はドラム型or縦型?水道代・電気代のおトクさを徹底比較!

洗濯機を次に買い替えるなら、あなたはドラム型と縦型どちらを選びますか? 最近は大型のドラム式洗濯機も、価格が安くなっているので、次の買い替えで縦型からドラム式に替えようかと考えている人も多いのではない …

みんなどうしてる?人には言えない体臭ケア【30秒でできるにおいチェック】

みんなどうしてる?人には言えない体臭ケア【30秒でできるにおいチェック】

私、におってない?もしかして臭い? そう思った事はありませんか? 自分の臭いには慣れてしまっているので、自分では判断できないのが体臭です。 もし周囲の人に不快な思いをさせてしまっていたらと思うと不安で …

冷え対策服装

ほおっておくと危険!?30代からの正しい冷え対策とは?

「冷えは万病のもと」よくいわれますが、女性が抱えがちな体の悩みの原因のほとんどは“冷え”にあるそうです。 頭痛も肩こりも生理痛も、うつ病までもが“冷え”からくるもの。 しかも、年齢とともに冷えやすい体 …