親もハマる!想像力が刺激される「落ち葉アート」

投稿日:2021-10-01 更新日:

秋の公園遊び方幼児子ども
私たちの周りには、子どもの想像力を刺激するおもちゃがたくさんあります。

最近のおもちゃも多様な工夫がされていて素晴らしいですよね。

ですが、無料で、しかも想像次第でいろんな遊びが出来るものを見つけました!

それは秋の公園にあります!

ただの落ち葉が素材に変わる!

公園に行くと遊具が楽しい!

もちろんそれも楽しいですが、秋だと豊富に出来る事があります。

それは、落ち葉や枯れ枝を使った「お絵描き」です。

枯れ枝は、全てが同じ形でありません。

真っすぐに近いものもあれば、少し曲がっていたり、極端に曲がっていたりするものもあります。

それをうまく組み合わせてひとつの円を描いてみたり、列車を描いてみたり、一本一本の形を見ながら、子どもと一緒に考えて行きます。

中には「こんなおもしろい形を見つけたよ!なんでこんな形になったんだろうね?」というものがあり、発見もたくさんです。

ちなみに、私の娘は「小人がずっと同じ場所に乗っていたから、そこだけ曲がったんじゃない?」と、とってもファンタジーな想像を働かせてくれました。

一緒に作る楽しさと達成感!

落ち葉アート秋の公園
私は、娘と「女の子」を作ろうと決めました。
そこから素材集めが始まります。「まずは、お顔を作ろう!枝を集めよう!」と、ふたりでいろんな場所に行き、枝を見つけます。

次に、たくさん獲った枝の中から、輪郭にふさわしい枝を選出し、並べていきます。これが結構うまく形になるんです。

次は髪の毛。

落ち葉を集めよう!と落ち葉集めに出かけます。

その中にも娘のこだわりがあり「こんな色の髪にしたいから、こんな色の落ち葉を見つけよう!」と、娘の中には完成図がはっきりとあるようでした。

落ち葉も、虫に食べられた穴があいているものや、ちぎれてしまったもの、少しだけ赤いもの、など、いろんな落ち葉があります。

素材集めが終わると、次は作品づくりが始まります!

途中、「もっとこうしたら良くなるかもしれない!」とアイデアがどんどん沸いてきます。それを二人で共有させながら、素材集めを繰り返し、1時間くらいかけてやっと完成です!

その喜びは、普段の公園では感じた事のない気持ちです。

何より、一緒に作ったという共通の体験を通しての達成感は、きっと大人になっても心に残っていることでしょう。

いつもの公園も遊び方を変えると、1時間があっという間に過ぎました。

秋の公園、そこは想像力の素材がたくさん詰まった宝の場所です。

是非、お子さんと一緒に体験してみて下さい。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

【置いても泣かない】赤ちゃんの背中スイッチはこれで切り抜けろ!

腕の中でスヤスヤ眠る赤ちゃん。 可愛くてずっと抱っこしていたい気持ちもあるけど、ママは忙しいです。 寝かすとすぐに起きてしまうので、ずっと抱っこしたままなんです…というママも少なくはありません。 少し …

<目からウロコ!>遊びながら「言葉の表現力が身につく」方法!

年齢とともに言葉をどんどん覚えてくる子ども達。 成長と共に「言葉が生活の中に欠かせないものである」と、気付いてくる子ども達も多いと思います。 が、その言葉をどうやって相手に伝えれば良いのかは難しい。 …

私が二人目の育児で「失敗した」と思うこと

息子が2歳4か月の時に娘が生まれました。 夢にまで見た2人目! 今日からは家族4人の生活が始まる。 大変なことも多いだろうが、楽しいことはきっと何倍もあるはず! そう思った2人目誕生でした。 が、私に …

多くの人が誤解している「論理的」の本当の意味

日常よく使われる「論理的」という言葉。そもそも、どんな意味なのか——。論理パズルや論理思考力に関する著作を多くもつ論理のエキスパート・小野田博一氏によれば、「実は、多くの人がその意味を正しく理解しない …

忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

「仕事と家事に時間を取られて子どもに関わる時間が少ない。」 「子どもに寂しい思いをさせてしまっている。」 子育てしながら働くママであれば、誰もが一度は思うことではないでしょうか。 家族が一番。 子ども …