子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

投稿日:

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

子育て中の方が経験する、子どもの「これ買って」攻撃。

これ、本当に困りますよね。

おもちゃ売り場、スーパー、場所をわきまえず子どもが攻撃してくる。

いつもは可愛い我が子が嵐のように泣き、岩のように動かない。

なだめても言い聞かせても、おさまりません。

ドッと疲れが出てきます。

そんな「これ買って」攻撃を受けた時は子どもの心理をうまく利用してみてください。

子どもに選択させよう!

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

5歳くらいになると正論を言えば我慢してくれたりするのですが、2歳~3歳の子どもたちは無理。

力で無理やり強制退却させるという技もありますが、その場合、子ども達はさらに声を大にして泣きます。

どこの家でもある光景なので周りの親たちは優しく見守ってくれますが、やはり後味のいいものではありません。

できることならば、子どもが納得をした上でその場を去りたいですよね。

そんな時に親も子どももスッキリする方法があります。

それは子どもに選択をさせるです。

例えば、おもちゃが欲しくて泣いている我が子に、こう聞きて選択させます。

選択A:今日おもちゃを買ったら、これから先ずっと何も買って貰えない。

選択B:今日は我慢して誕生日やクリスマスに好きなものを買ってもらう。

ほぼ100%の確率で子どもは「B」を選択します。

たまにフェイントで「A」と答える場合もありますが、その場合は「ずっとずっとずっと、おもちゃを買って貰えないんだよ?今日で最後になるんだよ?」と説明をすれば、ほぼ納得してくれます。

まぁ、かなり究極な選択ではありますが、大人が無理やり強制的に連れて帰るよりも本人が納得した上でその場を離れてくれるので、強制退去させるより何倍もいいです。

また、この究極な選択によって一旦は納得をするので、子どもは「ママは私の意見を聞いてくれる」と感じ、親への信頼向上に繋がります。

それから、子どもが納得してくれた場合は凄く喜んであげて下さい♪
子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

子どもは自分の選択でママが喜んでくれていると、嬉しい気持ちになりますしね!

子どもがグズった時ほど親子の信頼関係を強くするチャンスです。

子どもの気持ちになって声をかけてください。

きっと子どもはニコニコ笑顔になるはずです。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

【全員プレゼント】節約ママの本音レビュー!本当に貰って良かったベビーグッズ!

こんにちは!たんぽぽです。 突然ですが、子育てって思ったより出費がかさみませんか…? 最高の準備をしたい反面、 できるだけ賢くお買い物したい!というのがママの本音ですよね。 そんな時ぜひ活用したいのが …

非行の種は3歳までに植えられる!? 防止策は……

「イラっ」とした時、ついつい表情に出してしまうことってありませんか? そんな時、よく「ひと呼吸おいて笑顔にすると気持ちが落ち着く」と言われます。 …が、イライラしてる時はイライラする! マ …

上の子の特別養子縁組を経て、2人目の里親に!漫画家、古泉智浩さんインタビュー

ーいま二人目の子は生後4カ月目。最近すごく表情がはっきりしてきました。 むちむちしているし、なんだか食いしん坊になりそうで(笑) にこやかな表情で話してくださるのは、里親として養育していたお子さんを特 …

6歳までが勝負!?基本脳と新しい脳

生まれたばかりの赤ちゃんの脳は未熟ですが、睡眠・呼吸・食欲など、人間の基本となるものは、しっかりと持って生まれてきます。 これは、脳の中に、人間の基本となる部分がしっかりと備わっている証拠だと思います …

子どもの作品,捨てる

子どもの作ったものをすぐ捨ててませんか? 逆断捨離と捨てない勇気が「〇〇感」をサポート!

断捨離が流行っても、子育て世帯はすぐ物で溢れます。子どもが嫌がって捨てられず、こっそり捨てたり(笑)。 しかし、親目線ではつまらないオモチャや壊れかけた制作物でも、「大事にとっておく」という行為が、も …