子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

投稿日:

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

子育て中の方が経験する、子どもの「これ買って」攻撃。

これ、本当に困りますよね。

おもちゃ売り場、スーパー、場所をわきまえず子どもが攻撃してくる。

いつもは可愛い我が子が嵐のように泣き、岩のように動かない。

なだめても言い聞かせても、おさまりません。

ドッと疲れが出てきます。

そんな「これ買って」攻撃を受けた時は子どもの心理をうまく利用してみてください。

子どもに選択させよう!

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

5歳くらいになると正論を言えば我慢してくれたりするのですが、2歳~3歳の子どもたちは無理。

力で無理やり強制退却させるという技もありますが、その場合、子ども達はさらに声を大にして泣きます。

どこの家でもある光景なので周りの親たちは優しく見守ってくれますが、やはり後味のいいものではありません。

できることならば、子どもが納得をした上でその場を去りたいですよね。

そんな時に親も子どももスッキリする方法があります。

それは子どもに選択をさせるです。

例えば、おもちゃが欲しくて泣いている我が子に、こう聞きて選択させます。

選択A:今日おもちゃを買ったら、これから先ずっと何も買って貰えない。

選択B:今日は我慢して誕生日やクリスマスに好きなものを買ってもらう。

ほぼ100%の確率で子どもは「B」を選択します。

たまにフェイントで「A」と答える場合もありますが、その場合は「ずっとずっとずっと、おもちゃを買って貰えないんだよ?今日で最後になるんだよ?」と説明をすれば、ほぼ納得してくれます。

まぁ、かなり究極な選択ではありますが、大人が無理やり強制的に連れて帰るよりも本人が納得した上でその場を離れてくれるので、強制退去させるより何倍もいいです。

また、この究極な選択によって一旦は納得をするので、子どもは「ママは私の意見を聞いてくれる」と感じ、親への信頼向上に繋がります。

それから、子どもが納得してくれた場合は凄く喜んであげて下さい♪
子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

子どもは自分の選択でママが喜んでくれていると、嬉しい気持ちになりますしね!

子どもがグズった時ほど親子の信頼関係を強くするチャンスです。

子どもの気持ちになって声をかけてください。

きっと子どもはニコニコ笑顔になるはずです。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

「自分のもの・他人のもの」が理解できるようになる手遊び歌はコレ!

「A君が遊んでる車で僕も遊びたいな」 そう思ったB君。 A君から車のおもちゃを取ってしまう。 もちろん、A君は大泣き。 B君は返さない。 これは子どもが友達と遊んでいる時の「あるある話」。 誰もが経験 …

小学生女の子反抗期

発達障害の小5の娘の反抗期が凄すぎる!対処法はたったコレだけ!?

「この子に反抗期が来る日はあるのかな?」 長女が小さい頃、ふと考えたことがありました。当時から言葉の発達は遅めでしたが、天真爛漫な自由人だったので、「反抗期」がこないまま大人になるのではないかと本気で …

バターコーヒーダイエット

毎日0.5キロずつ痩せられる!?「バターコーヒー」ダイエットとは?

アメリカ発ダイエット、シリコンバレー式ダイエットをご存知ですか? バターコーヒー、完全無欠のコーヒーなど、2015年頃からあらゆるメディアがこぞってとりあげたので耳にしたことがある!なんて人も多いと思 …

【中学生の息子】エロ、セックス、おしり…検索履歴に卑猥なキーワードがたくさん

男の子も女の子も思春期の真っ只中の中学生や高校生になると、親の知らないところでたくさん知識や情報を得たり、経験したりしますよね。 特に性的なことにも敏感になる年頃なので、親としてはどのように対応すべき …

【2021年4月施行】いま、知っておきたい介護保険制度〈前編〉

photo by akizou/acworks ——社会全体で高齢者介護を支えるしくみとして、2000年4月にスタートした介護保険制度。社会情勢や利用状況などを反映しながら、定期的に見直しが行われてき …