しつけ 子育て

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

投稿日:2018-06-04 更新日:

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

子育て中の方が経験する、子どもの「これ買って」攻撃。

これ、本当に困りますよね。

おもちゃ売り場、スーパー、場所をわきまえず子どもが攻撃してくる。

いつもは可愛い我が子が嵐のように泣き、岩のように動かない。

なだめても言い聞かせても、おさまりません。

ドッと疲れが出てきます。

そんな「これ買って」攻撃を受けた時は子どもの心理をうまく利用してみてください。

子どもに選択させよう!

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

5歳くらいになると正論を言えば我慢してくれたりするのですが、2歳~3歳の子どもたちは無理。

力で無理やり強制退却させるという技もありますが、その場合、子ども達はさらに声を大にして泣きます。

どこの家でもある光景なので周りの親たちは優しく見守ってくれますが、やはり後味のいいものではありません。

できることならば、子どもが納得をした上でその場を去りたいですよね。

そんな時に親も子どももスッキリする方法があります。

それは子どもに選択をさせるです。

例えば、おもちゃが欲しくて泣いている我が子に、こう聞きて選択させます。

選択A

今日おもちゃを買ったら、これから先ずっと何も買って貰えない。

選択B

今日は我慢して誕生日やクリスマスに好きなものを買ってもらう。

ほぼ100%の確率で子どもは「B」を選択します。

たまにフェイントで「A」と答える場合もありますが、その場合は「ずっとずっとずっと、おもちゃを買って貰えないんだよ?今日で最後になるんだよ?」と説明をすれば、ほぼ納得してくれます。

まぁ、かなり究極な選択ではありますが、大人が無理やり強制的に連れて帰るよりも本人が納得した上でその場を離れてくれるので、強制退去させるより何倍もいいです。

また、この究極な選択によって一旦は納得をするので、子どもは「ママは私の意見を聞いてくれる」と感じ、親への信頼向上に繋がります。

それから、子どもが納得してくれた場合は凄く喜んであげて下さい♪

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

子どもは自分の選択でママが喜んでくれていると、嬉しい気持ちになりますしね!

子どもがグズった時ほど親子の信頼関係を強くするチャンスです。

子どもの気持ちになって声をかけてください。

きっと子どもはニコニコ笑顔になるはずです。


まゆみ

二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。

子育て応援「ZEROSAI」
http://zerosai.com/

-しつけ, 子育て
-

関連記事

【感動】バス車内で泣きやまない赤ちゃん。運転手の心温まるアナウンスが話題に

バスや電車の中で突然赤ちゃんが泣きだす光景は誰でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 あの手この手で何とか赤ちゃんをなだめようとしてもまったく泣きやまずに、気まずくなって結局途中下車してし …

忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

「仕事と家事に時間を取られて子どもに関わる時間が少ない。」 「子どもに寂しい思いをさせてしまっている。」 子育てしながら働くママであれば、誰もが一度は思うことではないでしょうか。 家族が一番。 子ども …

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

子育てしていると、自分が子どもの頃のことをよく思い出します。 筆者は、母から「大好きだよ」「可愛いね」などと言われたことがなく、母に褒められた記憶はほとんどありません。 優しくて一生懸命家事をする真面 …

男女の発達の違い男の子話聞いてない

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

「子どもを誉めて育てよう」という言葉があります。 私はこの言葉を鵜呑みにして長男をただ異常に誉めました。 一緒に歩いていて、急に走り出したら「凄い!早く走れるね!」 高いところに登ったら「凄い!高くま …

男女の発達の違い男の子叱り方

子どもの遊びに潜む危険…安全に体験させる方法とは?

最近は、自由に遊びたいだけ遊ぶ子どもが減ったような気がします。 公園を出ればスグ道路。昔のように自由に遊べる田んぼや空き地は減少。 子ども達を見守る地域の人との繋がりも減少。 そして遊び方も変化してい …