子どももママも楽しい♪困った時は●●選手権で切りぬける!

投稿日:2018-05-15 更新日:

子どもと一緒にいると困ることってありませんか?
例えば、掃除。

掃除をしているそばからおもちゃを出したり、部屋を汚したり。。
お母さんにとっては結構ストレスだったりしますよね。

「片づけているんだから出さないで!」と怒ることもストレスです。
子どもが 「私もお掃除するー」と言いながら拭き掃除後のまだ乾いてない場所にモップをかけ始めて、そこにモップのほこりがついたりすると、これもストレス。

でも、手伝ってくれているので怒るにも怒れず…。
そんなときは、我が家では●●選手権と名付けて、子どもと楽しみながら掃除をしています。

子どもの遊び心をくすぐる!

例えば、子どもを味方につけようと思いついた選手権が誰が一番汚してきたか選手権
単純に、雑巾を誰が一番汚すかという選手権です。

「モップをかけ終わったら雑巾を誰が一番汚してきたか選手権をするよ」と予告しておくと子どもたちは自分の雑巾を濡らしながら私のモップ掛けが終わるのを楽しみに待ってくれます。

そして「よーい!スタート」で一斉に走りだす子どもたち。

たくさん雑巾を汚してくるためには、いっぱい拭かなきゃいけないし、いっぱい汚れているところを見つけないといけない。
この選手権、楽しくて盛り上がります。

綺麗に拭けていなくて雑な部分もあるけど、ま、そこは目をつむって私が拭き拭き。
「凄いねー。こんなに汚してきたの?」
「こんな汚れ、どこにあった?」
「お掃除上手だねー!」

わざとらしいくらい大袈裟に言います。
すると、得意げになる子どもたち。

掃除以外にこんな選手権も!

誰が一番汚してきたか選手権のほかにも、
  • 誰が一番に眠るか選手権
    …子どもが眠ってくれない時
  • 誰がたくさん野菜を食べるか選手権
    …食事時

などは我が家でよく開催されます。

この選手権を開催すると、子どもたちは公共の場所でも楽しみながらマナーを守ることができます。

工夫次第で色々な選手権が出来るんです!

子どもと一緒に考えることが大切

選手権を開催する前には、勝つための秘策を子どもたちと一緒に考えます。

静かするためにはどうしたらいい?
「おしゃべりしない!」
「小さな声で話す」
「走らない」
など、子どもたちから意見が出たところで
よーい…スタート!

ママのストレスも軽減されます。
子どもと楽しみながら、ひとつの目的を達成する●●選手権。

子どもの

  • 想像力
  • 思考力
  • 思いやり
  • 自己肯定

なども磨かれます。
●●選手権、ぜひお試しあれ~!


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノ無料占い師1時間成就

-ライフスタイル
-,

関連記事

月満ち欠けアロマ

月の満ち欠けリズムに合わせたメンタルケアとアロマの選び方

毎晩見ている月は、太陽との位置関係によって姿を変え、約1ヶ月の周期で満ち欠けを行います。月の形にはそれぞれ呼び名がついていますが、その中でも満月→下弦の月→新月の3つのサイクルを活用して心身のバランス …

苦手なママも出来る!これだけで可愛いお弁当が完成!

私の記憶の中では、キャラ弁は2007年から始まり、2014年くらいからお弁当の新しいジャンルとして確立してきたように思えます。 ※あくまで個人の見解です。 幼稚園の遠足では、どの子どももキャラ弁のよう …

「お利口さん」と言われる子に潜む危険!

公共の場(例:病院など)で、静かに待っていられる子ども達を見かけると「お利口さんだな」と思います。 子どもは元気である事は当たり前で、「静かに」という事は、最も苦手な事であるように思えます。 その子に …

イライラした時は要注意!子どもをダメにしてしまう親の言葉Best3

毎日の子育ては楽しいし、元気を貰えるし、癒されますよね。 でもその思いとは裏腹に、忙しい時や疲れている時にはついイライラして子どもに当たってしまうこともあります。 そんな時につい言ってしまう「ひとこと …

流産死産体験談

つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。 日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりま …